「当願堂」のお話、知っていますか?

今、さぬき路は桜が満開です。
見事な桜につられて、いつもは通過しているへんろ道に車を停めてみました。
IMG_9252.jpg

86番札所の志度寺から87番札所の長尾寺へ向かう途中です。

訪ねてみるとここは、「当願堂(暮当・当願大明神)」

↓お堂のゆかりを読んでびっくり!
IMG_9257.jpg

「~ウェブサイト空海~」さんが詳しいのでおかりしました。➡こちらをクリック

昔むかし、志度の長行の庄に当願(とうがん)と暮当(ぼとう)という猟師の兄弟が住んでおったそうな。
兄の当願は、豊かな家の娘をめとり暮らしには困らなんだが、弟の暮当は毎日の飯にも困る貧しい暮らしをしておった。

志度寺の堂塔建立の法会があった日のこと、兄の当願は朝からお参りに行ったのじゃが、弟の暮当は妻子の食料を得るため山へ猟に行かねばならなんだ。
弟の暮当は「今頃、志度のお寺ではありがたい説教がはじまっているだろうなあ」と思いながら山の中に在り、兄の当願は「弟め、あの穴場で、獲物を独り占めにして!」といまいましく思っておったそうな。

日も暮れ始め、なんとか今日一日の獲物にありつけた暮当は、ありがたい説教の話を兄の当願にあれこれ聞こうと急いで家に帰ったそうな。
ところが、当願がまだ家に帰ってなかったもんじゃから、当願を迎えに志度寺へ出かけて行ったそうな。
志度寺でぼんやりと座っている兄の当願のそばへやってきて暮当はびっくり。
兄の当願からはなんともいえない悪臭がただよい、腰から下が蛇のしっぽになっておったそうな。

「暮当よ、今日おれはこのありがたい法会の席にありながら、山へ行ったおまえが獲物を独り占めにしておるようで、ねたましく思って、念仏ひとつ唱えなかった。その報いをうけたのじゃ。こんな体では、もう家に帰ることもできぬ。幸田の池へ連れて行ってはくれまいか。」

暮当は、泣き泣き当願を背負って幸田の池まで連れて行ったそうじゃ。

池の中へ入った当願はみるみる全身が蛇の姿となり、池の中へと消えていったそうじゃ。

それから毎日、暮当は幸田の池に兄の当願に会いにいっておったが、どんどん大きくなった当願は大蛇となり、幸田の池では手狭になって満濃池に引っ越すことにしたそうじゃ。
その時に、大蛇となった当願は、弟の暮当に苦労をかけたと、
「この玉をかめに入れて酒を造り、売りに行くがよい。少しはおまえの生活も楽になるだろう。」
自らの目をくりぬいて弟に渡したそうじゃ。

当願の教えどおり、酒を造ってみたところ、よい香りの酒ができた。
売り歩くと評判もよく、少しずつ暮当の暮らしも楽になった。
不思議なことに、この酒は酌んでも酌んでもつきることがなかったそうじゃ。

ことろが、酒蔵のことを不審に思った暮当の妻が、かめの底の玉を探し出し、村の者に話してしもうた。
その噂が領主様の耳に入り、ぜひともその玉を差し出すようにとの命令が下り、逆らうこともできず、泣く泣く差し出したそうじゃ。
玉は、領主から国司へ献上され、「もともとこの玉は双玉といって、もうひとつあるはず。もうひとつの玉も献上するように」とお達しがあったそうじゃ。

この厳命に背けば、生活が成り立たない上に命まで危なくなった暮当は満濃池の大蛇である兄の当願に、事の成り行きを話に行った。

「暮当よ。もうひとつの玉も持っていくがよい。水の底には住みなれて、目の玉がなくても不自由しない。早くもって行くがよい。」
暮当は「兄さん、本当にすまない」というと、その玉を涙で磨いて献上したそうじゃ。
国司からほうびがでたそうじゃが、それを断り、暮当はそれ以来行方知らずとなったそうな。

兄の当願はこのことを知り、大変悲しみ怒り、満濃池の堤を突き破り瀬戸内海の大槌と小槌の島の間(槌の門)まで飛んでいき、それ以来姿を見せなくなったそうな。

しかし、不思議なことにそれ以来、長行の村人が旱魃で困っている時酒を入れた大樽を槌の門に投げ込んで願うと、必ず雨が降ってくるそうな。
当願と暮当の住んでおった家の跡には、今も当願堂があり、雨乞いの堂として祀られておるということじゃ。



桜が思いがけない、悲しくも美しいお話を届けてくれました。
ここを通るたびに、兄弟の物語を思い出しそうです。

IMG_9256.jpg



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

たわわに満開ですね♪ あっぷちゃん、こんにちは。
1枚目の右上の黒い影は何?
ま、まさか車中から??(笑)

それにしても、この言い伝えは不幸過ぎるでしょ(涙)
そこまで罰当たりな事もしてないのにね^^;

こんにちは。
当願堂のゆかりは読むとちょっと悲しいですね。
でも桜が綺麗に咲いていなかったら
たぶん素通りしてしまうようなお寺で
こんなゆかりも知ることなかったでしょう(^_^;)
青空バックの桜がとっても綺麗です。

こんにちは。
17号台風って最近やん!って思ったら、H17年の台風でした。
その話、親から聞いたことがありますね。

だいたい場所は分かりますが、私も通るたびに今日のお話を思い
出しそうです。めったに通らないけど(笑)

やすろぐさま

こんばんは~

> たわわに満開ですね♪ あっぷちゃん、こんにちは。
> 1枚目の右上の黒い影は何?
> ま、まさか車中から??(笑)


やっぱりわかりますよね(^_^;)
きっちり車から降りてとりました。。。

> それにしても、この言い伝えは不幸過ぎるでしょ(涙)
> そこまで罰当たりな事もしてないのにね^^;

可哀想ですよね。
念仏唱えなさいとの教えでしょうが。。
兄弟愛の深さがしみますね。

ボスプルさま

こんばんは~

> 当願堂のゆかりは読むとちょっと悲しいですね。
> でも桜が綺麗に咲いていなかったら
> たぶん素通りしてしまうようなお寺で
> こんなゆかりも知ることなかったでしょう(^_^;)

はい、何気に寄って、何気に読んでびっくりしました。

昔の人が言い伝えの中で膨らんだのでしょうが。
伝説ができる過程にも興味がわきました。。

> 青空バックの桜がとっても綺麗です。

そうですか!ありがとうございます。満開ですよね♪

カワイさま

こんばんは~

> 17号台風って最近やん!って思ったら、H17年の台風でした。
> その話、親から聞いたことがありますね。

ずっと前大昔ですよ(笑)
東かがわの町を、保健所の広報車に乗って
「生水をのまないでください。」と拡声器で呼びかけていました。
24歳だったかな。。

> だいたい場所は分かりますが、私も通るたびに今日のお話を思い
> 出しそうです。めったに通らないけど(笑)

たぶんよく通る道です。志度から長尾に行く大きな道!
でもお堂は小さいので気がつきませんよね。
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Aug 11, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。