うから はらから

いつもの記事もひと段落。
お休みしようかなと思ったけど、ブロ友さん達が
「ブログの休日」と称して、休まずに数枚の写真をそえてアップしています(笑)
なにげない記事であっても更新してるのを見ると、「元気な便り」を頂くようで嬉しいものですね。


管理人からも「元気なお便り」
最近読んだ本の中から、心に響いたことばを折々に

阿川佐和子著 『うから  はらから』
うからはらから

「うから」は親族・同族、「はらから」は同胞・兄弟姉妹の意。
《血》ではない、人とのつながりを小気味よくえがいています。

ほどよい嫉妬は人生に、バラの棘ほどの刺激をもたらし、更なる情熱の火種となるのである


IMG_7400.jpg

最近、友人と《嫉妬》についてお話をしました。
《情熱の火種》となって欲しいと願うばかりです。


人と人との間には、それぞれに必要な距離というものが存在する。距離の定めに逆らうと、とんでもない悲劇を生むことになるのだろう


↓2014年12月 津田の海岸にて
20141211_124617.jpg
 鳥たちは、実に絶妙な距離感をもって、とまっています。
 街中の電線にとまる鳥たちも、一定の距離感を保ってとまっています。
 一緒に生きていくための《ほどよい距離感》



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

阿川佐和子さんは知的で可愛い女性ですよね
あっぷちゃん、こんにちは。

「うから はらから」って言葉は初めて知りました。
鳥獣人物戯画も楽しそう^^

>>《情熱の火種》となって欲しいと願うばかりです。
あっぷちゃん! 恋したの!?

それにしても、イイ感じの写真ですね~♪
バラのは「花のアレンジテクニック フォルムとプロポーション
フラワーアレンジメントの制作技法」の表紙かと思いましたよ^^

野鳥のは、空の色といい冬を感じさせますね~
v-391はは~ん‥ Web写真展に‥

阿川佐和子さんは 頭の回転が速くて面白いから好きです。
人と人との距離って難しいですよね。
例え親兄弟であってもそうじゃなくも・・・
ほどよい嫉妬は人生に、、、、
この ほどよいってのも難しいわぁ。
両方とも おなじですよね^^。

やすろぐさま

こんにちは
車の点検待ち中です。

> 阿川佐和子さんは知的で可愛い女性ですよね

本と、実に楽しい女性ですね。フィクションですが、主人公の女性が被って見えました。

> 「うから はらから」って言葉は初めて知りました。
> 鳥獣人物戯画も楽しそう^^

真面目に生きてても、どこかまんがチックなのが人生かも

> >>《情熱の火種》となって欲しいと願うばかりです。
> あっぷちゃん! 恋したの!?

どうしたら、そんな風に読めるんですか(^-^)v

> それにしても、イイ感じの写真ですね~♪
> バラのは「花のアレンジテクニック フォルムとプロポーション
> フラワーアレンジメントの制作技法」の表紙かと思いましたよ^^
> 野鳥のは、空の色といい冬を感じさせますね~
> v-391はは~ん‥ Web写真展に‥

今回、隠し玉がありません(泣)
あと2月ないね、参加することに意義ありで!
近所にイルミもお仕舞いしてた(--;)

なになにこ様

> 阿川佐和子さんは 頭の回転が速くて面白いから好きです。

小説は初めて読みました。おもしろかった~色々読んでみたい作家さんになりました。

> 人と人との距離って難しいですよね。
> 例え親兄弟であってもそうじゃなくも・・・

この小説は章ごとに一人称の私が変わります。
人とひとを繋ぐのは、人格だと、ひととしての魅力なのだと思いました。思いやりだったりね。

> ほどよい嫉妬は人生に、、、、
> この ほどよいってのも難しいわぁ。
> 両方とも おなじですよね^^。

嫉妬心が前向きに働くことを知ってメモりました。
ほどよいね、難しいですね。
一方で源氏物語の六條なんとかの宮の凄まじい嫉妬心もまた、魅力的ですよね(^-^)v

こんばんは。
今日はFさんが久しぶりにメガネの調整に寄ってくれましたよ。
私はブログの師匠に「読者は待っている」と言われてから
定休日は更新を止めず、写真1枚で更新するようになりました。

今晩は~
ポチからのコメ~

阿川さんの本も面白そうですね。


今は会社に女が一応 私も含めて2人

いるけど 結構面倒くさいですよ〔苦笑〕

私より5歳も若いのだから もっと自信持

てばいいのだけど.....

私宛に電話があると 超怒ってしまいま

す。 自分じゃ駄目?みたいに....

以外に気を使ってます..... 私

カワイさま

こんばんは。

> 今日はFさんが久しぶりにメガネの調整に寄ってくれましたよ。

年末、一緒に食事しましたよ~
寄るってことは、信頼されてるんですね~よかった(^^)/

> 私はブログの師匠に「読者は待っている」と言われてから
> 定休日は更新を止めず、写真1枚で更新するようになりました。

そうなんですね!
「読者は待っている」
またいいことを教えていただきました。

師匠の師匠ってどなたですか?
明日のコメで教えてくださいね!

ラブママさま

こんばんは~いつもありがとうございます♪

> 阿川さんの本も面白そうですね。

読みやすいですよ!共感できるので、スイスイ読めます♪

> 今は会社に女が一応 私も含めて2人
> いるけど 結構面倒くさいですよ〔苦笑〕
> 私より5歳も若いのだから もっと自信持
> てばいいのだけど.....
> 私宛に電話があると 超怒ってしまいま
> す。 自分じゃ駄目?みたいに....
> 以外に気を使ってます..... 私

わかるわ~
そのひがみっぽい人の気持ちもわかるしね(笑)

ラブママさんをバネにして、素直に成長してくれるとイイネ
気をつかうのも上司の仕事と割り切って、がんば!

こんばんは。
人と人との間に必要な距離感と言っても
ラブママご夫婦やカワイご夫婦は距離感ゼロで密着していますし、
私の所ややすろぐご夫婦は距離感あり過ぎて見えないぐらいですよ(>_<)
プリザーブドフラワー綺麗ですね(^^)/

ボスプルさま

こんばんは~

> 人と人との間に必要な距離感と言っても
> ラブママご夫婦やカワイご夫婦は距離感ゼロで密着していますし、

そうでしょうね(^^)/

> 私の所ややすろぐご夫婦は距離感あり過ぎて見えないぐらいですよ(>_<)

またまた~距離感マイナス? 皆仲がいいね♪

> プリザーブドフラワー綺麗ですね(^^)/

ありがとうございます♪
棘がないので、採用するのをちょっと迷いました。。
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Oct 05, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。