石の里のアーティストたち

「何(な)んが聞こえるん  庵治石のことだま。」

500IMG_6532 - コピー

お店のある牟礼町は「石の町」
400年に渡って石と向かい合ってきた町です。

牟礼町でとれる花崗岩は良質で「庵治石」と呼ばれ、構成鉱物の結晶が極めて小さく、結合が緻密なため他地域の花崗岩に比較してもより硬いのが特徴です。二百年は彫られた字が崩れたり、赤茶色に変色したり、艶が無くなったりしないといわれています。

地元牟礼・庵治のアーティストたち13組が庵治石の良さを生かし,過去から現在に至る石工用具を用い、創意工夫して制作した石彫(いしぼり)作品を高松市石の民俗資料館 芝生広場に展示しています。
台風が来る前に、見てきましたので少しだけご紹介しますね。


「石の里のアーティストたち」

出品作家
アキホ・タタ、安倍重竹、和泉良照、岩田一輝、上村 隆之、岡田昌臣、木村英二、坂本英之、神野淳平、高石覚、藤野充茂、森岡量基、山田浩之(50音順)

期 間◆平成26年10月4日(土)~11月3日(月・祝)
(休館日:月曜日-休日の場合は翌日)
時 間◆午前9時~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
場 所◆高松市石の民俗資料館  芝生広場
観覧料◆無料

◆同時開催:「和泉良照-45年のあゆみ-」展:企画展示室 一般200円 大学生150円




IMG_6505.jpg

IMG_6503.jpg



IMG_6519.jpg

IMG_6518.jpg



IMG_6497.jpg

IMG_6496.jpg

アキホ・タタさんの作品を昨年から4作品をみせていただきました。
どの作品にも
IMG_6497 - コピー (2)
の刻印があります。

↓2013年5月31日 「Art at the Temple  総本山 善通寺 the 3rd 」にて
IMG_0481.jpg

もしかして《三原色?》
自由に色彩を感じてってこと?
自分で思い描いた色でみるのも楽しいですね♪


脈々と受け継がれてきた石彫材加工技術に裏打ちされた、石の里のアーティストたちの作品
ぜひ、この機会に御覧ください。

そして、聞いてくださいね
「何(な)んが聞こえるん  庵治石のことだま。」


「石の里のアーティストたち」は11月3日までです。

(追記)Tazumichiさんのブログ「なんでも DIY Diary」に全作品のご紹介があります♪
➡こちら

IMG_6530.jpg


「ブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます

偶然に同じ日のUPになりましたね(^_^)v
茶坊たがわさんの一番印象が「母と子」は納得ですね

先日は、初茶坊たがわさんでお目にかかること叶わず残念でしたが
最近、ハマりそうな自転車でウロウロしてますので
また、美味しいランチを頂きに行きたいと思っています。

Tazumichiさま  Re: No title

おはようございます

> 偶然に同じ日のUPになりましたね(^_^)v

はい、いつUPされるか気になっていました(笑)

> 茶坊たがわさんの一番印象が「母と子」は納得ですね

「母子像」には弱いですね。
上村隆之さんの「石でそれぞれの関係性を表現した」
藤野充茂さんの、石を並べた「無題」も好きな作品でした

> 先日は、初茶坊たがわさんでお目にかかること叶わず残念でしたが
> 最近、ハマりそうな自転車でウロウロしてますので
> また、美味しいランチを頂きに行きたいと思っています。

ぜひ、姉ともどもお待ちしています。

No title

こんにちは。
「庵治石」はこちらのブログにお邪魔するまで
石には全く興味が無かったので名前すら知りませんでした。
アートのセンスが無いので作品見ても???と思うもの
ばかりでしょうけど「Fantasia」は庭に欲しいな~

No title

秋の旋律も 愛の言霊な あっぷちゃん、こんにちは。

>>もしかして《三原色?》
>>自由に色彩を感じてってこと?

深いとこまで ひも解きましたね~
K氏は何を見ても黄金色に見えてるらしいって
B氏が言いふらしていましたよ^^;

No title

こんにちは。
こういうのを並べても全く違和感ないですよね。
ただ、あそこは場所が分かりにくい!辿り着くのが
大変です。

ボスプルさま  Re: No title

こんにちは。

> 「庵治石」はこちらのブログにお邪魔するまで
> 石には全く興味が無かったので名前すら知りませんでした。

あれっそうですか?
墓石とか、有名ですよ。手塚治虫さんの墓石も庵治石です。
イサムノグチのアトリエもありますよ。

> アートのセンスが無いので作品見ても???と思うもの
> ばかりでしょうけど「Fantasia」は庭に欲しいな~

アキホ・タタさんお喜びになられると思います♪
お会いしたことありませんが。。。

我が家の庭には夫が買った大きな石のテーブルと椅子が。。。邪魔(笑)

やすろぐさま  Re: No title

> 秋の旋律も 愛の言霊な あっぷちゃん、こんにちは。

こんにちは~

> >>もしかして《三原色?》
> >>自由に色彩を感じてってこと?

> 深いとこまで ひも解きましたね~

白があって、赤・青・黄の三原色があれば、すべての色が作れます!
黒はね、赤・青・黄を混ぜるとできます。

> K氏は何を見ても黄金色に見えてるらしいって
> B氏が言いふらしていましたよ^^;

わかります(笑)
師匠はきっと黄金色でしょうね。。

カワイさま  Re: No title

こんにちは。

> こういうのを並べても全く違和感ないですよね。
> ただ、あそこは場所が分かりにくい!辿り着くのが
> 大変です。

普通に行くと通り過ぎてしまいます(笑)
屋島も見えて、ロケーションもいいですよね♪

No title

こんばんは~

ポチからのコメ~

石の町だったんですね~


私の町は 猫の町(笑)

馬場 のぼるさんが出身だからです。


猫の絵のバス可愛いですよ。 ほのぼのして。

明後日は 奥入瀬渓流行ってきます!

ラブママさま  Re: No title

こんばんは~

> ポチからのコメ~

いつもありがとうございます♪

> 石の町だったんですね~

はい、石屋さんが沢山並んでいます♪

> 私の町は 猫の町(笑)
> 馬場 のぼるさんが出身だからです。

馬場 のぼる(ばば のぼる、本名:馬場 登、1927年10月18日 - 2001年4月7日)は日本の漫画家・絵本作家。手塚治虫や福井英一とともに「児童漫画界の三羽ガラス」と呼ばれた。代表作は絵本『11ぴきのねこ』シリーズ等。

知りませんでした。

> 猫の絵のバス可愛いですよ。 ほのぼのして。

みましたよ!
すごくかわいくて、みてると笑顔になります(^^)/

> 明後日は 奥入瀬渓流行ってきます!

やっぱり行かれるんですね!
奥入瀬は、日本画家の平山郁夫が広島での被爆後に、自分を取り戻した場所です!
いいなぁ~
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Jun 22, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。