新名長文 「富士山風景写真展」

茶坊たがわ10月の写真展
 
   新名長文 「富士山風景写真展」 がはじまりました!

IMG_6376.jpg


富士山の情景と和紙による表現 17点です

ご高覧賜りますよう御案内申しあげます。


上:写真用紙 下:和紙
IMG_6380.jpg

プリントによる表現の違いを、ぜひご覧ください。



撮影地のご紹介
山中湖村観光課公式サイト「富士山ライブカメラ」からです。
(「絶景くん」のブログパーツ➡「ここ」を利用させていただいています。)



「ブログ」への応援クリック よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日は、上下比較繋がりでしたね
あっぷちゃん、おはようございます。

実際に見ないと比較は難しいですが
和紙プリントは軟らかいイメージでしょうかね?
ほんわかした仔猫画像とかにも合いそうです。。

やすろぐさま  Re: No title

おはようございます。

> 今日は、上下比較繋がりでしたね

さっき見てきました~
勉強になりました(^^)/

> 実際に見ないと比較は難しいですが
> 和紙プリントは軟らかいイメージでしょうかね?

はい、やわらかいイメージですね。
写真用紙のほうがいいかなと思う作品もあり、両方を比べるとよくわかります。

和紙作品の良さをブログでお伝えするのは難しいです(@_@)

> ほんわかした仔猫画像とかにも合いそうです。。

合いそうですね♪

No title

先日 和紙による写真展を観たばかりです。
興味があったので いろいろ伺ったんですが
完璧 どこかに吹っ飛んでいます(ヽ´ω`)トホホ・・
こんなふうに 比較されていると
素人にも わかりやすいですね^^。

No title

こんにちは。
絶景くん今日も曇り空です。
和紙作品と並べるというのはおもしろいですね。
お店でプリントしてくれるのですか?

No title

こんにちは。
同じ写真が2枚も何故?って思ったら比較だったのですね!
綺麗さからいったら写真用紙ですが和紙もいい味でていますね。
絶景くんみたいなライブカメラで今では観光地の生の様子が
自宅で観れるのがいいですね(^^)/

なになにこさま  Re: No title

こんばんは。

> 先日 和紙による写真展を観たばかりです。
> 興味があったので いろいろ伺ったんですが
> 完璧 どこかに吹っ飛んでいます(ヽ´ω`)トホホ・・
> こんなふうに 比較されていると
> 素人にも わかりやすいですね^^。

和紙って呼吸してる感じがして面白いですね。

比べることで、和紙の良さ、写真用紙の良さ、わかるような気がしました。

写真の発色って難しい
カメラでみる色、PCで見る色、プリントした色、全部違います。。

カワイさま  Re: No title

こんばんは。

> 絶景くん今日も曇り空です。

ですよね。ライブカメラなので、またみてくださいね。
今月はこのブログパーツを何回も使いますよ(笑)

> 和紙作品と並べるというのはおもしろいですね。
> お店でプリントしてくれるのですか?

プリントは普通カメラ店ですが、新名さんはどうされたのか、ご自分でプリントされたかもしれません。
先日はすれ違いでしたから、また聞いてみますね。
和紙って、高価なんですよ(@_@)

師匠のプリンターはA3もできるの?

ボスプルさま  Re: No title

すっかり売れっ子コメンテーターのボスプルさん こんばんは~

> 同じ写真が2枚も何故?って思ったら比較だったのですね!
> 綺麗さからいったら写真用紙ですが和紙もいい味でていますね。

そうなんですよ。作品によって印象が違うので、どれを選ぶかは作家さんの感性です。
私達の場合は野生の感ですね(笑)

> 絶景くんみたいなライブカメラで今では観光地の生の様子が
> 自宅で観れるのがいいですね(^^)/

ブログパーツが公開されているので、びっくりしました。
面白いね~
夜、PCみるので、いつも真っ暗だわ(^_^;)

No title

今晩は~

ポチからのコメ~


プリントは鮮明だけど 和紙は 描いた様な味がありますね!

私も写真うまくなりたいな~


これでも 超ピンボケ 皆さんのお陰でなくなりましたが


まだまだまだまだです。


他の事は 以外に結構器用にやるんですがね。



メニュー は 確かに 撮影怒られないか


こそこそ 急いで撮ってました。

茶たがわさんに よまれてる(笑)

ラブママさま  Re: No title

こんばんは~

> ポチからのコメ~

いつもありがとうございます♪

> プリントは鮮明だけど 和紙は 描いた様な味がありますね!

魅力的だし、面白い素材ですね♪

> 私も写真うまくなりたいな~
> これでも 超ピンボケ 皆さんのお陰でなくなりましたが

ですか(笑)

> まだまだまだまだです。
> 他の事は 以外に結構器用にやるんですがね。
> メニュー は 確かに 撮影怒られないか
> こそこそ 急いで撮ってました。
> 茶たがわさんに よまれてる(笑)

やっぱり、撮影禁止のお店もありますしね。
気をつかっちゃいますね。宣伝してるんですけどね♪

最近、お料理の写真はピント外してないですよね~
進歩してる~

P.S.雨がきつくなりました。台風が近づいています

6日記事へ‥

「森林」を題材にした写真展かと思ったら
倶楽部名が「フォレスタ」さんなんですね
あっぶちゃん、こんにちは。

どの作品も四国の風景なのですか?

やすろぐさま  Re: 6日記事へ‥

こんばんは。
今日はいいお休みでしたか♪

> 「森林」を題材にした写真展かと思ったら
> 倶楽部名が「フォレスタ」さんなんですね

「フォレスタ」って、森林だったんですね

「イタリア語などで「森林」を意味する語。英語のforestに相当する。」
知りませんでした(^_^;)

> どの作品も四国の風景なのですか?

お店に置いてくださいとお願いされたフライヤーをそのままアップしているだけなので、よくわかりません。
それでコメント欄を閉じてるのですよ(笑)

沈下橋はどちらのでしょうか?
潜水教西四国支部長さん、教えて~

No title

お呼びですか! こんばんは。。
  ∧_∧
 (*´∀`)
  ( O┬O
≡◎-ヽJ┴◎ キコキコ

この沈下橋は、独特の青い円柱の橋脚と
向こうに見える山の形から推測すると‥

川辺のコテージ側から撮影された「佐田沈下橋」ですよ。。
http://yasulog116.blog51.fc2.com/blog-entry-1171.html

潜水教西四国支部長さま  Re: No title

潜水教西四国支部長さま

お呼び立てしてすみません(笑)
こんばんは。

> この沈下橋は、独特の青い円柱の橋脚と
> 向こうに見える山の形から推測すると‥

> 川辺のコテージ側から撮影された「佐田沈下橋」ですよ。。
> http://yasulog116.blog51.fc2.com/blog-entry-1171.html

昨年行った時の写真とも比べてみました。写ってる山の形が同じでしたね~
すごい
すごい
すごい
v-424

6日記事へ‥

こんばんは。
コメ返見に来たらコメしてなかった・・アブナイアブナイ
右上の写真はどう見ても日本の風景には見えませんが
これが日本だったらぜひ行ってみたいです。
沈下橋の写真は素敵~
あら?やっぱり潜水教西四国支部長さんが訪問されてたのですね!(笑)

ボスプルさま  Re: 6日記事へ‥

こんばんは。

> コメ返見に来たらコメしてなかった・・アブナイアブナイ

コメ欄、閉まってましたでしょ(^_^;)

> 右上の写真はどう見ても日本の風景には見えませんが
> これが日本だったらぜひ行ってみたいです。

雪の高い山が外国のような感じですよね

> 沈下橋の写真は素敵~
> あら?やっぱり潜水教西四国支部長さんが訪問されてたのですね!(笑)

はい、さすがですね。すぐに佐田沈下橋と教えてくださいました。
私は佐田沈下橋しか行ってないのに、解らなかったです。
まだまだですね~
 
     -潜水教高松支部会員- 
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Jun 22, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。