同窓生は向田邦子さん♪


転勤族であった父を持つ向田邦子さんは高松で暮らしていたことがありました。

向田邦子さんの書く世界 「阿修羅のごとく(昭和54)」

阿修羅は正義ではあるが、戦いを挑むうちに赦す心を失ってしまった。つまり、たとえ正義であっても、それに固執し続けると善心を見失い妄執の悪となる。(wikiから)


不器用なまでに、一生懸命生きることは、「阿修羅のごとく」なのかもしれません

作家・山口 瞳さんは、随筆の中で向田邦子さんを純白の木槿の花にたとえています。

どうにも暑くてやりきれない8月のある日、私はふと庭に咲く木槿の花に目を奪われた…悪戯っぽい少女と快活な少年と人生の達人である中年女性とが同居していた向田邦子を、純白の木槿の花に託して懐旧した



他の花がしぼんでしまう時期、強烈な日照りに向かい咲く花の力強さと気品の高さが向田さんの姿と重なるのでしょうか。
IMG_5925.jpg

昭和3年生まれの母と、昭和4年生まれの向田邦子さん、二人は同じ四番町小学校に通い。
高等学校もすぐ近くでした。
どこかで会ったことがあるやもしれません(笑)
IMG_5830.jpg

木槿が咲くのはほんの数日、それでも凛として咲く、強い意志を感じます。
どんな時でも木槿の花のようでありたいと。そう思いました



「ブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>どこかで会ったことがあるやもしれません(笑)
おぉ~ 会ってないパーセントの方が少ないですね
茶坊たがわさん、こんにちは。

それにしても、木槿。
ムクゲって読めませぇ~ん。。

バックが青空のも清々しいですが
白いバックのも面白いですね!
滴がついているようですが
別の日に撮ったのですか?

No title

おはようございます。
白バックのむくげ、いいですね。
ふっくらとした女性を感じさせる花びらです。

No title

こんにちは。
阿修羅は正義ではあるが・・・
読み返しましたが難しくて?でした(^_^;)
「赦」が読めなかった・・・
「懐旧」も無理かな(笑)
ボスは国語の時間寝てたな! by BK茶
木槿の花ってこんなに綺麗なのに数日しか見れないのですね。

やすろぐさま   Re: No title

こんにちは~

> >>どこかで会ったことがあるやもしれません(笑)
> おぉ~ 会ってないパーセントの方が少ないですね

家も近所なので、どっかでお会いしてますよね♪
母と小学校が同じだったので、びっくりしました(笑)

> それにしても、木槿。
> ムクゲって読めませぇ~ん。。

やすろぐさんまでボスみたいに(^_^;)

> バックが青空のも清々しいですが
> 白いバックのも面白いですね!
> 滴がついているようですが
> 別の日に撮ったのですか?

はい、別の日です。雨上がりの日と青空の日です。3日分くらいあります。お向かいの家なので♪

魔女メグさま   Re: No title

こんにちは~

> 白バックのむくげ、いいですね。
> ふっくらとした女性を感じさせる花びらです。

可憐でいて、強い!
私達のようでしょうか(笑)

メグさんにコメントいただいたら、描かなきゃと思ってしまいました♪

ボスプルさま   Re: No title

こんにちは~

> 阿修羅は正義ではあるが・・・
> 読み返しましたが難しくて?でした(^_^;)
> 「赦」が読めなかった・・・

「ゆるす」です。
そう読むと意味つうじますよね!

> 「懐旧」も無理かな(笑)

「かいきゅう」なつかしく思うことです。

> ボスは国語の時間寝てたな! by BK茶

作文(記事)は上手なのにね(@_@)

> 木槿の花ってこんなに綺麗なのに数日しか見れないのですね。

はい1日花とも呼ばれますが、数日はみれます。
我が家にも2本ありましたが、害虫にやられ枯らしてしまいました。すごく大きくなります。
この木はお向かいのお宅です。

No title

こんにちは。
向田邦子さんといえば学校の教科書に作品が出るような偉人ですもんね。
同級生とはすごい!
高松に所縁のある方とは知りませんでした。

カワイさま  Re: No title

こんにちは。

> 向田邦子さんといえば学校の教科書に作品が出るような偉人ですもんね。
> 同級生とはすごい!

同級でなく、同じ小学校 同窓生です。
師匠の写真も教科書に載りますね(^^)/

> 高松に所縁のある方とは知りませんでした。

高校は私の先輩になりますよ♪
1年の1学期だけで、また引っ越されました。
お宅は玉藻城の近くだそうです。

師匠の叔母様も同じ高校ですよね。

認知度が低いことに嘆く

秋のまちあるきのシーズン。
私は2009年の初回から一昨年まで4年連続で
向田 邦子のコースに参加しました。昨年もありま
したが、休みが合わずで参加はなりませんでした。
今年も9月末より始まりますが、実は向田 邦子の
足跡をたどるコースがありません。
ガイド(世話人)とも話をした中で、ファンが来て
しまったことに一因があります。
残念ですし、あと気になったのは最近のテレビの
紀行番組で父親の勤務先であった鹿児島が力を
入れていること。向田といえば鹿児島という感じ
です。
高松は認知度が低いのではないのか。
今後、高松で何かあれば、力になりたいと思って
います。先ずは若い子、特に四番丁小学校と
高松高校の卒業生にアピールしないと。

No title

今晩は~

ポチからのコメ~


この 「むくげ?」 弁のとこが ピーナッツみたいな

実があるやつかな?

小さいとき 食べたよ!


八甲田の紅葉は 毎年10月10日頃前後が綺麗らしいです。



10月11日 通院日なので ひとりで行く許可が 昭和からでました(笑)


我が家は 息子たちの帰省なども 昭和の許可がいるので。

かさいさま  Re: 認知度が低いことに嘆く

こんばんは。

> 秋のまちあるきのシーズン。
> 私は2009年の初回から一昨年まで4年連続で
> 向田 邦子のコースに参加しました。

そんなのがあったんですね。

> 残念ですし、あと気になったのは最近のテレビの
> 紀行番組で父親の勤務先であった鹿児島が力を
> 入れていること。向田といえば鹿児島という感じ
> です。

向田邦子さんの著書は一時期沢山読みました。
そこで高松に住まれていたことを知りました。
本当に全国を転勤されてて、どこというのも難しいですね。

高松高校の卒業生、わたしの友人達は皆知っていますけど(笑)
在籍したのは1学期だけでしたからね。
それでも先輩と思うのは誇らしいです♪
若い人に向田作品はどう映るんでしょうね。。

ラブママさま   Re: No title

こんばんは~

> ポチからのコメ~

いつもありがとうございます♪

> この 「むくげ?」 弁のとこが ピーナッツみたいな
> 実があるやつかな?
> 小さいとき 食べたよ!

調べると食べることもあるんですね。

> 八甲田の紅葉は 毎年10月10日頃前後が綺麗らしいです。
> 10月11日 通院日なので ひとりで行く許可が 昭和からでました(笑)
> 我が家は 息子たちの帰省なども 昭和の許可がいるので。

ひとりで山なんて大丈夫ですか?
危なくない所でとってくださいね。
八甲田の紅葉は来年もあるので、無理しないでくださいね。
私は山の仕事帰りに大窪寺によります。11月かな。。

こんばんは

山口瞳。。。。。

日本にも紅衛兵的なひとがいっぱいいた時代、
飲み屋で、彼の小説「人殺し」の愛読者だと言っただけで、
寄ってたかって嘲笑されたことがあります。

「悪戯っぽい少女と快活な少年と」
こういう表現にはクラクラします。(笑)

火蛾さま   Re: こんばんは

こんばんは。

> 山口瞳。。。。。
> 日本にも紅衛兵的なひとがいっぱいいた時代、
> 飲み屋で、彼の小説「人殺し」の愛読者だと言っただけで、
> 寄ってたかって嘲笑されたことがあります。

ごめんなさい。山口瞳さん読んだことないのです(^_^;)
読んでみますね。
先日教えていただいた「百年の孤独」は読了しました。

ちょっと違うかもしれませんが、みんなが「紅衛兵」にかぶれてた時代、
「人民服、みんなと同じ服なんていやだ。カラフルで自由がいい」と言ってました。
当時は浮いた娘でしたね(笑)

> 「悪戯っぽい少女と快活な少年と」
> こういう表現にはクラクラします。(笑)

向田邦子さん、素敵な女性ですよね。あの事故がなかったらどんな作品を書かれたでしょう
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Oct 05, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。