月に吠える

カフェ・セゾン(こちらをクリック)での5月の作品展は、出品者の都合で取りやめになり、
【自由出品展】となりました。
オーナーより伝言「5・6月はギャラリーを開放しますので、ご自由に持ち込んで展示してください!」

〖開催中の写真展など〗*詳しくはイベント名をクリックしてご覧下さい*かがわ県外
◆5/1(木)~6/2(月)茶坊たがわ「さすらい6人衆 写真展」
◆3/16(日)~5/15(木)「水嶋康宣 Flower Sketch Exhibition」愛媛県今治市
〖もうすぐ開催〗
◆5/13(火)~5/18(日)「柏原宏写真展-さぬき市の風景写真PartⅡ」
◆5/19(月)~5/25(日)「スケッチブック展 in Kawasaki Ⅱ」神奈川県川崎市
◆5/21(水)~6/1(日)<剣山・私の一枚>写真展板野町
◆6/3(火)~6/30(月)茶坊たがわ「松本省吾 風景写真展」 ←詳しくは後ほど
◆6/24(火)~6/29(日)「氏家圭三写真展」善通寺美術館


5月の記事を書く時、
「5月 詩」で検索すると、
「萩原朔太郎」がでてきました。

で、管理人の宝物!
友人が贈ってくれた、萩原朔太郎詩集「月に吠える」の復刻版です。
IMG_4417.jpg

装丁と挿絵は田中恭吉です。大正4年10月23日に病没。 後を恩地孝四郎が継ぎ、 朔太郎は 『月に吠える』 を 「三人の芸術的共同事業」 と考えたそうです。

IMG_4422.jpg

田中恭吉・・・明治25年和歌山市生まれ。。オーソドックスな絵画を学び始めるが旧態然とした雰囲気に嫌気がさし、竹久夢二、恩地幸四郎らと交流。雑誌「少年界」「少女界」などに挿絵を描いた。肺結核を患い、萩原朔太郎の『月に吠える』の挿絵を描いている途中で死去した。同詩集には、赤い薬包紙に描かれたペン画なども収められている。享年23歳
 ※馬込文学マラソンのHPより引用


↓赤い薬包紙なんでしょうか
IMG_4420.jpg


 とある寂しい木蔭に椅子をみつけるのが好きだ、
 ぼんやりした心で空を見てゐるのが好きだ、


 ※青空文庫 萩原朔太郎詩集「月に吠える]さびしい人格


5月の空のキャンバスにどんな絵(夢)を描くかは自分次第なんですよね
《意志》なんですよね


IMG_4365.jpg


「ブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
美しい装丁ですね、いいわ。

室井犀星(とっても貧乏^^)の書いた、<我が愛する詩人の伝記>にね、萩原朔太郎も出てくるの。読みましたが、なかなかなです。犀星には、高村幸太郎など、その崇高さゆえに憎らしいらしい^^。
同じ時代を生きたのね、萩原朔太郎、北原白秋、高村光太郎、津村信夫、山村暮鳥、北原白秋、高村光太郎、釈迢空(折口信夫)、島崎藤村、堀辰雄、立原道造、などなどなのですね。

Re: No title

魔女メグさ~ん★  おはようございます。

> 美しい装丁ですね、いいわ。

美しいでしょ。
もう著作権がきれてるようなので、挿絵にピントをあわせ作品をみていただければと思いました。
挿絵をみてると、「痛」くなるような作品です。
真摯さが伝わります。

> 室生犀星(とっても貧乏^^)の書いた、<我が愛する詩人の伝記>にね、萩原朔太郎も出てくるの。読みましたが、なかなかなです。犀星には、高村幸太郎など、その崇高さゆえに憎らしいらしい^^。
> 同じ時代を生きたのね、萩原朔太郎、北原白秋、高村光太郎、津村信夫、山村暮鳥、北原白秋、高村光太郎、釈迢空(折口信夫)、島崎藤村、堀辰雄、立原道造、などなどなのですね。

室生犀星は朔太郎の終生の友ですよね。
「月に吠える」の序が、「従兄 萩原栄次氏に捧ぐ」なのですが、引用しますね。

「私は君をよく知つてゐる。さうして室生君を。さうして君達の詩とその詩の生ひたちとをよく知つてゐる。『朱欒』のむかしから親しく君達は私に君達の心を開いて呉れた。いい意味に於て其後もわれわれの心の交流は常住新鮮であつた。恐らく今後に於ても。それは廻り澄む三つの独楽が今や将に相触れむとする刹那の静謐である」

メグさん達との心の交流もまた常住新鮮です。恐らく今後に於ても

No title

こんにちは。
石原裕次郎の太陽にほえろではなく
師匠の犬にほえられるでもなく
月に吠えるなんですね!
寂しい木蔭に椅子をみつけるのは好きじゃありませんが
ぼんやりした心で空を見るのは好きですよ(^^)/
カフェ・セゾンさんにまずは師匠の作品どうでしょう?

Re: No title

ボスプルさ~ん★ こんにちは。

> 石原裕次郎の太陽にほえろではなく
> 師匠の犬にほえられるでもなく
> 月に吠えるなんですね!

さすが、つっこみが上手いですねv-424

> 寂しい木蔭に椅子をみつけるのは好きじゃありませんが
> ぼんやりした心で空を見るのは好きですよ(^^)/

娘も小学校の6年の卒業文集の好きなことに
 空をみること
と書いてました。
本気で空を飛びたいらしく、
ロサンゼルスでは、飛行機の操縦管にぎりました(笑)

> カフェ・セゾンさんにまずは師匠の作品どうでしょう?

いいですね♪
カワイブルー、素敵ですよね

No title

こんにちは。
ただの本なのに何だかオシャレですね~(ただのじゃないかもしれませんが)

案山子は井筒屋敷ではなかったですね。近くにおかれているやつでした。

No title

享年23歳なんて、なんだか切ないですね
茶坊たがわさん、こんにちは。
今回記事は抒情詩的で難しかったですよぉ。

それに、写真の幹は 己と葛藤する人生のうねりを表現しているか如く‥
え~と‥ 文章の辻褄、合ってます? (汗)

Re: No title

カワイさ~ん★ こんばんは~

> ただの本なのに何だかオシャレですね~(ただのじゃないかもしれませんが)

挿絵も斬新でしょ
今ならネットですぐに買えますが、いただいた当時は高松では手に入りませんでした。
東京で見つけてくれました。

> 案山子は井筒屋敷ではなかったですね。近くにおかれているやつでした。

どっかで見たと思うのですが、師匠がアップしてましたっけ?

Re: No title

やすろぐさ~ん★ こんばんは~

> 享年23歳なんて、なんだか切ないですね

当時は結核は死の病だったんですね。
作品も研ぎ澄まされたものなのですが、もっと生きておられたらどんな作品を描かれたかと思います。

> 今回記事は抒情詩的で難しかったですよぉ。
> それに、写真の幹は 己と葛藤する人生のうねりを表現しているか如く‥
> え~と‥ 文章の辻褄、合ってます? (汗)

あってますよ。ポエムやすろぐさん(笑)
美しいコメントありがとうございます。

No title

今晩は~

ポチからのコメ~

結核 昔は亡くなってたけど 最近は 周りには たまにいますね。

女なら 美人薄命


男なら 才能がある人が薄命なイメージありますね。 昔は。

私は竹久夢二しか知らなかった 博学でした(笑)

Re: No title

ラブママさ~ん★ こんばんは~

> ポチからのコメ~

いつもありがとうございます。

> 結核 昔は亡くなってたけど 最近は 周りには たまにいますね。
> 女なら 美人薄命
> 男なら 才能がある人が薄命なイメージありますね。 昔は。

そうなんですよね。
新選組1番隊隊長 沖田総司さまも労咳(今の結核)でした(泣)

> 私は竹久夢二しか知らなかった 博学でした(笑)

竹久夢二知ってれば博学です!

No title

ごめんなさい~

薄学 の 間違えでした(笑)

Re: No title

ラブママさん2

> ごめんなさい~
> 薄学 の 間違えでした(笑)

そっちですか(笑)
私も作品見るとき、作者を見ないので、作家の名前はおぼえません
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Sep 08, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。