司馬遼太郎全集第6巻「燃えよ剣」 読了

「茶坊たがわ」のお盆休みは、14日(水曜)~16日(金曜)です。
ブログもお休みしますよろしくお願いいたします。


〖開催中〗

◆8/6~8/11 「写友会・彩第1回写真展 」(詳細はこちら
◆8/4~8/23 「第7回パルコ彩」(詳細はこちら
◆8/1~8/31 「飯間裕司・由香里 夫婦展」(詳細はこちら
◆7/30~8/25 「松下博行写真展 第2回和紙による表現」(詳細はこちら
◆7/22~9/1 「高松カメラクラブ写真展」(詳細はこちら


司馬遼太郎全集 全68巻読破チャレンジ中
第6巻「燃えよ剣」は歴史の波動にもまれ滅んでいった新選組 土方歳三を書いた物語です。
20130804_112100.jpg

前巻は新選組に命を狙われつづけた坂本龍馬を描いた「竜馬がゆく」。
全く立場を異にする二人。
何が正しく、何が間違っていたではなく、歴史の中の人間が書かれていました。


新選組土方歳三の菩提寺高幡山金剛寺には、近藤勇・土方歳三両雄の碑があります。明治21に完成したその碑の篆額(てんがく 石碑などの上部に篆字で彫った題字。)は旧京都守護職会津藩主 松平容保が書いたそうです。

新選組が活躍し、尊王攘夷派を厳しく弾圧すればするだけ、京都における会津藩の評判は落ちていったと言われていますが、徳川家のため愚直なまでに戦いつづけた新選組の《誠》を容保が理解していたからなんでしょうね。
会津もまた《誠》の人であったから。

文久3年(1863年)2月27日、200名余りの浪士たちは将軍上洛に先がけ、将軍警護の名目で「浪士組」として一団を結成。新選組へと変遷していく。
IMG_0342 - コピー IMG_0344.jpg

あとがきに「体制護持のテロリズム集団と化していくプロセスは、個人の思考を越えたところにはたらく歴史の非情性を思わせる。」とあります。

68年前の午前11時2分、長崎に原子爆弾が投下されました。広島の3日後です。
非情と思える歴史だからこそ、しっかりと過去と未来をみなければ


「ブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 写真ブログ 写真イベント・写真展へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

これを知っていれば…

昔、テレビドラマでしていたそうですね。
栗塚旭さんが土方で。この方ははまり役ですね。

因みに、自分が幼稚園の時のことですので驚かずに。

Re: これを知っていれば…

かさい様

> 昔、テレビドラマでしていたそうですね。
> 栗塚旭さんが土方で。この方ははまり役ですね。

ありがとうございます。
すごく嬉しいです。栗塚旭さんの「燃えよ剣」「新選組血風録」の話がでるなんて!

そのテレビで島田順二さんが演じる沖田総司に恋してましたから?

高校生の頃です。
かさいさんは幼稚園ですか、よく覚えてましたね(*^-^*)
えらい!

はぐれ刑事のか

沖田がはぐれ刑事に出ていた島田さんですか。
実は東映の斬られ役で有名な役者さんが数年前に
上梓した自著の中で、栗塚さんと島田さんの当時の
ツーショットで出ていたんですよ。
島田さんは藤田さんに嫌味っぽいセリフだったけど、
当時の演技を見てみたいなぁ。

Re: はぐれ刑事のか

はぐれ刑事をみて、島田順司さんが演技派だったのだと知りました(笑)
あんまりテレビに出てなかったので、仕事があることにホットしたりもしていました。

> 当時の演技を見てみたいなぁ。

島田さんにとって、このドラマが本格デビューだったようです。

司馬遼太郎が描いた、沖田総司
剣の腕は近藤勇や土方歳三よりも上。一番隊隊長です。
腕がたって、子供のようで、澄んだ笑顔で皆が恐れる土方との会話がいいんです。
人を斬ってきたけれど、戦いが終われば、敵であろうと看病するような青年として描いています。

いろんな人が沖田総司を演じていますが、島田さんが一番だと書いてるブロガーさんもいます。

島田順司さんが、演技者としてみた沖田像を語っています。
「彼の持っている矛盾に魅かれる・・それは分からないことじゃないけども、沖田が、どうして矛盾を持って生きなければならなかったか、それを考えてほしいんだ、人間本来のやさしさ、しあわせ、そういうものを追求したがる青春ってものの姿の裏側に、一体何のために人斬りというもう一つの姿をおしついけなければならなかったか。ね。それが戦いってものなんだよ。」

また再放送があるといいですね。
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Oct 05, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。