「-風と光の戯れ- 浪越英司写真展」 に行ってきました♪



「これは川面に映った虚像に 実像とは別の存在感を与えようとした試みです
                         浪越英司」



◆4/16(土)~5/8(日)「浪越英司写真展 -風と光の戯れ-」 
会場:福岡町 ギャラリー・セトラ高松
に行ってきました♪

↓クリックすると大きくなります(3枚作ったDMとは別の超レアなDM)
IMG_20160506_0001.jpg

↓在廊された浪越さんからお話しを伺いながら鑑賞(^^♪
2 201605050000021603292


↓相引川(あいびきがわ)は、屋島の南側を東西に流れ、両端でともに瀬戸内海に繋がっている川です。
 綺麗な川とは言い難い、いわゆる《どぶかわ》です。
 ここをテーマに「存在」そのものを問いかける意欲的な作品展です。
2 201605050000021303292


↓見る方もじっくりと
2 201605050000021203292


↓「風と光の戯れ」作品群
2 201605050000021403292


一番のお気に入りはと聞かれて
↓「暮れなずむ」をセレクト
201605050000021803292.jpg



今回の作品展では地球の誕生から生命の誕生、そして現在をテーマにした組み写真の4作品(←面白かった~)
四季の「陽」をテーマにした4作品もあります。

↓それに無料のドリンクサービスも。セルフで飲み放題です(^^)/
2 201605050000021703292


「浪越英司写真展 -風と光の戯れ-」は5月8日(日曜)まで。 
会場の地図は➡★

さいごに、ふたたび浪越さんからのメッセージを
「空想の中で、この虚像が伝えようとしているものを 楽しんでいただければと思います」


ぜひ、ごらんくださいませ 




にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは写真展のあとに寄った、県立ミュージアムの「ピカソ展」から
油彩・版画・ブロンズ・陶器などのピカソ作品だけでなく
マン・レイやドアーノなど著名な写真家による肖像写真も45点が展示されています
ピカソ自身も写真を撮っていたそうです


【閉店までのカウントダウン 52日】

拍手コメントありがとうございます。
Yさん:復帰おめでとう(^^)/
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Apr 01, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。