しまなみ海道から -笠岡の菜の花- へ

先日、しまなみ海道を通って、岡山県の笠岡ベイファームの菜の花を見てきました♪

昨年の秋に書いた記事「紅葉を求めて「みかど温泉」へ」➡こちらの道の駅で、応募したバス旅行に当選したのです(^^)/

↓お土産のお菓子の包みに描いてあった地図
20160323_205810.jpg



当日は雨模様で車窓からの撮影もままなりません。゚(゚´Д`゚)゚。
(この橋はどこだったでしょう(^_^;)  主塔の形から、たぶん多々羅大橋)
20160318_111644324.jpg

↓「ひょこりひょうたん島➡こちら」のモデルとなった島だとか(^^♪
20160318_111750324.jpg

↓「平山郁夫美術館➡こちら」を通過(平山郁夫さんは生口島生まれ、いつか見たいなー!)
20160318_124841324.jpg

皆様には、「しまなみ海道の橋の紹介」➡こちらをどうぞ♪



岡山にわたり「笠岡ベイファームの菜の花」
雨なので、ツアーの方は4人しか見に行きません。ほかの方はお土産売り場に直行(@_@)

でもね、雨の日の花って綺麗なんですよね~
IMG_110920160323.jpg

IMG_111620160320.jpg




菜の花の花言葉は、
「快活な愛」「競争」「小さな幸せ」「快活」「活発」「元気いっぱい」「豊かさ、財産」。

元気な言葉が並ぶなか、「競争」ってなにかなーと思ったら、

これは沢山の菜の花が青い空に向かって、競争をするかのように咲き誇っている姿からきているそうです。
共に志を高く、共に前を向いて、共に学び、共に励む。
そんな仲間との日々を、いくつになっても大切にしていきたいものです。大切な仲間と共に、また新たなステップを共に歩んでいけるといいですね。

(引用:「花咲マニアとアロマ」さんから)


IMG_110620160321.jpg

来月は新しい出発の月ですね、
「共に志を高く、共に前を向いて、共に学び、共に励む」

元気をもらいました~





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ

今日のバナーはツアー集合場所の「高松駅前」からです

今月は、あるブロガーさんから汚い言葉で中傷されました。
その方を1月に閲覧禁止にする登録をしましたが、すべてのIPアドレスをチェックすることは難しく、2月も訪問履歴がありました。
汚い言葉はいつものことなので、気になりません。
でも訪問の足跡(IPアドレスから)をのこしながら「ブログみてない」との「嘘」にも呆れました。
今日、このことを書いたのは新しい年度に向かって、気持ちを切り替え
共に志を高く、共に前を向いて、共に学び、共に励みたいからです。

そのブロガーさんも、この記事を読むでしょう。
しかし、もう中傷記事は書けないはずです。
なぜなら、書くことは「ブログみてない」という嘘を自らの手で暴くことになるからです。
できれば素直に反省して、これからは美しい言葉を使い、美しい生き方をしてほしいです。

お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Feb 01, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
「第五回  姫路城 現代美術ビエンナーレ2016展」のご案内 Jun 19, 2016
「稲毛清和写真展-瀬戸の夕景とインドネシア皆既日食」と「KENの会 写真展」へ Jun 18, 2016
「第6回 写団 瀬戸 写真展」のご案内 Jun 17, 2016
日替わりランチ 「キャベツたっぷりロールカツ」 Jun 16, 2016
DMでたどる、「茶坊たがわ写真展」7年間の軌跡 Jun 15, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。