「黄金色の朝」 撮影者:松本省五(作品紹介1-2 ) 

◆1/5(火)~1/31(日)「新春 風景写真5人展」から 作品紹介1-2

   
↓「黄金色の朝」  撮影地:岡山県蒜山高原  撮影者:松本省五→(ブログはこちら)
黄金色の朝



撮影地のご紹介:
蒜山高原
標高500mから600m程度の高原地帯であり、西日本を代表するリゾート地の一つである(関西(中国)地区の軽井沢とも呼ばれる)。また、日本最大のジャージー牛の牧場なども存在する。週末やシーズンには京阪神・中国地方・四国地方方面からの観光客で大変賑わう。一帯は1936年2月1日に大山国立公園(現在の大山隠岐国立公園)に指定されている。  (ウィキペディアから)

   

できましたら、ぜひ直に高覧いただきたく ご案内申し上げます。




「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわ! 素敵な作品ですね
あっぷちゃん、おはようございます。

墨絵の様にも感じて、光芒までイイ感じ♪

やすろぐさま

こんにちは~

> うわ! 素敵な作品ですね

でしょ♪

> 墨絵の様にも感じて、光芒までイイ感じ♪

はい、墨絵みたいで繊細な画風なので、お願いしてデーターでいただきました(^^)/
お伝えできて良かったです。

No title

蒜山高原 は馴染みのあるところですが
え!こんな所だっけ? くらい素敵ですね。

↓自作のコロッケを何年も食べてないので
どうしても↓ 目が行く~~~~!
罪なお方よのぉ~(笑)

No title

こんにちは。
きのうのですが、本文を読むと、木曜もやってるように勘違いされないかと…

蒜山は大好きですよ。「西日本を代表するリゾート地」だったのですね。
もっとよく楽しんで来ればよかったです。

なになにこ様

こんにちは~

> 蒜山高原 は馴染みのあるところですが
> え!こんな所だっけ? くらい素敵ですね。

はい、去年松本さんが撮った蒜山をみて、年末行っちゃいましたよ~
でもこんな風景みれませんよね~
光の画ですよね♪

> ↓自作のコロッケを何年も食べてないので
> どうしても↓ 目が行く~~~~!
> 罪なお方よのぉ~(笑)

自分でつくるとコロッケって、ごちそうですよね(^^♪

カワイさま

こんにちは。

> きのうのですが、本文を読むと、木曜もやってるように勘違いされないかと…

ご指摘ありがとうございます!
前のをコピペしたので、気が付いていませんでした。
助かりました~(^^)/

> 蒜山は大好きですよ。「西日本を代表するリゾート地」だったのですね。
> もっとよく楽しんで来ればよかったです。

岡山はKBコンビのテリトリーですよね!
いい所ですね~♪
ゆっくり行ってみたいです♪

No title

こんばんは~
黄金色の朝すごくきれい~
師匠はこの写真を見て「西日本を代表するリゾート地」ってとこに
喰いついてるので早速蒜山高原に別荘の建設を依頼してるでしょう!

ボスプルさま

こんばんは~

> 黄金色の朝すごくきれい~

ボスプルさんのエリアですね♪

> 師匠はこの写真を見て「西日本を代表するリゾート地」ってとこに
> 喰いついてるので早速蒜山高原に別荘の建設を依頼してるでしょう!

そこがツッコミポイントとは気づきませんでした(@_@)
さすが名コメンテーターですね♪
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Sep 08, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。