定休日 -さいこんたん-


毎週金曜日は定休日です。


「環境保全型農業の部屋ブログ」→こちらの、みつばちさんが読み始めたという「菜根譚(さいこんたん)」

「菜根譚」は、明代末期に優秀な官僚として活躍後、政争に巻き込まれ隠遁したと推測される人物、洪自誠(こう・じせい)が著したものです。前集222条、後集135条の断章からなり、主として前集は人の交わりを説き、後集では自然と閑居の楽しみを説いています。
「菜根」という言葉は、「人はよく菜根を咬みえば、すなわち百事をなすべし」という故事に由来。
「堅い菜根をかみしめるように、苦しい境遇に耐えることができれば、人は多くのことを成し遂げることができる」という意味です。
辛酸をなめつくした洪自誠が「人は逆境において真価が試される」という思いをこめてつけたと考えられています。
そこには、逆境を経験したからこそ生まれた「生きるヒント」が満ち溢れています。


わたしは録画していたTV番組「100分de名著」で

「拙」は「稚拙」「拙劣」「拙速」などの言葉からもわかる通り、「つたないこと」を意味します。どう考えてもマイナスな言葉を「菜根譚」は見事にプラスの言葉に転化します。
「巧」よりも「拙」の方が力強く、そして無限の可能性をもっている、と。
(引用:NHKオンライン)



↓今年もシクラメンが夏を越しました
去年はひどく弱っていたので、もうダメかと
それでも軒下に置いていると葉がでてきました
生きることを教えてくれているようでした
IMG_00322015.jpg


拙いブログですが、いつもみていただきありがとうございます。



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
朝から漢字がたくさん出てきて軽い眩暈が起きてます(^_^;)
シクラメンってそんなにもつものなんですね!
葉を見ると生き生きしていて今年も綺麗な花を
咲かせてくれそうですね(^^)/

No title

苦労をした人間ほど人の痛みを知り
器の大きな人が多いように感じますよ
あっぷちゃん、こんにちは。

このシクラメンも
ある意味、逆境をはねのけてきたのですね(笑)
生命力が強いはずだ。。

No title

こんにちは
菜根譚の本の紹介と私のブログの紹介をしていただきありがとうございます。

菜根譚の本の説明で本を読んでみたい方がおられれば幸いです。

植物の生命力は強いですね。

農薬に侵されていない強い生命力を頂いて私達は元気に生活出来ます。
良い本で心が元気になります。


No title

こんにちは。
大切にされているのですね。

そろそろ締切でしたねv-388
なかなかいいのがないです・・・

ボスプルさま

こんにちは。

> 朝から漢字がたくさん出てきて軽い眩暈が起きてます(^_^;)

そんなボスのために、タイトルは「ひらがな」にしました(笑)

> シクラメンってそんなにもつものなんですね!

もう三度目の夏を越しました(^^)/

> 葉を見ると生き生きしていて今年も綺麗な花を
> 咲かせてくれそうですね(^^)/

はい、ミニのガーデンシクラメンも一緒に夏越えしましたよ♪
花はもう少しです♪

やすろぐさま

こんにちは。

> 苦労をした人間ほど人の痛みを知り
> 器の大きな人が多いように感じますよ

ですよね。
この書は、田中角栄、吉川英治、川上哲治ら各界のリーダーたちから座右の書として愛されてきたそうです。

> このシクラメンも
> ある意味、逆境をはねのけてきたのですね(笑)
> 生命力が強いはずだ。。

三度目の夏を越しました。
さすがに昨年は弱っていた感じでしたが、また葉がでてきたので嬉しかったです♪
弱そうに見えてもたくましいです♪

みつばちさま

こんにちは

> 菜根譚の本の紹介と私のブログの紹介をしていただきありがとうございます。

こちらこそ、よい本を紹介していただきありがとうございました。
みちばちさんの取り組みも興味深いです。

> 菜根譚の本の説明で本を読んでみたい方がおられれば幸いです。

説明が硬かったようです(^_^;)

> 植物の生命力は強いですね。

はい、さっきも書きましたが。三度目の夏を越しました。

専門家のみつばちさんからすれば可笑しいでしょうが私は毎年のように枯らしていたので。
今回の株の生命力には勇気づけられました。

> 農薬に侵されていない強い生命力を頂いて私達は元気に生活出来ます。
> 良い本で心が元気になります。

そうなんですね。
先日、休耕田を借りて、家庭菜園家に貸して農園を経営している若い企業家(京大農学部をでて、専門は農地の改良)のことを知りました。
大規模農業では、売れる野菜、画一化された農法しかできないが、
小規模農業では、、大規模農業ではできない農業があると。
みつばちさんの取り組みというのはまさに、そんなことかなーと思いました。

カワイさま

こんにちは。

> 大切にされているのですね。

いいえ諦めて、軒下に置いてるだけだったのですが、葉がでてきました~(^^)/

> そろそろ締切でしたねv-388
> なかなかいいのがないです・・・

私もね~今日も紅葉はありませんでした、、
明日栗林公園がダメだったら、30分ダッシュの大窪寺かな(笑)
雨で紅葉はきれいだったんですよ。

No title

こんばんは~
「菜根譚」・・実は息子の愛読書です
私は・・・難しそうで敬遠していました(恥)
息子がちょっと精神的に参っている時も
「菜根譚」にはこんな風に書いてある・・とか言っていたことを思い出しました
先人の知恵、哲学書ですねー
今度ちょっぴりでも、かじってみましょうかw

花のんのさま

こんばんは~

> 「菜根譚」・・実は息子の愛読書です
> 私は・・・難しそうで敬遠していました(恥)

私など、本の存在はもちろん、題名さえ読めませんでした(笑)
この本を読みとかれる息子さんは、すごいですね!

> 息子がちょっと精神的に参っている時も
> 「菜根譚」にはこんな風に書いてある・・とか言っていたことを思い出しました
> 先人の知恵、哲学書ですねー

田中角栄さんや、川上哲治さんの愛読書でもあったそうです。

> 今度ちょっぴりでも、かじってみましょうかw

はい、ぜひ息子さんに借りて♪
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Jun 22, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。