茶坊たがわ「写友”風” 第8回写真展」から(3)


茶坊たがわ「写友”風” 第8回写真展」から(3)
↓クリックすると大きくなります!
IMG_20150810_0002.jpg


プロ、アマチュアのカメラマン5名からなる写友”風”
風景写真を中心にした作品16点です。

パソコンの修理が終わりましたが、前回のスマホでの撮影、サムネイル表示とあまりかわりません(^_^;)
最近のスマホカメラは高画質ですね(#^.^#)


↓「早春」 撮影場所:高松市  撮影者:松尾 義和
IMG_16222015.jpg


↓「里の夕べ」 撮影場所:岐阜県 撮影者:浪越英司
IMG_16652015.jpg


↓「地蔵菩薩と十王像」 撮影場所:大分県臼杵市  撮影者:渡辺准一
IMG_16252015.jpg

解説:地蔵十王像
「ホキ石仏第一群」の石仏。中尊に地蔵菩薩をすえ、冥府にあって亡者の罪を裁き救済する十王像を左右に5体ずつ配置しています。地獄か極楽か、亡者の行き先を決定するのは閻魔(えんま)様ですが、ここでは地蔵菩薩と呼ばれています。左右の10体の王たちが裁判官です。十王をお祭りして自分たちも極楽へ行きたいと願う十王思想は、仏教伝来時に中国から伝えられ、鎌倉時代に大流行したと云われています。十王たちの姿は、『西遊記』の三蔵法師に似ており、中国の影響が感じられます。鎌倉期の作。
引用:http://washimo-web.jp/Trip/Sekibutsu/sekibutsu.htm



↓「笠雲」 撮影場所:山梨県山中湖  撮影者:児島吉計
IMG_16262015.jpg

(作品への映り込み、傾きはお許しください。)

ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。



《私語》
もうずいぶん前ですが、大分県臼杵の石仏をみに行きました。
手塚治虫の「火の鳥」鳳凰編を思い出しながら見てました。
鳳凰編の我王は作品ごとに共通の特徴をもつキャラクターです。猿田彦、猿田博士、、
大きな鼻で、お茶の水博士の先祖!

良弁僧正 「おまえのそのやりばのない怒り…心の奥からにじみでた苦悩が、あの像の顔にありありと出ておる…おまえはおまえの心を刻んだ。これにいま一度彫ってみよ…おまえの気のむくままに、すきなものを彫ってみなさい。」
「彫れ! 全身に怒りをこめて彫りあげるのじゃ! やったぞ。我王…、この面相から…うめき声がきこえてくるようだぞ」
引用:http://kankyo-iihatobu.la.coocan.jp/2contents89.html


↓残念ながら我が家にあるのは「黎明編、未来編、ヤマト編、宇宙編」
20150922_211723-1.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Apr 01, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。