「北大路魯山人展」へ


「北大路魯山人展、いかない?」
誘われれば、基本お断りしない生き方を選んだので、
「行く!」と即答(笑)

でもよく知らないわ↓

北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん、1883年(明治16年)3月23日 - 1959年(昭和34年)12月21日)は、日本の芸術家。本名は北大路 房次郎(きたおおじ ふさじろう)。
晩年まで、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持っていた。

明治16年、京都市上賀茂(現在の京都市北区)北大路町に、上賀茂神社の社家・北大路清操、とめの次男として生まれる。生活は貧しく、魯山人の上に夫の連れ子が一人いた。魯山人が生まれる前に父親が自殺、母親も失踪したため親戚をたらい回しにされる。一度農家に養子に出されるが、6歳の時に竹屋町の木版師・福田武造の養子となり、10歳の時に梅屋尋常小学校を卒業。画家になるための学校に通いたいと申し出るが、家業を継がせるつもりだった養父母は激怒。京都・烏丸二条の千坂和薬屋に丁稚奉公に出された。

奉公を終えて養父母宅に戻ったのち、実の母の居所が分かり会いに行ったものの受け入れられず、明治36年、書家になることを志して上京。翌年の日本美術展覧会で一等賞を受賞し、頭角を現す。1905年(明治38年)、町書家・岡本可亭の内弟子となり、明治41年から中国北部を旅行し、書道や篆刻を学んだ。また、朝鮮総督府に書記として勤めた。

帰国後の明治43年に長浜の素封家・河路豊吉に食客として招かれ、書や篆刻の制作に打ち込む環境を提供された。ここで魯山人は福田大観の号で小蘭亭の天井画や襖絵、篆刻など数々の傑作を当地に残している。そして敬愛する竹内栖鳳がしばしば訪れる柴田家の食客になることが叶い、訪れた栖鳳に款印を彫らせてもらうよう願い出る。その款印を気に入った栖鳳が門下の土田麦僊らに紹介したことで日本画壇の巨匠らとの交わりが始まり、名を高めていくことになった。

大正4年、福田家の家督を長男に譲り、自身は北大路姓に復帰。その後も長浜をはじめ京都・金沢の素封家の食客として転々と生活することで食器と美食に対する見識を深めていった。1917年(大正6年)、便利堂の中村竹四郎と知り合い交友を深め、その後、古美術店の大雅堂を共同経営することになる。大雅堂では、古美術品の陶器に高級食材を使った料理を常連客に出すようになり、大正10年、会員制食堂・「美食倶楽部」を発足。自ら厨房に立ち料理を振舞う一方、使用する食器を自ら創作していた。大正14年には東京・永田町に「星岡茶寮(ほしがおかさりょう)」を中村とともに借り受け、中村が社長、魯山人が顧問となり、会員制高級料亭を始めた。

昭和2年には宮永東山窯から荒川豊蔵を鎌倉山崎に招き、魯山人窯芸研究所・星岡窯(せいこうよう)を設立して本格的な作陶活動を開始する。魯山人の横暴さや出費の多さから、昭和11年、星岡茶寮の経営者・中村竹四郎からの内容証明郵便で解雇通知を言い渡され、魯山人は星岡茶寮を追放、同茶寮は昭和20年の空襲により焼失した。

戦後は経済的に困窮し不遇な生活を過ごすが、昭和21年には銀座に自作の直売店「火土火土美房(かどかどびぼう)」を開店し、在日欧米人からも好評を博す。また昭和26年に結婚したイサム・ノグチ・山口淑子夫妻を一時星岡窯に寄寓させた。昭和29年にロックフェラー財団の招聘で欧米各地で展覧会と講演会が開催され、その際にパブロ・ピカソ、マルク・シャガールを訪問。昭和30年には織部焼の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定されるも辞退。

昭和34年に肝吸虫(古くは「肝臓ジストマ」と呼ばれた寄生虫)による肝硬変のため横浜医科大学病院で死去。
平成10年、管理人の放火と焼身自殺により、魯山人の終の棲家であった星岡窯内の家屋が焼失した。
(Wikipediaから抜粋)


数奇な生涯ですね。
とても気難しい方とか。
それでもテレビのホームドラマの何気ない会話、微笑ましい場面によく肩を震わせ涙を流して嗚咽したということもあったそうです。
晩年を牟礼町で過ごしたイサム・ノグチとの交流にも驚きました。


↓さぁ~久しぶりにマリンライナーに乗って岡山へ
  瀬戸内海はいつみてもいいです
IMG_10832015.jpg

会場の「岡山・吉兆庵美術館」は岡山駅から歩いて約10分
↓最近ブログでもよくみるイオンモールの前です
IMG_10872015.jpg

↓「岡山・吉兆庵美術館」
IMG_10942015.jpg

IMG_10902015.jpg

IMG_20150727_0003.jpg

もちろん撮影はできないので、作品はホームページでごらんください。➡こちら

写真でみていた「お料理を美しく引き立たせる器」に少しだけ?を持っていましたが、実際にみると「お料理を美しく引き立たせる器」なのだと実感しました。
とても美しい器です。

ここでも展示されている、お料理を盛った写真と、実際の器を見比べると、全く違う色彩です。
控えめで、食材を生かす色彩でした。
土はあたたかいですね
写真で作品を伝えることは難しいようです。

IMG_20150727_0004.jpg

「北大路魯山人展-美食の世界-」は
平成27年6月6日~8月9日 (期間中の休館日:6月15日、7月6日、8月3日)

いい器をみたら、美味しいものが食べたくなります♪



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。
今日も暑そうですね。
先日はご訪問ありがとうございました。

先日eとぴあで写真の撮り方の講義があり、友人に誘われて行ってきましたが
やはり、いい写真を撮る為には辛抱と努力が要りますね。無精者のワタシは無理!なんて思いました。

趣味の世界に囲まれて
充実されてますね。その点はうらやましいです。

かをる様

おはようございます。

> 今日も暑そうですね。
> 先日はご訪問ありがとうございました。

コメントありがとうございます。
ご結婚とお聞きして、私も嬉しかったですe-420
それに安心しました。

> 先日eとぴあで写真の撮り方の講義があり、友人に誘われて行ってきましたが
> やはり、いい写真を撮る為には辛抱と努力が要りますね。無精者のワタシは無理!なんて思いました。

そうなんですよ、風景写真をとってる方は、どこから陽があがるとかとても詳しくて、その時をじっと待っています。
私も無理かな~(^-^;

> 趣味の世界に囲まれて
> 充実されてますね。その点はうらやましいです。

日本画はかをるさんのお兄様に触発されました♪
はじめて良かったです。
よき先生と、よき友との出会いもありました。

こんにちは。
暑かったでしょ~お疲れ様でした。
魯山人の名前はよく聞きますが
顔は思い浮かびませんでした(^_^;)
UPさんが作る料理は美しいので
お料理を美しく引き立たせる器なんて
なくていいんですよね!
器は半端なく高いのでしょうね(@_@;)

魯山人は、お宝鑑定団でもよく聞くので
お名前だけは知ってますよ あっぷちゃん、こんにちは。

あっぷちゃんは器用なので
そのうち陶芸にも手を出すんじゃないのぉ~(笑)

お店の器として出てくる日を楽しみにしています。。

ボスプルさま

こんばんは

> 暑かったでしょ~お疲れ様でした。

暑かったので日傘を持っていきましたが、写真とるにはNGでした(^-^;

> 魯山人の名前はよく聞きますが
> 顔は思い浮かびませんでした(^_^;)

有名ですよね!
でも本物の作品をみたことがなくて、行ってよかったです。

> UPさんが作る料理は美しいので
> お料理を美しく引き立たせる器なんて
> なくていいんですよね!

お料理が下手なので、器に興味があります(笑)

> 器は半端なく高いのでしょうね(@_@;)

ネットでみると300万円くらいみたいです。
そんな高いの使えませんね(@_@)

やすろぐさま

こんばんは

> 魯山人は、お宝鑑定団でもよく聞くので
> お名前だけは知ってますよ あっぷちゃん、こんにちは。

お名前とか「星岡茶寮」は知っていますよ♪
本業が書家だったとか、複雑な家庭環境、6度お離婚とか、ドラマチックな方ですよね。
お友達にはなりたくありません(^-^;

> あっぷちゃんは器用なので
> そのうち陶芸にも手を出すんじゃないのぉ~(笑)

わかります?
みてたら、陶芸したくなりました(笑)

> お店の器として出てくる日を楽しみにしています。。

いいですね~♪

こんばんは。
魯山人といえば美味しんぼしか知りません。魯山人風すき焼きとか食べてみたいです。
マリンライナーの車窓からって何度乗ってもいいですよね。
ボスはいつも居眠りしているらしいですよ。

カワイさま

こんばんは。

> 魯山人といえば美味しんぼしか知りません。魯山人風すき焼きとか食べてみたいです。

そんなのあるんですか?
高いお肉なんでしょうね、食べた~い

> マリンライナーの車窓からって何度乗ってもいいですよね。

いつみてもワクワクします♪

> ボスはいつも居眠りしているらしいですよ。

なんとなく、そんな感じがします(笑)
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Aug 11, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。