最終日 (付:4/26の御衣黄桜)

◆4/1(金)~4/30(土)春の特別企画「さくら写真展」も本日が最終日(15時まで)です!

カフェ・セゾン(➡こちら)との共同企画の第2回
香川県内の写真愛好家48名がとらえた桜、50作品です。

↓クリックすると大きくなります

150縮小2IMG_20160309_00012

ブログ各回の「作品タイトル」と撮影者
(1) 「春の舞」池内るり子、「花と水の和音」石田信江、「桜花爛漫」稲田 明 ➡こちら
(2) 「競 演」稲田眞佐子、「春風に吹かれて」植村好治、「春 雨」植村和代子 ➡こちら
(3) 「妖 艶」 氏家圭三、「春の日」 大柿 好、「月夜見さくら」 岡 岩雄➡こちら
(4)  「桜 雨」 小川成子、「三峰川堤の桜並木」 木野美代子、「春風駘蕩」 木村 力➡こちら
(5)  「落花の色彩」 甲邊久代、「寄り添えど やがて別れの 冬来る」高本 晃、「去り行く春」清水邦計➡こちら
(6) 「春が来た」谷 敬子、「春うらら」広瀬紀久子、「名残りの舞」廣瀬貴美子  ➡こちら
(7) 「春の集い」福家壽義、 「水面の春」森田 裕、 「花にさそわれて」 山田恵子➡こちら


プロカメラマン 北村修一先生の作品「夜桜競演」はブログ掲載を遠慮させていただいていましたが、後日快くOKくださったので追加掲載させていただきます。

「さくら写真展」には香川で指導されている4人の先生が出展してくださっています。
■植村好治先生のNHK教室は、➡こちら➡こちら
■氏家圭三先生が指導されている生徒さんの作品展➡「写遊会・彩 写真展」 善通寺市美術館
■北村修一先生のNHK教室は、➡こちら
■森田裕先生のJEUGIAカルチャーセンター高松教室は➡こちら、高松カルチャーセンターの写真教室は➡こちらの講座案内 教養・趣味コースから




↓「夜桜競演」  撮影地:山口県錦帯橋  撮影者:北村修一
201606000003580329221.jpg
照明が映り込んでいますm(__)m


「作品というのは撮った状態では眠っているわけですよ。
それを見てくれる人がいて 初めて目を覚ますものだと思う。」
   1998年 写真家 吉野信 

   「フォトコン2016年5月号 こころに響く写真語録」から


ご高覧賜りますよう お願い申し上げます





桜の終わりに拙くて恐縮ですが、4/26(火)さぬき市多和の御衣黄桜が赤く色づいていたのでご紹介させていただきます。
201604270000017703292.jpg

樹肌から、かなりのお年と思われる枝は成長も遅いのかまだ緑のままでした。
201604270000017803292.jpg




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
今日のバナーは共同主催の「カフェ・セゾン」です➡こちら


【閉店までのカウントダウン 59日】

拍手コメントありがとうございます。

京都の小さな出版社さんのこと


《管理人の写真日記》

postman_jitensya.png

「現金書留です」


心当たりのないまま、差出人をみると《まち絵ーる社》からでした。

日本画教室で、いつも隣の先輩が貸してくれていた本
日本画を学ぶ者のバイブルといわれ、絶版久しい 『日本画の技法』につづく、
『日本画を描く』(全8巻)

系統だてて学びたいと3月13日に全巻注文していました。➡こちら

すでに発刊している7巻はすぐに届いていましたが、
同封されていた手紙には担当者が3月24日に亡くなったこと、8巻の発行は困難と考え払い戻しとなったことが 添えられていました。

201604270000017503292.jpg


《まち絵ーる社》は京都の小さな出版社のようです。
『日本画の技法』の編集にもかかわった細川信一さんが代表者です。

小さな出版社といえども『日本画を描く』の巻頭言は上村 淳之(うえむら あつし)さん
ひらくページには編集者の情熱がこめられていました。


きょうの記事は
第8巻の発行のため輸血しながら取材し、最後の最後まで本の作業をやめることなく取り組んでいたという
細川信一さんの追悼として
庭に咲く ナルコユリを

花言葉は「気品のある行い」 
201604270000017403292.jpg

ナルコユリには別の花言葉もあります「元気を出して」
手紙をくださったご家族に




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
今日のバナーは五色台にて

【閉店までのカウントダウン 60日】

日替わりランチ「豚肉フライ 甘酢トマトだれ」


日替わりランチ  「豚肉フライ 甘酢トマトだれ」

LINEcamera_share_2016-04-28-00-04-38.jpg

 ドリンク付き900円


月曜・火曜は和食メニュー。和食はちょっと苦手な方のために、水・土・日曜は洋食メニューとなっています。
タイムランチは、なくなり次第終了となりますので、ご予約いただくと幸いです




今月のフォトコンは
特集のひとつが《こころに響く写真語録》です。
20160427_124807.jpg


「時代の空気の中で 自分の写真を撮ろうという願望は今でも変わりません。
自分の好奇心のおもむくままに 何でも撮っていきたいと思います」
    1998年 写真家 植田正治


植田 正治(うえだ しょうじ)さんは、1913年生まれ、 没年は2000年だから85歳の時の言葉でした!
枯渇することのない好奇心が素晴らしいです!

きっとあなたの心に響く言葉がありますよ♪
お茶しながら、見つけてくださいね。



御来店賜りますよう心からお待ち申し上げます。




「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーはお店の入口の「さくら草」です
ピンク色の花言葉は「長続きする愛情」


【閉店までのカウントダウン 61日】

◆春の特別企画「さくら写真展」から (7)  (私語:横位置と縦位置)


◆4/1(金)~4/30(土)春の特別企画「さくら写真展」から (7)

カフェ・セゾン(➡こちら)との共同企画の第2回
香川県内の写真愛好家48名がとらえた桜、50作品です。

↓クリックすると大きくなります

150縮小2IMG_20160309_00012
 
ブログ各回の「作品タイトル」と撮影者
(1) 「春の舞」池内るり子、「花と水の和音」石田信江、「桜花爛漫」稲田 明 ➡こちら
(2) 「競 演」稲田眞佐子、「春風に吹かれて」植村好治、「春 雨」植村和代子 ➡こちら
(3) 「妖 艶」 氏家圭三、「春の日」 大柿 好、「月夜見さくら」 岡 岩雄➡こちら
(4)  「桜 雨」 小川成子、「三峰川堤の桜並木」 木野美代子、「春風駘蕩」 木村 力➡こちら
(5)  「落花の色彩」 甲邊久代、「寄り添えど やがて別れの 冬来る」高本 晃、「去り行く春」清水邦計➡こちら
(6) 「春が来た」谷 敬子、「春うらら」広瀬紀久子、「名残りの舞」廣瀬貴美子  ➡こちら


今月も、数作品づつ(50音順)ご紹介させていただいています
作品への映り込み、傾きはお許しくださいm(__)m
         
↓「春の集い」  撮影地:高松市  撮影者:福家壽義
20160425000001590329.jpg


↓「水面の春」  撮影地:岡山県  撮影者:森田 裕
20160425000001600329.jpg

             
↓「花にさそわれて」  撮影地:滋賀県  撮影者:山田恵子
20160425000001610329.jpg

             
(私語)
作品のご紹介は50音にしてるだけなんですが、今回は偶然に縦位置撮影の作品が並びました。

ちょっと横位置と縦位置について自習すると

横位置になるようにカメラを構えた場合、長辺が横方向になるため、左右に対するワイド感を表現しやすく、また人間の視覚に近いため、画面から安定感が得られやすい。
このため堂々とした風景として表現することができる。

縦位置では前後方向に対する奥行きや、上下方向に対する高さを表現することができる。このため、風景の奥行きを表現したいと考えた場合、縦位置のほうが鑑賞者に撮影者の作画意図を伝えやすい。
また肉眼で見慣れている横長の風景と異なるため、緊張感が感じられる写真となることも多い。  引用:「アサヒカメラ.net」➡こちら



たしかに、縦位置撮影の3作品を見直すと
「撮影者の作画意図」がはっきりと伝わってきます


「さくら写真展」の会期も残り2日(27日、30日)です!
ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「4/3 さぬき市亀鶴公園の桜」です


【閉店までのカウントダウン 61日】

◆撮影実習記 「大串自然公園」


《管理人の写真日記》

先月の撮影実習はさぬき市志度の「大串自然公園」

いつもながら実習記は反省の記録です。
写真愛好家の皆さまはスルーしてくださいね(^^)/


4時に集合して、集合場所のスーパーでまずは食品調達から(笑)

公園までの道の途中、日が沈むのが見える場所で
右に見えるのが五剣山です。
201604250000016503292.jpg

潮目も美しい 穏やかな瀬戸の海です。
20160424000001550329.jpg

2秒タイマーにしていたので、船が光の帯に入るのを逃しました(^_^;)
20160425000001580329.jpg

ちょうど一緒になった素敵なカップル 二人の笑い声は周りも楽しく(^^♪
20160424000001480329.jpg

陽が落ち、とても美しい空の時間です。
20160424000001510329.jpg


大串自然公園に移動

初めての星空撮影
でも、どこが北極星かわかりません(◎_◎;)
まずそこからですね~(^_^;)
20160424000001520329.jpg

中途半端な光跡(13分) 次回は粘ろうと予備バッテリーを買いました。
20160424000001530329.jpg


今回は1年ぶりの夜景撮影で反省点がたくさん(^_^;)
でも、とっても楽しい実習でした♪
測光、水平の取り方を覚えたので、ワン ステップアップ!(のはず)


友達が
「私達は 身近に《海》があるけど、身近に海がある人はそう多くないわ」と。

美しい瀬戸の夕景をみながら、この地にたてる幸せを感じた一日でした。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは今月の撮影実習の五色台からの「ツツジ」です
今月の実習記はまたいつか



【閉店までのカウントダウン 63日】

拍手コメントありがとうございます。

◆奉公さん


今朝の四国新聞の第一面は「幸福のレシピ」の総集編でした。

年齢を重ねた人ほど幸福度が高いという結果になったそうです。
「幸福度は40代、50代と低下するが、60代から急上昇して70代はもっとも幸福度が高かった。」

先日、テレビのインタビューのこと、
熊本地震で被災した小学生と思われる男の子が
「普通にくらせることが しあわせだったんだと わかった」と。

幼さの残る顔から出る言葉に 胸が痛くて

もしかしたら年齢を重ねるほど幸福度が高いのは
普通にくらせることの幸せを知るからかもしれません。

↓昨年オーナー(姉)から贈られた「奉公さん」
20160422000001410329.jpg


讃岐の風土から生まれた、素朴で温か味のある和紙の張り子人形。
奉公さんは、「子供の守り神」です。


少年の日常、
被災された方々の日常が一日も早く戻ることを祈って




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは我が家の日常
姫シャガ(姫著莪)の花が咲きました
花言葉は「お友達が多い」


【閉店までのカウントダウン 64日】

拍手コメントありがとうございます。
非公開コメのお礼は記事内に書かせていただきました。
◆17:33のBさまへ :テレビでは被災された方の、これからの住まいについて報道しています。安心して生活できるよう祈るばかりです。(UP)

◆春の特別企画「さくら写真展」から (6)

◆4/1(金)~4/30(土)春の特別企画「さくら写真展」から (6)

カフェ・セゾン(➡こちら)との共同企画の第2回
香川県内の写真愛好家48名がとらえた桜、50作品です。

↓クリックすると大きくなります

150縮小2IMG_20160309_00012
 
ブログ各回の「作品タイトル」と撮影者
(1) 「春の舞」池内るり子、「花と水の和音」石田信江、「桜花爛漫」稲田 明 ➡こちら
(2) 「競 演」稲田眞佐子、「春風に吹かれて」植村好治、「春 雨」植村和代子 ➡こちら
(3) 「妖 艶」 氏家圭三、「春の日」 大柿 好、「月夜見さくら」 岡 岩雄➡こちら
(4)  「桜 雨」 小川成子、「三峰川堤の桜並木」 木野美代子、「春風駘蕩」 木村 力➡こちら
(5)  「落花の色彩」 甲邊久代、「寄り添えど やがて別れの 冬来る」高本 晃、「去り行く春」清水邦計➡こちら


今月も、数作品づつ(50音順)ご紹介させていただいています
作品への映り込み、傾きはお許しくださいm(__)m
         

↓「春が来た」   撮影者:谷 敬子
IMG_3305谷さん


↓「春うらら」  撮影地:香川県  撮影者:広瀬紀久子             
IMG_175320160422.jpg
作品への映り込みを避けるため、斜めに撮らせていただいていますm(__)m

↓「名残りの舞」  撮影地:さぬき市  撮影者:廣瀬貴美子
IMG_174920160422.jpg



先日、カフェ・セゾンにあった「桜特集の本」
桜写真は「外面の美しさだけでもなく、内面の奥深さだけでもない
育まれた桜観、付き合い方、撮影方法があわさってできる表現世界」と

桜へのアプローチ・表現の深さを少しだけ知ったような気がしました。

この本です!
20160422_093659-1.jpg
植村好治先生の一面写真もありました。



カフェ・セゾン 茶坊たがわ春の特別企画「さくら写真展」
ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「4/3前山のさくら」です
バナー画像ではみえませんが、風で桜の花びらが舞っていました


【閉店までのカウントダウン 65日】

◆「春の山野草と風景写真展」に行ってきました♪


定休日にはオーナーと写真展へ

◆4/19(火)~4/24(日)「春の山野草と風景写真展」 さぬき市:21世紀館さんがわに行ってきました
↓クリックするとおおきくなります
IMG_20160319_0001.jpg


入口では東野さんの作品と藤がお出迎え!
藤の花言葉は「歓迎」でしたね♪
20160422000001300329.jpg

20160422000001310329.jpg

20160422000001320329.jpg

会長の柏原宏さんから撮影OKご了解をいただきました♪

↓「山頂のにぎわい」  撮影地:さぬき市造田  撮影者:柏原宏
20160422000001400329.jpg

この作品は、三木町白山の頂上をさぬき市造田の自宅のベランダから撮ったそうです。
管理人「遠いのに、こんなに大きいのは何ミリのレンズですか?」
柏原 「1200ミリでとった。」
管理人「えーっ1200!!! いったい、いくらするレンズですか!」
柏原 「3万円のカメラで撮った(笑)」

1センチの接写から超望遠撮影もできるコンデジで撮られたとか。
画づくりは機械ではないんですね。
いろんな楽しいお話しが聞けました(^^)/


山野草は前会長の東野廣さんの作品を
20160422000001340329.jpg

↓シャクナゲ
20160422000001360329.jpg
シャクナゲは気品ある姿から「花木の女王」とまで呼ばれています。高山にしか咲かないので「高嶺の花」の語源となっています。

↓赤葉 イタドリ
20160422000001350329.jpg
イタドリ:虎杖、痛取。薬用に用いて擦り傷などでの痛みを取ることから痛み取りが転じたそうです。


4/23(土), 4/24(日)は山野草の販売もありますよ♪

来年からは山野草展だけの作品展となり、風景写真とのコラボは今年限りだそうです。
とても素敵なコラボでしたから、残念ですね。


ぜひ、「春の山野草と風景写真展」
21世紀館さんがわ(アクセス➡こちら)に足をお運びくださいませ





「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは4/22カフェ・セゾン駐車場の「牡丹」です


【閉店までのカウントダウン 66日】

拍手コメントありがとうございます。

◆上がり三カ寺の旅


さぬき市多和の職場玄関にあるパンフレットの中に面白いのを見つけました!
20160421000001280329.jpg
「香川県さぬき市は日本のダ・ヴィンチとも呼ばれる天才発明家 平賀源内先生の故郷にて御座候」

でも今日の記事は、源内さんでなくて裏表紙の「上がり三カ寺の旅」のご紹介です(^^)/

四国八十八ヶ所霊場88番・大窪寺は、八十八ヶ所を巡り終える結願(けちがん)の寺として広く知られ、86番志度寺、87番長尾寺、88番大窪寺は「上がり三ヵ寺」と呼ばれています。
↓クリックすると大きくなります
IMG_20160421_00022.jpg

ちょうど管理人の職場(★印)までの通勤路は、上がり三カ寺の旅です(笑)

今日も道中、山藤が目を楽しませてくれました♪

20160421000001270329.jpg

20160421000001250329.jpg

藤は、樹齢がとても長く、日本各地に何百年の樹齢の藤があるそうです。

今日も雨の中を、お大師様と一緒に黙々と歩くお遍路さんと出会いました。

藤の花言葉のなかには「歓迎」という言葉があります。

きっと山道で、ずっとお遍路さんたちをお迎えしてくれてるのでしょうね




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「産直市・天体望遠鏡博物館」の駐車場にある銀杏
小さなてのひらみたいな葉をつけていました


【閉店までのカウントダウン 67日】
拍手コメントありがとうございます。

◆「おきにいり展-古家秀俊先生のレベルアップ写真教室作品展-」のご案内


お客様からのご案内です 

IMG_20160413_0001.jpg


プロカメラマンの古家(こうけ)秀俊先生(➡こちら)が指導されている生徒さん達の作品展です。
生徒さん達といってもハイレベル!
先生曰く、個性的写真作品展です!


今回の古家先生のギャラリートークは
「写真の未来は-」 のテーマです。
5月10日 PM1.OOより会場にてお話ししてくださいます。

ギャラリートークはその場で多くの写真愛好家の方との意見交換もあります。

デジタルになって誰もが写真に親しめるようになりました。
私でさえ「何が撮りたいの?」と自問する時があります。
「写真の未来は」
今まさに、向き合うべきテーマですよね。




「おきにいり展-古家秀俊先生のレベルアップ写真教室作品展-」
ぜひ、ご覧くださいませ。




今日の記事のBGMはミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』から「私のお気に入り」(原題:My Favorite Things )をどうぞ♪➡こちら
映画では、雷を怖がる子供達がマリア先生の部屋にやってくる場面で歌われています。
「哀しい時、つらい時は楽しいことを考えましょう」




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは娘のお気に入り「エヴァンゲリオンの看板?」
大きくて困るんですが、断捨離圏外にあり、手がだせません(^_^;)


【閉店までのカウントダウン 68日】

拍手コメントありがとうございます

◆「緑色に咲く神秘の桜」に会ってきました♪


先週、開花情報をLINEで送ってくれた友達の案内で
「緑色に咲く神秘の桜」に会ってきました♪

↓うん? どこ?
20160418000001220329.jpg


↓ここです!遠目から見ると花が咲いているとはとても思えません(◎_◎;)
20160418000001210329.jpg

近づくと
↓み・ど・り~
 花が開いたときには緑色ですが、次第に緑色は薄れて黄緑色から黄色になり、やがて中心部が筋状に赤くなるそうです。
20160418000001190329.jpg

20160418000001150329.jpg

20160418000001160329.jpg

この樹の場所は、↓の看板が目印です。産直市場の南にあります。
20160418000001230329.jpg

4/19(火)は満開です。
20160418000001140329.jpg

気づかれることのない場所で静かに咲く「御衣黄桜」
近寄ってみると、その名のとおり貴族の衣をきた気品ある花です。

今日は、麗しい女性のもとへ通う、源氏の君の気分でした(笑)

大窪寺への通り道です。
あと数日で見ごろは終わりそうです。どうぞ見つけてくださいね♪





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
今日のバナーは「神秘の桜」の足もとで咲く「野の花」を



【閉店までのカウントダウン 69日】



拍手コメントありがとうございます。

◆春の特別企画「さくら写真展」から(5)


◆4/1(金)~4/30(土)春の特別企画「さくら写真展」から(5)

カフェ・セゾン(➡こちら)との共同企画の第2回
香川県内の写真愛好家48名がとらえた桜、50作品です。

↓クリックすると大きくなります

150縮小2IMG_20160309_00012
 
ブログ各回の「作品タイトル」と撮影者
(1) 「春の舞」池内るり子、「花と水の和音」石田信江、「桜花爛漫」稲田 明 ➡こちら
(2) 「競 演」稲田眞佐子、「春風に吹かれて」植村好治、「春 雨」植村和代子 ➡こちら
(3) 「妖 艶」 氏家圭三、「春の日」 大柿 好、「月夜見さくら」 岡 岩雄➡こちら
(4)  「桜 雨」 小川成子、「三峰川堤の桜並木」 木野美代子、「春風駘蕩」 木村 力➡こちら


今月も、数作品づつ(50音順)ご紹介させていただいています
作品への映り込み、傾きはお許しくださいm(__)m
         
↓「落花の色彩」  撮影地:香 川  撮影者:甲邊久代
IMG_175020160418.jpg
映り込みを避けるため、斜めに撮らせていただいていますm(__)m


↓撮影地:岡山(自宅)  撮影者:高本 晃(こうもと あきら)
IMG_175820160418.jpg
映り込みを避けるため、斜めに撮らせていただいていますm(__)m
作品に添えられたキャプション
IMG_17582016041802.jpg


↓「去り行く春」  撮影地:兵庫県朝来市(千年家の桜)  撮影者:清水邦計
IMG_3302清水さん


今回ご紹介した作品は、偶然、
散る花と葉でした。
こんな日には、茨木のり子さんの「さくら」を

 今年も生きて さくらを見ています
 ひとは生涯に 何回ぐらいさくらをみるのかしら
 (中略)
 下を ふらふらと歩けば
 一瞬 名僧のごとくにわかるのです
 死こそ常態 生はいとしき蜃気楼と



カフェ・セゾン 茶坊たがわ春の特別企画「さくら写真展」
ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは娘が保育園で描いた「さくら」です
断捨離中の納屋からでてきました(^^)/


【閉店までのカウントダウン 70日】

拍手コメントありがとうございます。

◆「東野廣写真展 -四季・彩香」のご案内


お客様からのご案内です 

IMG_20160404_0001.jpg

2013年11月
東野さんのはじめての個展会場となったのが、「茶坊たがわ」です。➡こちら

その時、プロ写真家の古家(こうけ)先生(➡こちら)から、
東野さんの作品からは「音が聞こえる」と、教えていただきました。

よい作品からは音が聞こえるそうです。

それから写真展に行くと、作品から聞こえてくる音に耳をすませるようになりました。
風の音だったり
雨の音だったり
鳥の声だったり
虫の羽の音だったり
水の音だったり
人の語らいだったり
電車が疾走する音だったり



2016年、東野さんの作品からはどんな音が聞こえてくるのでしょうね♪


◆5/10(火)~5/15(日)「東野廣写真展 -四季・彩香」会場:さぬき市 21世紀館さんがわ

ぜひ、ご覧くださいませ。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
今日のバナーは久しぶりにオーナーの家の庭から
「梨の花」です。
花言葉は「和やかな愛情」など
記事のために花言葉を調べる度に、その花がもっと好きになります(^^)/


【閉店までのカウントダウン 71日】

拍手コメントありがとうございます。

◆日替わりランチ「月見ハンバーグ」


日替わりランチ  「月見ハンバーグ」

LINEcamera_share_2016-03-30-13-42-01.jpg

ドリンク付き900円


月曜・火曜は和食メニュー。和食はちょっと苦手な方のために、水・土・日曜は洋食メニューとなっています。
タイムランチは、なくなり次第終了となりますので、ご予約いただくと幸いです




今お店のカウンターには、美味しいキャンディーがあります(^^)/
20160403000001010329.jpg

でも食べれません(^^♪
くださったのは垂水にあるカフェ「麓(ろく)」さんのママから

茶坊たがわを始める時、兄と姉が「こんなお店をしたいね」と、二人で訪ねていったお店だそうです。

↓お洒落な照明のお店には不思議なものがいっぱい
20160412000001070329.jpg

↓写真機?
IMG_321520160416002.jpg

↓五円(ご縁)がありますように♪
20160412000001090329.jpg

お店の外観は撮っていませんでした(^^;)
住宅街にあり、見つけるのもちょっと難しい。。
ネットで検索すると1件だけヒットしました。➡こちらで教えてくださるかもです。


御来店賜りますよう心からお待ち申し上げます。




「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは4/16(土)の「御衣黄桜」(場所:産直市の南)
さぬき市多和の友達からがLINEで送ってくれました(^^)/
「頑張って、咲いています!」



拍手コメントありがとうございます。

◆NHKカルチャー「デジタル一眼で写真を楽しもう」合同写真展のご案内♪ (付:4/14「御衣黄桜」の開花状況)

熊本地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。
まだ余震が続いていますので、心配です。
4/16 8時38分現在、こちら香川は大丈夫です。


お客様からのご案内です 

IMG_20160330_0001.jpg


NHK文化センター高松カルチャー教室
北村修一先生の受講生による作品展です。
この作品展のご紹介も4度目になりました。

一番最初にご紹介した時の北村先生の言葉は今も変わらず、私の胸にあります。

誰と比較する訳でもなく、
 競争する訳でもない
 各自のこの一年間の成果を発表する
 ステキな作品展にしていきたいと思います。

                (講師 北村修一)』


北村先生の教室は➡こちらです♪



【NHKカルチャー「デジタル一眼で写真を楽しもう」合同写真展】
ぜひ、ご覧くださいませ。




(ふろく)
4/15、今日もさぬき市多和の友達から「御衣黄桜」の開花状況(場所:産直市の南)がLINEで届きました(^^)/
少しだけですが、咲いていましたよ~
20160415160355.jpg

↓こちらの木は黄色に
20160415160417.jpg

開花した時は、緑色。
その後、徐々に黄色に近づき、最後は中心部分が赤くなります。

これから本格的に開花です♪




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
今日のバナーは東山魁夷せとうち美術館で開催の「堂本印象展」の前によった
多度津町のドイツ料理のお店(➡こちら)の庭にて


拍手コメントありがとうございます。

春の特別企画「さくら写真展」から(4)  (付:4/14の「御衣黄桜」)

◆4/1(金)~4/30(土)春の特別企画「さくら写真展」から(4)

カフェ・セゾン(➡こちら)との共同企画の第2回
香川県内の写真愛好家48名がとらえた桜、50作品です。
↓クリックすると大きくなります
150縮小2IMG_20160309_00012
 
ブログ各回の「作品タイトル」と撮影者
(1) 「春の舞」池内るり子、「花と水の和音」石田信江、「桜花爛漫」稲田 明 ➡こちら
(2) 「競 演」稲田眞佐子、「春風に吹かれて」植村好治、「春 雨」植村和代子 ➡こちら
(3) 「妖 艶」 氏家圭三、「春の日」 大柿 好、「月夜見さくら」 岡 岩雄➡こちら



今月も、数作品づつ(50音順)ご紹介させていただいています
作品への映り込み、傾きはお許しくださいm(__)m

↓「桜 雨」  撮影者:小川成子
IMG_3304小川さん

     
↓「三峰川堤の桜並木」  撮影地:長野県  撮影者:木野美代子
IMG_1754木野さん
映り込みを避けるため、斜めに撮らせていただいていますm(__)m  
9枚のコンポジットで新しい表現を試みられています。
   
         
↓「春風駘蕩」  撮影地:徳 島  撮影者:  木村 力
IMG_3303木村さん



カフェ・セゾン 茶坊たがわ春の特別企画「さくら写真展」
ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。





(付)
今日もさぬき市多和の友達から「御衣黄桜」の開花状況がLINEで届きました(^^)/
それも動画です!(笑)
風が強く、蕾を揺らしながらも頑張っています。
蕾で一週間、満開で10日ほど花が持つ模様だそうです。
[広告] VPS

週末、多和では産直市もあります♪
お寄りの節は、ぜひ御衣黄桜を見つけてくださいね




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは携帯につけるクリップレンズのマクロを使って撮影しました
なかなかピントが合いません(^^;)



拍手コメントありがとうございます。

◆「PHOTO EXHIBITIONⅡ」のご案内   (付:緑色に咲く、神秘の桜)

ご案内 

IMG_20160401_0003.jpg


「PHOTO EXHIBITIONⅡ FRAGMENTS OF LIFE」
若手写真家グループによる第2回目の作品展です。

展示はこのDM以外の作品が展示されるそうですよ。

若い視線が捉えた
「生命・生活の断片」を、ぜひ ご覧くださいませ。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーはさぬき市多和産直市の南にある
4/13の「御衣黄桜(ギョイコウサクラ)」
緑色に咲く、神秘の桜です!
もうすぐ開花!
友人がLINEで送ってくれました~(^^)/

「御衣黄」の名前の由来は、
花の色が高貴な貴族の衣裳の萌黄色(もえぎいろ)に近いため
この様な名前が付いたと言われています。


花は特徴的な緑黄色であり、そこから次第に黄色からピンクへと変わっていきます。
花言葉は「永遠」「優美」
また写メきたら、開花状況をお知らせしますね。
つづく(笑)

◆「老いた桜の樹」2016年冬から春へ

多和の職場横にある「老いた桜の樹」は、管理している担当者が変わり伐採を免れた樹です。

カテゴリの整理をしていると、「老いた桜の樹」の記事が2015年秋で終わっていました(^_^;)
日本ブログ村のポチバナーで掲載していたので、記事がなかったようです。
で、2016年冬から春を

2014年春→こちら
2015年春→こちら
2015年夏→こちら
2015年秋→こちら

2016年冬
20160411000001050329.jpg

IMG_304420160412.jpg


2016年春
20160411000001020329.jpg

20160411000001030329.jpg

IMG_188720160412.jpg


そして今日、2016年4月12日
20160412000001060329.jpg

花が終わった樹は、
次の季節に向かい
若い葉が生まれていました

伐採が決まってから、その記録・記憶にと撮りはじめた「老いた桜の樹」
伐採を免れてからも撮り続けると、樹の生命力に私がはげまされるようでした。

レポは今回でおわりです。
拙い写真をみていただき、ありがとうございました。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
今日のバナーは「大串自然公園」から
この写真をみた友達が詠んでくれました。季語がないと言いながら
「夕暮れの 明日の良き日の 予感する」
今回の記事にぴったりかなと♪

茶坊たがわ「-希望への轍- 未来への写真展-(自由作品)」のご案内

茶坊たがわ5月の写真展のご案内です

IMG_20160331_0001.jpg

茶坊たがわは2016年6月28日をもって閉店いたします。
長年にわたるご愛顧、本当にありがとうございました。

「そんなバナナ」
IMG_9927.jpg
「そんなバナナ」は、オーナーが購入した井本先生(➡ブログはこちら)の作品、この記事に使うようオーナーから指令がありました(笑)


茶坊たがわは、義兄と姉が第二の人生として一緒に始めたお店ですが、お店をはじめてまもなく義兄が他界しました。
(茶坊たがわの歩み➡こちら )

お店は現在の場所に移り、
スタッフの大きな力、
写真家の皆さまのお力ぞえ、
なにより、たくさんのお客様に支えられ8年をむかえることができましたこと、
この場をおかりして厚く御礼申し上げます。


このたびオーナー(姉)は、関西に住む娘夫婦が家を建てたのを機に、
娘夫婦・二人の孫との新しい人生のスタートを切ることになりました。

ファイナルまでの2回の写真展は、
茶坊たがわに関わってくださった皆さまにとっても、未来に向けた記念写真展となるようオーナーが企画しました。

5月の自由作品写真展は、「希望の轍(わだち) -未来への写真展-」
6月の風景作品写真展は、「扉の先へ -いつまでも、色あせない風景-」です


WIMG_20160331_0001 - コピー


すばらしい写真家さん達が集まってくださいました♪

ある写真家さんからは、「最後だから、いい作品だすよ!」と言っていただいています。(感謝)

どうぞ5月・6月の写真展を、ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは今年の2月、産院を退院するオーナーの娘と二人の孫たちで~す



拍手コメントありがとうございます。
非公開コメのお返事を記事内に書かせていただいています。
 6:58のKさんへ ありがとうございます(^^)/  
 8:30のMさんへ 高本さんにお伝えしますね。喜ばれます♪どなたかに、小さな告知が伝わったかと思うと、私も感激です。知らせてくださって、ありがとうございました。
11:07 のYさんへ  また遊びにいきますよ~♪
12:17のHさんへ  新しい生活への応援ありがとうございます!
15:57 のNさんへ ありがとうございます♪商用ブログなのに迷走してましたが、少しは姉の役にたてたのかなー(^_^;)
17:38のBさんへ 「タイトル」いいでしょ(^^)/ さすが、私のお姉ちゃんです♪最後はいい作品が集まりそうです♪

カフェ・セゾン 茶坊たがわ 春の特別企画「さくら写真展」から (3)


◆4/1(金)~4/30(土)春の特別企画「さくら写真展」から(3)

カフェ・セゾン(➡こちら)との共同企画の第2回
香川県内の写真愛好家48名がとらえた桜、50作品です。
↓クリックすると大きくなります
150縮小2IMG_20160309_00012
 
ブログ各回の「作品タイトル」と撮影者
(1) 「春の舞」池内るり子、「花と水の和音」石田信江、「桜花爛漫」稲田 明 ➡こちら
(2) 「競 演」稲田眞佐子、「春風に吹かれて」植村好治、「春 雨」植村和代子 ➡こちら


今月も、数作品づつ(50音順)ご紹介させていただいています
作品への映り込み、傾きはお許しくださいm(__)m

 
 ↓「妖 艶」  撮影地:綾川町  撮影者:氏家圭三
IMG_173620160409.jpg

        
 ↓「春の日」  撮影地:岡山県  撮影者: 大柿 好
2IMG_328920160409.jpg

         
 ↓「月夜見さくら」  撮影地:長野県  撮影者: 岡 岩雄
IMG_328620160409.jpg
映り込みを避けるため、斜めに撮らせていただいていますm(__)m         
       

カフェ・セゾン 茶坊たがわ春の特別企画「さくら写真展」
ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。





(私語)
昨年の氏家先生の作品「妖艶」です。
同じタイトルでも、画風がぜんぜんちがいます。
まるで、いろんな顔を持つ妖艶な女性のようです♪
(念のため、氏家先生は愛妻家です(^^)/)

↓昨年の作品もお届けします

↓「妖 艶」 撮影場所:高知県仁淀川町・秋葉しだれ桜  撮影者:氏家圭三 
IMG_9233.jpg





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは4/8の瀬戸大橋公園から
桜の季節がおわります


拍手コメントありがとうございます。
 詳しくは明日のブログで(UP)

「貴志勉作品展 -土のしごと-」のご案内♪


ご案内 

“土を焼く”こんなシンブルな行為なのに、次々と新しい課題や可能性が出てきて、泥にまみれることが楽しくもあり、今も“土を焼く行為に意味を探し続けています。2016年、今触っている土の持つ様々な表情、その可能性を持った”モノ”達です。
美術館の室内だけでなく、水の流れにも、風の中にもある姿に接して頂ければ幸いです。
                 貴志勉(➡ホームページ➡ブログ


↓クリックを2回すると大きくなります
IMG_20160409_0001.jpg
IMG_20160409_0002.jpg


貴志さんは、土がもつ魅力をとおした 世の中へのアプローチを試みておられるそうです。


ぜひ、高松市塩江美術館➡こちら)に足をお運びくださいませ。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは3月末、大串半島から
右にみえるのは五剣山です
今月の撮影も父母ケ浜の夕景どりに決定!
それまでにバッテリーの予備購入と、「多分割測光」の自習(➡こちらなど)
まだまだハードルがたかい、、、(^_^;)

「写遊会・彩 第4回写真展」のご案内♪ (付:瀬戸内国際芸術祭2016 沙弥島から)


お客様からのご案内です 

IMG_20160323_0001.jpg

氏家圭三さんは、香川県を代表する風景写真家
氏家先生が指導される「写遊会・彩」の第4回写真展です。

生徒さんもハイレベルです♪



ぜひ、ご覧くださいませ。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします

ありがとうございます
今日のバナーは「堂本印象展」を見に行った「東山魁夷せとうち美術館」から
平日なのに沢山の方が瀬戸ゲイ沙弥島エリア(➡こちら)におこしでした(^^)/

窓の左に見えるのが、Rippled Sky for Hitomaroさんの作品
「島の港を守る防波堤。ここに水を使った作品を設置し、海と島を遠景として見せ地続きとなった沙弥島が本来は「島」であった姿に気付かせる作品。島に残る柿本人麻呂の伝説(➡こちら)に基づき、静かかつ荒々しい海を作品で表現」されています。

見えませんよね~(^_^;)
では、スマホ動画で
[広告] VPS

瀬戸内国際芸術祭2016 沙弥島は春会期のみ、4月17日までです。ぜひ、どうぞ香川へ♪

神山へ -ひょうたん島クルーズ- (3)

「神山(かみやま)」
(徳島県の北東部、吉野川の南側に並行して流れる鮎喰川上流域に位置する町。)
昨年末の「神山」をテーマにした写真展が素晴らしかったからか、
「神山へのおさそい」には、特別な響きがありました~。
写真友がお世話をしているツアーに、写友3人が便乗。神山の「菜の花の里」撮りにいってきました。

(1)神山へ --桜街道-- ➡こちら
(2)神山へ --江田地区 菜の花の里-- ➡こちら


今回はその3回目
徳島市中心部を巡る「ひょうたん島クルーズ」 ➡こちらです。


ひょうたん島クルーズ

徳島市の中心部は南側を新町川、北側を助任川に囲まれた中州です。
上空からみると、その形が瓢箪のように見えることから「ひょうたん島」と呼ばれています。

両国橋の北詰から、約25分かけて、この2つの川を巡るのが「ひょうたん島クルーズ」

↓のりば(乗船料は無料ですが、保険として大人200円 こども100円)
20160403000000760329.jpg

201604030000006503291.jpg


ひょうたん島を巡る小さな船旅では、
たくさんの橋や鉄橋をくぐります。 その数は22本
一本、一本の橋が、それぞれ違った表情で迎えてくれます。

↓もうすぐ「新町橋」
20160403000000810329.jpg

↓遠くにみえる「徳島東環状線(県道29号線)」
20160403000000690329.jpg

↓18歳の時を過ごした「助任橋(すけとうばし)」
20160403000000680329.jpg

↓「かちどき橋」
20160403000000700329.jpg


↓道行く人が手をふってくれました(^^)/ (この方はすごい美人でした♪)
201604030000006703291.jpg

↓水鳥もたくさんいますよ~
20160403000000720329.jpg

↓急いで逃げています。「ごめんよ~驚かせちゃったね~」
20160403000000730329.jpg

↓橋をくぐるのも楽しい♪ 背の低い橋もありで、スリリング♪
20160403000000780329.jpg

↓あっという間に「両国橋」に戻ってきました!
20160403000000740329.jpg


風を感じながらの小さな船旅は爽快です(^^)/ 
ぜひ、どうぞ

20160403000000710329.jpg

BGMは森高千里 『渡良瀬橋』を➡こちら


(最後を〆る言葉は、この曲だけでいいのかなと削除しました。それぞれの青春を思い出していただくのがいいかなと。 森高千里さんは美人すぎるので、かえってきちんと楽曲を評価されずに損してるかもしれません。)


こうして神山への旅は終わりました。
長くお付き合いいただき ありがとうございました♪




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
今日のバナーは橋の欄干
もちろん「阿波おどり」です(^^♪


拍手コメントありがとうございます。

カフェ・セゾン 茶坊たがわ 春の特別企画「さくら写真展」から (2)


◆4/1(金)~4/30(土)春の特別企画「さくら写真展」から(2)

カフェ・セゾン(➡こちら)との共同企画の第2回
香川県内の写真愛好家48名がとらえた桜、50作品です。

↓クリックすると大きくなります
150縮小2IMG_20160309_00012
 
ブログ各回の「作品タイトル」と撮影者

(1) 「春の舞」池内るり子、「花と水の和音」石田信江、「桜花爛漫」稲田 明 ➡こちら




今月も、数作品づつ(50音順)ご紹介させていただいています
 
          
↓「競 演」  撮影地:富 山  撮影者:稲田眞佐子
20160403000000620329.jpg


↓「春風に吹かれて」  撮影地:徳島県三好市  撮影者:植村好治
20160403000000610329.jpg


↓「春 雨」  撮影地:京 都  撮影者:植村和代子
20160403000000630329.jpg
         
作品への映り込み、傾きはお許しくださいm(__)m


(私語)
先日、撮影スポット定番の大串半島に行ったときのこと。
沢山の生徒を指導されている植村好治先生が
日が沈みはじめた瞬間、少年のように声をはずませ「これからで~撮ろうで!!」と
何度も来てるはずなのに、この嬉しそうな声に小さな驚きがありました。

ベテランと言われる写真家を、一瞬で、はじめてカメラを持った少年のように変える。
それほど自然は魅力的で、その一瞬を撮る写真も魅力的なのだと思いました。



写真家を魅了した桜たち
カフェ・セゾン 茶坊たがわ春の特別企画「さくら写真展」
ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーはさぬき市多和からの帰り道に見つけた枝垂れ桜(4/5)
なにか見える(@_@)

この子でした~(笑)
20160403000000640329.jpg

「浪越英司写真展 -風と光の戯れ-」のご案内


お客様からのご案内です 

IMG_20160401_0001.jpg

IMG_20160404_0002.jpg


「浪越英司写真展 -その記憶のために」➡こちらから1年、

今回のテーマは「相引川の川面 風と光」です。

「相引川(あいびきがわ)は、香川県高松市を流れる相引川水系の二級河川。全長約5.0km。
屋島の南側を東西に流れ、両端でともに瀬戸内海に繋がっているため、河川としては特異の「河道の両端に河口を持つ河川」である。西側部分では新川、春日川、詰田川といった河川に次々と合流しながら河口に向かう形となっているが、相引川の水流自体は河口まで専用の堤防によって区切られているため、瀬戸内海までそれら河川と水流が合流することは無い。
厳密に言えば現在でも屋島はこの河川によって四国本土と切り離されていることになる(引用:ウィキペディアから)


aibikigawa.png


浪越さんは、K-lovers photographers(アートとして香川を撮り続けるフォトグラファー集団)のメンバーです。

写真展への案内ハガキが、知ることのなかった「相引川」の姿を教えてくれました。
屋島はその昔、島だったとだけは知っていても。
それを実感することはありませんでした。
江戸前期までは海であり、満潮時には海水が東西から満ち、干潮時には東西に分かれたといいます。

変わらず流れ、多くの人の暮らし・歴史を見つめ続けてきた「相引川」
写真家の記憶となった記録、その作品をみたくなりますね♪

「浪越英司写真展 -風と光の戯れ-」ぜひ、セトラ高松➡こちらでごらんくださいませ




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは昨日、4月5日のさぬき市多和の「老いた桜の木」です。満開でした(^^)/
一時。伐採が決まってからずっと撮っている木です。管理担当者の変更で伐採は免れました
↓アップでも、ごらんください
20160403000000560329.jpg

4月の和食ランチ


月曜日・火曜日の和食ランチ(25食限定)

  
卯月(うづき)のお品書きです

鰹のタタキ
揚げだし豆腐
海老の旨煮
里芋の茶巾しぼり
ブロッコリー辛子胡麻和え
桜餅
白身魚の真薯(しんじょ)お吸い物


IMG_186920160404.jpg

ドリンク(コーヒーまたは紅茶)付き 900円




↓鰹のタタキ
20160403000000510329.jpg


↓揚げだし豆腐
20160403000000520329.jpg

↓海老の旨煮
 里芋の茶巾しぼり
 ブロッコリー辛子胡麻和え
20160403000000530329.jpg

↓白身魚の真薯(しんじょ)お吸い物
20160403000000500329.jpg


タイムランチは、なくなり次第終了となりますので、ご予約いただくと幸いです。

御来店賜りますよう 心からお待ち申し上げます。




「お店とブログ」への応援クリック よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは、オーナー家の「利休梅」
オーナーが大切にしている木です。
漢字で書くと「利休梅」で千利休にちなみますが、日本に入ってきたのは、明治時代末だそうです。
花言葉は、「控えめな美しさ、気品」


拍手コメントありがとうございます。
 ん~~~ そうなんですよ~(UP)

神山へ --江田地区 菜の花の里-- (2)

「神山(かみやま)」
(徳島県の北東部、吉野川の南側に並行して流れる鮎喰川上流域に位置する町。)

昨年末の「神山」をテーマにした写真展が素晴らしかったからか、
「神山へのおさそい」には、特別な響きがありました~。
写真友がお世話をしているツアーに、写友3人が便乗。神山の「菜の花の里」撮りにいってきました。

(1)神山へ -桜街道- ➡こちら

前回から間があいてしまいましたが、今回はその2回目
「江田地区 菜の花の里」です。
(撮影日は3月28日、菜の花を楽しめるのは4月中旬までみたいです。)




山村を元気にしようと、地区をあげて 菜の花畑づくりに取り組んでいます。

20160403000000430329.jpg



高台から見下ろす2.5ヘクタールの黄色い絨毯。
20160403000000440329.jpg

IMG_152420160403.jpg

20160403000000410329.jpg


桜とのコラボも、、、「バックの整理」と自問しながら撮っていると、ちょうど雨が(涙)
20160403000000420329.jpg


20160403000000460329.jpg


↓棚田の横には、鮎喰川の流れがありました。 
20160403000000470329.jpg


ここ江田地区は鮎喰川の上流です。
鮎喰川:吉野川の一支流。剣(つるぎ)山地の川井峠(標高約740メートル)付近に源を発して東北流し、徳島市北部で吉野川に合流する。長さ49キロ。(引用:『大辞泉プラス』から)


次回は鮎喰川が合流した徳島市内の川をトロッコ船でめぐります(^^)/

学生の頃、「鮎喰行き」のバスで蔵本キャンパスに行っていました。
今回のレポではその「鮎喰川」がみれて感激 (^^)/
トロッコ船でも、思いがけない青春の記憶が蘇るレポになります♪


つづく



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
今日のバナーは、タイムリーに今日(4月3日)の亀鶴公園(さぬき市長尾名)から
満開の桜でした(^^)/




拍手コメントありがとうございます。

茶坊たがわの「さくら写真展」がはじまりました♪


◆4/1(金)~4/30(土)春の特別企画「さくら写真展」がはじまりました♪

カフェ・セゾン(➡こちら)との共同企画の第2回
香川県内の写真愛好家48名がとらえた桜、50作品です。

↓どちらもクリックすると大きくなります
150縮小2IMG_20160309_00012 

20160402000000320329.jpg
IMG_20160401_0005 - たがわ2


今月も、数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね
           

↓「春の舞」  撮影地:坂出市  撮影者:池内るり子
2016040000000380329.jpg
映り込みを避けるため、斜めに撮らせていただきましたm(__)m


↓「花と水の和音」  撮影地:三豊市  撮影者:石田信江
20160402000000370329.jpg


↓「桜花爛漫」  撮影地:長野県駒ケ根市(光前寺)  撮影者: 稲田 明
20160402000000350329.jpg



店内は、作品タイトルどおり桜花爛漫です

ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは曲がり角から
管理人の日常、電信柱の向こうには桜の山がみえます♪

今月の作品ご紹介特集はサクラの歌特集で(^^)/
第1回は、コブクロの「桜」➡こちら CMはスキップしてくださいね
♪桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまた一つ

カフェ・セゾンの「さくら写真展」へ♪   ---「而今」(にこん)---


茶坊たがわの「さくら写真展」はいきなり定休日(^_^;)
で、カフェ・セゾンの桜を見に行ってきました(^^)/

◆4/1(金)~4/30(土)
カフェ・セゾン 茶坊たがわ 春の特別合同企画「さくら写真展」
150縮小2IMG_20160309_00012

カフェ・セゾンの出品者をご紹介します

IMG_20160401_0005 - sezonn2

満開の店内です
201604010000002703292.jpg

20160401000000280329.jpg

IMG_171120160401.jpg


ちょうどお店に来られていた植村好治先生から、撮影とブログ掲載の了解をいただきました(^^)/
でも、映り込みがひどくて、お届けするのは雰囲気だけです。ごめんなさい。。
ぜひ、直に見に来てくださいね!

↓「深山の春」  撮影地:高知県仁淀川町
201604012106000000300329.jpg

仁淀川町のひょうたん桜撮影の帰り、光は深い青の時間、車の中から偶然みつけた桜だそうです。
1本だけが、スポットライトがあたったように、薄紅色にうかびあがっています。


カフェ・セゾンのブログもどうぞ➡こちら
20160402000000310329.jpg


どれも素晴らしい作品ばかりです。
ぜひ、ご覧くださいませ。

今日から、茶坊たがわでもはじまります。
どちらも、よろしくお願いいたします♪




(私語)
須田隆司さんの作品タイトルは「老 桜」

オーナー「なんて読むのかな~?」
管理人 「うばざくら?ww」
オーナー「ちがう~(笑)」

で、帰ってしらべました~

「老桜」  読み方:ろうおう 
桜の寿命は、枝垂れ桜が比較的長寿命で,樹齢5~600年、
おなじみのソメイヨシノは60年程度といわれています。
同じ桜でもずいぶんと違うものなのですね。

ふと「而今」(にこん)という言葉を思い出しました。
「今、自分にできることを全力で全うする!」という禅の教えです。
咲き誇った沢山の桜から、また生きる意味を教えてもらったような気がします。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
おおきに♪
今日のバナーは、我が家の庭の「アンズ」です。
毎日みていた朝ドラが最終回です。バナーの「ありがとうございます」は、朝ドラ風に「おおきに」にしました(^^)/


拍手コメントありがとうございます。
先生のほんと繊細で素敵な作品なのに、きちんとご紹介できずに申し訳なかったです(^_^;) わかり易い例えありがとうございましたm(__)m ちょっと残念です(笑)

今日から卯月 -カウンターも桜特集-


今日から卯月
新しい出会いの季節ですね!

◆4/1(金)~4/30(土)
カフェ・セゾン 茶坊たがわ 春の特別合同企画「さくら写真展」がはじまります

4月1日(金)からカフェ:セゾンで
 茶坊たがわは4月2日(土)からです


150縮小2IMG_20160309_00012

茶坊たがわ「さくら写真展」出展者の皆さまです。

石田信江、池内るり子、稲田明、稲田眞佐子、植村和代子、植村好治、氏家圭三、大柿好、岡岩雄、小川成子、北村修一、木野美代子、木村力、甲邊久代、高本晃、清水邦計、谷敬子、広瀬紀久子、広瀬貴美子、福家壽義、森田裕、山田恵子
(22名 敬称略)



今日、お届けするのは、いきなりカウンターコーナー(笑)
冨田則雄さま、住田正二三さま、松本省五さまの桜作品特集です

↓Photo by Tomida
20160330_13141620160330.jpg

↓Photo by Sumida&Matumoto
20160330_13143720160330.jpg
スマホ撮りで、映り込みも沢山ありますm(__)m


ご高覧を賜りますよう、お願い申し上げます。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは3/29(火)、さぬき市多和の職場前
伐採を免れた「老いた桜の樹」が2016年春、はじめて咲かせた花です♪
陽当たりのいい、この一枝だけに花をつけていました♪
前山などの「さぬき市桜開花情報」は➡こちらから


拍手コメントありがとうございます。
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Oct 05, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。