最終日 「Lady’s Photo キラメキ~女性たちの視線」


茶坊たがわ「Lady’s Photo キラメキ~女性たちの視線」は本日が最終日です。
1030IMG_20150916_0004.jpg

IMG_20151005_0001.jpg

作品は
→こちらから(1)
→こちらから(2)
→こちらから(3)
→こちらから(4)どうぞ。

今道 友信さん(日本の美学者・中世哲学研究者。東京大学名誉教授、国際形而上学会会長を歴任)が、著書の中で

『美しさ』というのは、本当は人の幸せを願う心とつながるものだと言えます。

と述べられていました。

女性たちが捉えた「美」からは、人の幸せを願う心までも伝わってくるようです。

最終日は作品入れ替えのため、15時までとなっています。
どうぞ、ご高覧くださいますよう、ご案内申しあげます。





《私語(ささやき)》
今日はハロウィンですね♪
•10月31日・・・聖者の日の前夜(Halloween)
•11月1日・・・聖者(Hallow)の日
「秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う祭り」に真言なのに、なぜか乗っかって(笑)
IMG_19452015.jpg


「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます

読書週間 -20代に読みたい名作-


読書週間(10/27~11/9)ですね!

終戦まもない1947年(昭和22)年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、11月17日から、第1回『読書週間』が開催されました。 そのときの反響はすばらしく、翌年の第2回からは期間も10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。
 そして『読書週間』は、日本の国民的行事として定着し、日本は世界有数の「本を読む国民の国」になりました。
(引用:読書推進運動協議会のHP→こちら



今、読んでいるのが
林真理子著「20代に読みたい名作」
IMG_24892015.jpg

この本に紹介されているのは全54作品。
本はよく読むほうだと思っていましたが、読んでいたのはわずか数冊だけでした。

◆ 斜陽(太宰治)
◆ されど われらが日々―(柴田翔)
◆ オリンポスの果実(田中英光)
◆ ライ麦畑でつかまえて(J・D・サリンジャー)
◆ 大地(パール・バック)

はっきりと覚えている5冊はすべて10代の時です。

10代について林真理子は「ライ麦畑でつかまえて(J・D・サリンジャー)」の中で、こう書いています。

けれども10代の頃、多くの人は不幸であった。手垢のつかない、正体のわからぬ不幸が、もやのように身体をとりまいていた。大人になるのも悲しいが、子供も悲しいというあのやるせなさ。結局生きていることは悲しい。聡明な少年や少女はそのことがわかってしまう。が、彼らがそのまま繊細な大人になるかというと、それもまた違うから不思議である。「ライ麦畑でつかまえて」に感動した何十万という少年少女も、ほとんどがタダの大人になった。これがいちばん悲しいことだ。



読んだ記憶をたどりながら林真理子の読書感想文というような本を読むと、
テレビなどにでている時の際立ったキャラと違うしっかりとした洞察力と文章に感服♪
やっぱりタダの大人ではありませんでしたね。

林真理子のお母様もまた「斜陽」のかずこに自らを重ね涙したそう。戦後、多くの日本人がそうだったように、生きるために一人で本屋をはじめられたそうです。
そんな宝石のようなエピソードがちりばめられています。

私はもう「○十代のタダの大人」になったけれど、これからお薦めの本を読んでみようかな。(笑)


おまけ?
↓赤い表紙のアルバムから。沢山本を読んでいた10代の頃、高校文化祭の英語劇にでている写真です。
IMG_24872015.jpg


ちなみに林真理子さんがお薦めの54冊はこれです♪
◆ わたしが・棄てた・女(遠藤周作)
◆ 老妓抄(岡本かの子)
◆ 放浪記(林芙美子)
◆ 鏡子の家(三島由紀夫)
◆ おはん(宇野千代)
◆ 斜陽(太宰治)
◆ 楡家の人びと(北杜夫)
◆ 氷点(三浦綾子)
◆ 愛人 ラマン(マルグリット・デュラス)
◆ 限りなく透明に近いブルー(村上龍)
◆ ノルウェイの森(村上春樹)
◆ 櫂(宮尾登美子)
◆ されど われらが日々―(柴田翔)
◆ グレート・ギャツビー(フィツジェラルド)
◆ 思い出トランプ(向田邦子)
◆ 忍ぶ川(三浦哲郎)
◆ キッチン(吉本ばなな)
◆ 蒲田行進曲(つかこうへい)
◆ 冷血(カポーティ)
◆ 太陽の季節(石原慎太郎)
◆ 愛と死(武者小路実篤)
◆ さぶ(山本周五郎)
◆ サイゴンから来た妻と娘(近藤紘一)
◆ オリンポスの果実(田中英光)
◆ 淋しいアメリカ人(桐島洋子)
◆ 火宅の人(檀一雄)
◆ 女坂(円地文子)
◆ 肉体の悪魔(ラディゲ)
◆ 散歩のとき何か食べたくなって(池波正太郎)
◆ 白州正子自伝(白州正子)
◆ 予告された殺人の記録(G・ガルシア=マルケス)
◆ 細雪(谷崎潤一郎)
◆ 嵐が丘(E・ブロンテ)
◆ かの子繚乱(瀬戸内晴美)
◆ ヴェネツィアの宿(須賀敦子)
◆ 情事(森瑤子)
◆ ジョイ・ラック・クラブ(エィミ・タン)
◆ 杏っ子(室生屑星)
◆ 欲望という名の電車(テネシー・ウィリアムズ)
◆ 火車(宮部みゆき)
◆ ライ麦畑でつかまえて(J・D・サリンジャー)
◆ 身がわり 母・有吉佐和子との日日(有吉玉青)
◆ もの食う人びと(辺見庸)
◆ 寄り添って老後(沢村貞子)
◆ 大地(パール・バック)
◆ 風の盆恋歌(高橋治)
◆ タラへの道 マーガレット・ミッチェルの生涯)
◆ 流転の王妃の昭和史(愛新覚羅浩)
◆ 恋(小池真理子)
◆ 検屍官(パトリシア・コーンウェル)
◆ マリー・アントワネット(シュテファン・ツワイク)
◆ 放課後の音符(山田詠美)
◆ 君について行こう(向井万起男)
◆ 新版ロレンス短編集(ロレンス)


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

私語(ささやき) -吉祥草(キチジョウソウ)-






吉祥草(キチジョウソウ)

会食したお店(さぬき市末 「侘助」)のお庭に見つけました。
吉事に咲く縁起のよい花なんだそうです。

花の名は、中国名を音読みしたもので、めったに花を咲かせないが、吉事があるときには花が咲くという中国の言い伝えから名づけられました。

花言葉「祝福」は、吉事に花を咲かせるといわれ、縁起がよいことからつけられています。
めったに花を咲かせないそうですが、ほとんど日の当たらない少し湿った場所が気に入ったようで、毎年ひっそりと咲いています。

(引用:弥生おばさんのガーデニングノート「花と緑の365日」


IMG_23822015.jpg


今日も、皆様によいことがありますように♪




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

日替わりランチ「おあげのジューシー肉詰め焼」


日替わりランチのご紹介 

「おあげのジューシー肉詰め焼」


おあげのジューシー肉詰め焼IMG_22162015

 ドリンク付き900円


月曜・火曜は和食メニュー。和食はちょっと苦手な方のために、水・木・土・日曜は洋食メニューとなっています。
タイムランチは、なくなり次第終了となりますので、ご予約いただくと幸いです



「我楽多市(がらくたいち)」も開催中です♪
IMG_24782015.jpg


御来店賜りますよう心からお待ち申し上げます。




↓10/27の旧多和小学校の大銀杏
IMG_24772015.jpg

ブログを訪問すると大窪寺の大銀杏の黄葉がもう綺麗だそうです。
フォトクラブ六遊会さんのブログをどうぞ→こちら
紅葉の赤と、銀杏の黄色のコラボが一瞬あるみたいです。
来週は祝日なので多和には行きませんが、再来週はさてどうかなー(@_@)


「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「我楽多市(がらくたいち)」開催中


ただいま、カウンターコーナーでは「「我楽多市(がらくたいち)」開催中です
IMG_23522015.jpg

↓この角盆は500円。
IMG_23562015.jpg

1枚目の写真のは2日で完売してしまいましたが。順次商品が追加されています!

↓箸置き 50~100円
IMG_23542015.jpg

↓後ろの足の長い台?は、お客様がすぐにお買い上げ!盆栽をおかれるそうです。 
IMG_24522015.jpg

IMG_24542015.jpg



「無料です。ご自由にお取りください。」と書かれた籠のなかにあったのが
こちらのぐい飲み
IMG_24552015.jpg

オーナー(姉)「○○○さんが描いたの。」
管理人 「え~っ!お義兄さんが描いたのは持っとかんといかんやろ~」
と叫んで、我が家に。
お宝として大事にします



早いもの勝ちですよm(__)m
掘り出し物を見つけてくださいね♪


IMG_23872015.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「2015「フォトさぬき」写真展」のご案内


お客様からのご案内です 

IMG_20151019_0002.jpg
(当ブログでは個人情報保護のため、ご案内ハガキに記載の連絡先を非公開とさせていただいています。)

ぜひ、ご覧ください




《管理人の写真日記》
友人から「花の写真とってもOKだから!」と華道展のチケットをいただきました♪
IMG_24252015.jpg

「香川県華道選抜秀作展」
各流派の代表教授者が一堂に集っています。
作品はぜひ、
会場:香川県文化会館でごらんくださいませ。
本日(26日)午後4時までです。


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

多和 産直市の「しっぽくそば」


「みんなで頑張ってつくっているので、お蕎麦の宣伝してもらえますか?」

多和の産直市でお手伝いしてる友達からです♪
そんなお話があったまま、大人気で写真撮る間もなく完売してしまっていたのですが、やっと昨日写メが届きました~

1445681074016.jpg


しっぽくそば 550円です!
手作りの蕎麦、お野菜たっぷり、黒豚を使っています。

旧多和小学校跡地利用 「産直市&どぶろく工房」
香川県さぬき市多和助光東30番地1
開催日:毎週土、日、祝(連休の場合のみ)
営業時間:9:00~16:00


駐車場も綺麗になっていますよ。
IMG_22112015.jpg


産直市の大きな写真は、asuka hazimeさんのブログでどうぞ→こちら
(Asukaさんは、天体望遠鏡博物館のお手伝いをされています♪)

↓10/20の老いた桜の樹と大銀杏
2IMG_23622015.jpg


その友達からは、校庭にある珍しい桜の情報がありました(^^)/

「御衣黄(ギョイコウ)」
花は中輪、八重咲きで緑黄色。開花期は4月下旬。
古くから知られる珍しい花色の桜です。

来年の春も「桜」、「御衣黄」と楽しみです!


この秋は、ぜひ産直市でお蕎麦を食べて、多和の味覚をお楽しみください♪
おにぎりもありま~す

大窪寺(産直市から5km)の紅葉ももうすぐですね



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

茶坊たがわ「Lady’s Photo キラメキ~女性たちの視線」から(4)


茶坊たがわ「Lady’s Photo キラメキ~女性たちの視線」から(4)
↓クリックすると大きくなります!
IMG_20150916_0004.jpg

今月も数点づつご紹介させていただきましたが、今回が最終です。(50音順)


↓「漁港の朝」 撮影者:甲邊 久代
IMG_19572015.jpg


↓「瀬戸のアスリート」  撮影者:田口 昌恵
IMG_19542015.jpg


↓「幻想」  撮影者:谷 敬子
IMG_19612015.jpg


↓「浄土」  撮影者:松尾 満里子
IMG_19602015.jpg


↓「紅葉と滝」  撮影者:山田 惠子
IMG_19592015.jpg


女性写真家といえば、笹本恒子さんを思い浮かべます。

笹本恒子氏は、日本最初の女性報道写真家。
1914年東京生まれ。アルバイトで東京日日新聞のカットを担当したことがきっかけで、「写真協会」に誘われて報道写真家となり、日独伊三国同盟の婦人祝賀会やヒトラーユーゲント来日、日米学生会議の記録など、日米開戦前夜の貴重な写真を撮影しました。戦後フリーとなり、安保闘争などの事件や岡本太郎(画家)、大宅壮一(評論家)といった著名人を取材。その後、一時現場を離れますが1985年に開催された展覧会をきっかけに再びカメラを手にし、宇野千代(小説家)や三岸節子(画家)などの明治生まれの女性を撮影しました。(東京新聞から引用改変)

著書:笹本恒子 『好奇心ガール、いま97歳』 ほか


71歳から、再度、女性写真家として復帰した報道カメラマンです。
ある番組でお話された内容では、報道写真家は、「好奇心が大事」「行動力も大切」 「何より、努力ね!」
見た目も考え方も行動も圧倒的に若く、かつチャーミングな女性です。


今回出品された写真家さんとお話しする機会がありましたが、
まさに香川の『好奇心ガール』でした♪

好奇心の視線で捉えた作品をぜひこの機会に
ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。



《おまけ》
「10/20 旧多和小学校の大銀杏」黄葉情報
IMG_23682015.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

商店街を歩いて、作品展へ


定休日はオーナーと作品展へ
久しぶりに、丸亀町、常磐街、田町と商店街をショッピングしながら歩きました♪

最初はトキワ街へ
◆10/19(月)~10/25(日)「キャノンフォトクラブ高松 第13回写真展」

IMG_20150915_0002.jpg

IMG_24052015.jpg

正面にはキャノン受賞作品が展示されています。
 藤岡恒夫 「網タイツ」 オープンクラス・ブロンズ賞
 森田裕 「スカイタウン」 マスタークラス・ゴールド賞
 森田裕 「たまげた!」 マスタークラス・ブロンズ賞

ハイレベルな作品ばかりです!
明日は複合型商業施設「瓦町FLAG(フラッグ)」のグランドオープンなので、にぎやかでしょうね(^^♪


次は田町へ
◆10/20(火)~10/25(日)「Shall We 彫刻・絵画作品展」
IMG_20150914_0001.jpg

IMG_24072015.jpg

在廊されていた作家さんから作品の撮影・公開のお許しいただきましたのでご紹介しますね(50音順)。

↓「ラフランス」鉛筆画  作者:網野 和子
IMG_24112015.jpg


↓彫刻  作者:高尾英夫
IMG_24092015.jpg


↓「街道の宿」  水彩スケッチ  作者:村井 武典
IMG_24132015.jpg


いろんなジャンルの作品が楽しめますし、一部作品の販売もしています♪


どちらの作品展も25日(日曜)までです。
ぜひ、ご覧ください。



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

こんぴらさん参拝(3)-楽しい「神馬」、美味しい「こんぴらうどん」-


琴平での同窓会の翌日、県外の友達を案内して、
いままでは行ったことのない奥社(おくのやしろ・おくしゃ)まで参拝してきました。
1368段のレポです(^^)/
こんぴらさん参拝(1)-奥社へ-: →こちら
こんぴらさん参拝(2)-高橋 由一館-: →こちら



こんぴらさん参拝(3)は、-楽しい「神馬」、美味しい「こんぴらうどん」.-

こんぴらさんの見どころは多いですが、
そのひとつが「神馬(しんめ)」です!

神馬は神様の乗り物として奉納された馬のこと。
神馬の歴史は古く、奈良時代から祈願のため神社に馬を奉納する習わしがあったそうです。

↓『トウカイ・スタント号』 23歳(人間だと92歳)
IMG_22712015.jpg


↓『月琴号』 平成17年4月21日、北海道帯広産まれ
IMG_22722015.jpg


優しい顔をずっと見ていたかったのですが、ふりむくと誰もいなくなったので、焦って再び階段に(笑)

こんぴらさんのお参りを終えて向かったのが
「こんぴらうどん工場併設店」
前回のお話しにでてきた高橋由一館の学芸員さんに「うどんの美味しいお店は?」と聞くと、教えてくださったお店です♪

IMG_23462015.jpg

↓かけうどん 170円!
IMG_23482015.jpg

安くて、美味しい、これぞ「さぬきうどん」です(^^)/
裏参道を降りてすぐですよ。表参道からでも歩いて5分かな。。

今回のお話しにでた場所は↓をクリックしてごらんください。
7IMG_20151018_0001.jpg


今回は行けませんでしたが、こんぴらさんは、書院には円山応挙の障壁画がありますし、
現存する日本最古の芝居 小屋「金丸座」もあります。

みどころ満載のこんぴらさんにぜひ遊びに来てくださいね。



↓「琴平駅」 洋風建築の歴史ある駅舎で、2012年、国の登録有形文化財に登録されています。
IMG_23502015.jpg



3日にわたりお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m
おわり




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

こんぴらさん参拝(2)-高橋由一館-


琴平での同窓会の翌日、県外の友達を案内して、
いままでは行ったことのない奥社(おくのやしろ・おくしゃ)まで参拝してきました。
1368段のレポです(^^)/
こんぴらさん参拝(1)-奥社へ-: →こちら


こんぴらさん参拝(2)は、「高橋 由一館」

帰り道、日本で最初の「洋画家」といわれる「高橋 由一」の常設展へ行ってきました

IMG_23412015.jpg


↓場所はここ!クリックしたら大きくなります。
2IMG_20151018_0001.jpg

高橋 由一(たかはし ゆいち、文政11年2月5日(1828年3月20日) - 明治27年(1894年)7月6日)は江戸生まれの日本の洋画家。幼名は猪之助、のち佁之介。名は浩、字は剛。明治維新後に由一を名乗る。
近世にも洋画や洋風画を試みた日本人画家は数多くいたが、由一は本格的な油絵技法を習得し江戸後末期から明治中頃まで活躍した、日本で最初の「洋画家」といわれる。(ウィキペディアから)

由一は明治のはじめ、油絵に馴染みのない一般の人々のために、日常のありふれた生活用品・道具を描いて油絵の普及を図り、特に静止画は、由一によって画題として日本にも定着した。



IMG_20151020_0001.jpg

教科書に必ず載っている『鮭』の絵の作者だと言った方がわかりやすいかもしれませんね。

作者の死後、60年を経て著作権は消失しているので購入したハガキの数枚をご紹介。

↓「海魚図」 1879年 43.9×59cm 油彩
IMG_20151020_0003.jpg

↓「琴平山遠望」 1881年 59×139.5cm 油彩
IMG_20151020_0002.jpg
学芸員さんから、この絵は『雲を描きたかったそうです』とお聞きしました。


由一の風景画には、前景に植物をいれ、現在の風景写真の定番構図となっているものもありました。
トワイライトの色彩とか、写真との結びつきを感じて調べると、

由一は絵を描く際に、文字通り『写真』を素材にしていたことが知られている。由一は明治5年(1872年)に行われた、町田正成(初代帝国博物館館長)を長とする明治政府による正倉院調査(壬申検査)に同行している。この調査には明治で最初の写真家である横山松三郎も同行した。由一の仕事は古物をスケッチすることと、モノクロだった当時の写真に彩色することだった。

しかしヨーロッパで写真が普及してきた時のように、由一が写真を敵視した気配はない。日本では油絵も写真も同時期に移入された新しい物だったからでは必ずしもない。由一は油絵も写真も事物の真の姿を捉えることができるが、絵の方がより事物の本質に肉薄できると考えていた。

引用:「2010 総合文学ウェブ情報誌 文学金魚」→こちら




筆の大胆な運び、繊細な運び
本場の西洋画を知らずに写実に挑んだ男が生み出した油絵

高橋由一館の作品は、明治12年に由一が油絵普及のための資金援助を依頼したとき、琴陵宥常宮司さんが購入したもので、27点全ての作品を常設展示しています。
琴平にお越しの節は、明治という時代を生きた由一の作品もお楽しみください。

↓萩、裏参道にて
IMG_23432015.jpg

つづく



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「高松市民美術展」のご案内


ご案内 
IMG_20151005_0002.jpg

IMG_20151005_0003.jpg

今年は、高松市美術館が改修工事により休館中(来年3月までの予定)のため、
会場が県文化会館になっています。
また、会場が狭いため前期・後期にわかれています。


ぜひ、ご覧ください。


私語:
管理人が通っている日本画教室の方達も出品されます。
管理人はいままで小品しか描いておらず、この美術展は基本10号からです。
「今回は会場が狭いので6号でもいいから頑張ったら、間に合うよ!」と檄がとんだのですが、間に合いそうもないので、また来年
(^_^;)

で、講師の須和先生の日展入賞のお祝い会で、先生からいただいた「ぬりえ」に色を塗ってみました。↓

IMG_20151019_0003.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

こんぴらさん参拝(1)-奥社へ-


琴平での同窓会の翌日、県外の友達を案内して、
いままでは行ったことのない奥社(おくのやしろ・おくしゃ)まで参拝してきました。
1368段のレポです(^^)/

金刀比羅宮(ことひらぐう)は、香川県仲多度郡琴平町の象頭山中腹に鎮座する神社。こんぴらさんと呼ばれて親しまれており、金毘羅宮、まれに琴平宮とも書かれる。明治維新の神仏分離・廃仏毀釈が実施される以前は真言宗の象頭山松尾寺金光院であり、神仏習合で象頭山金毘羅大権現と呼ばれた。
全国の金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮でもある。



↓参拝MAP! クリックすると大きくなります。
IMG_20151018_0001.jpg

↓表参道から
IMG_22492015.jpg

↓特別に宮域での商いを許された五人百姓。べっこう飴を売っています。
IMG_22632015.jpg

↓旭社 629段
IMG_22782015.jpg

↓あと少し!御本宮まで133段 「登って幸せ。福が来る!」
IMG_22812015.jpg

↓御本宮 785段。 参拝は「二拝二拍手一拝」です♪
IMG_22832015.jpg

↓御本宮からの風景。左方向に見えるのが飯野山(讃岐富士)です。
いつもなら、ここで終わりですが、今回は違います!さらに奥社へ
IMG_22862015.jpg

↓奥社への入口
IMG_22952015.jpg

↓奥社 1368段 正式な名称は「厳魂神社(いづたまじんじゃ)」です。金刀比羅本教の教祖である厳魂彦命が祭られています。
IMG_23222015.jpg

↓奥社の断崖にある彫り物「右が天狗、左が烏天狗」
IMG_23292015.jpg

本宮から奥社まで583段ありますが、わりと緩やかな道ですので、機会がありましたらぜひどうぞ。
日曜なので、思ったよりたくさんの方、外国の方、野鳥の会の方などにお会いしました。
IMG_23212015.jpg


帰りは裏参道から 
お借りした杖のパワーで楽に歩けました♪(スキップも時々(笑))

こんぴらさんについてもっと知りたい方は「金刀比羅宮のホームページ」で→こちらから

つづく



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「ハーモニカ・コンサート」のご案内


ご案内 

ハーモニカ2

(当ブログでは個人情報保護のため、ご案内ハガキに記載の連絡先を非公開とさせていただいています。)


今回はお客様からのご案内ではありません(笑)
NPOで一緒に働いてる方の奥様からです。
困った顔してチラシを出されたので、協力させていただきます(^^)/


お近くの方はぜひ、聴いてくださいね♪



↓このハーモニカは先日、管理人の家で断捨離に失敗して再び納戸にしまったハーモニカです。
  娘からは「捨てて!」と念をおされています(笑)
  思い出の断捨離は難しいですね。。
IMG_22332015.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

私語(ささやき)...「教養」と「教育」...


私語(ささやき)

友達のドクターが
『シニアに必要なのは 「きょうよう」と「きょういく」よ!』

今日、用がある
今日、行くところがある

カメラを持つと、いつも行くところがあります(笑)
写真はからだにいいらしい♪

春夏秋冬を教えてくれる
花たちも待ってくれています♪


↓庭の金木犀
IMG_22012015.jpg

さっそくですが、本日、管理人は用があります(笑)
宿泊の同窓会(於:こんぴらさん)です!
2日間はコメント欄を閉じていきますので、よろしくお願いいたします。


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

茶坊たがわ「Lady’s Photo キラメキ~女性たちの視線」から(3)


茶坊たがわ「Lady’s Photo キラメキ~女性たちの視線」から(3)
↓クリックすると大きくなります!
IMG_20150916_0004.jpg

今月も数点づつご紹介させていただきます。(50音順)


↓「Best smile」 撮影者:神納 美代子
IMG_19512015.jpg


↓「夏の恋」  撮影者:木野 美代子
IMG_19622015.jpg


↓「雲の上」  撮影者:桑名 邦子
IMG_19582015.jpg


↓「もみじ」   撮影者:監崎 道子
IMG_19662015.jpg
(作品への映り込み、傾きはお許しください。)


なんとも愛らしいタイトルがならんでいますね

ぜひ、ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

昔、懐かしい「布ぞうり」


IMG_19702015.jpg

少し前にもお知らせしましたが、
10月は”布ぞうりを楽しむ会”の
「布ぞうり展」を開催しています!

ふっくらとしたやさしい履き心地の「布ぞうり」です。
IMG_19712015.jpg

IMG_19742015.jpg

IMG_19732015.jpg

でもごめんなさいね、これは販売しておりませんm(__)m
売れないそうなんですよ。

でも欲しいという方のために「布ぞうりの作り方」のサイトを見つけました~♪ →こちら

布ぞうりを手にとると、お母さんのようなあたたかさが伝わってきますね♪

写真展「Lady’s Photo」とともにお楽しみくださいませ。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「さぬき市民写真サークル 第14回作品展」 のご案内  (付:多和の大銀杏)


お客様からのご案内です 

IMG_20151010_0001.jpg

ぜひ、ご覧くださいませ。




《管理人の写真日記》
今日の日記はもちろんこれです(笑)
「旧多和小学校の大銀杏(おおいちょう)情報2015 10/13」

いつのまにか銀杏の前には駐車場のラインがひかれておりました!
IMG_22112015.jpg

IMG_00922015.jpg

IMG_22072015.jpg

もう少しです



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

白羽獅子が来ました~♪

10月11日、白羽神社の秋祭り
お店に獅子舞が来てくれました~♪
幸せを招くと共に厄病退治や悪魔払いの獅子舞です!
IMG_21592015.jpg

日本での獅子舞の始まりは、16世紀初め、伊勢の国で飢饉〔ききん〕、疫病を追い払うために獅子頭を作り、正月に獅子舞を舞わせたのが始まりといわれています。その後、17世紀に伊勢より江戸へ上り、悪魔を払い、世を祝う縁起ものとして江戸に定着し、祝い事や祭り事で獅子舞いが行われるようになりました。獅子舞が日本の各地に急速に広まったのは、室町時代から江戸時代の初期のころに、「江戸大神楽師〔えどだいかぐらし〕」、「伊勢大神楽師〔いせだいかぐらし〕」と呼ばれる団体が全国を獅子舞を踊りながらまわり、悪魔払いをしたのがきっかけであると言われています。
引用:http://iroha-japan.net/iroha/C03_show/07_shishimai.html



今日の記事は長いですが、
オーナーの「沢山の方にみてほしい」との依頼をうけ、沢山撮ってきましたので、
ご一緒にお楽しみくださいね。

↓お父さんの前で始まりました~
 偶然いらっしゃった写真の先生も狙っています♪
 代表の方から、写真は快くOKいただきました!ありがとございますm(__)m
IMG_21392015.jpg

↓おでこの棒は?
IMG_21702015.jpg

↓こんな風に使って舞います
IMG_21722015.jpg

↓やる気がないわけではありません。演技です
IMG_21682015.jpg

↓ねっ、決まりました~
IMG_21652015.jpg

↓次第にステップも軽く舞っていますよ~
IMG_21572015.jpg

↓支えるのは鐘や♪♪♪
IMG_21482015.jpg

↓太鼓!!!
IMG_21452015.jpg

↓盛り上げる組みの若衆♪
IMG_21732015.jpg

↓お店の中でも舞って「厄払い」♪
IMG_21872015.jpg

↓獅子をアップで
IMG_21772015.jpg

↓終わると中から、獅子からこんな爽やか系男子がでてきてVサイン(^^♪
IMG_21792015.jpg

↓さきにお店に来られていた「牟礼濱」と、法被のコラボ。粋ですね~
IMG_21822015.jpg


にぎやかに「白羽神社の獅子舞」が終わりました~


記事をみていただいた皆さまにとっても
「幸せを招き、厄病退治、悪魔払い」の獅子舞となりますように♪



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

拍手コメントありがとうございますm(__)m

「柏原宏写真展」のご案内


ご案内 

IMG_20150922_0001.jpg

今回の作品展は前期「三嶺」、後期「蒜山」の2部構成です。

遠くの方のために
三嶺(みうね/さんれい)は、高知県と徳島県にまたがる山。標高1,894メートルで、高知県の最高峰です。
蒜山(ひるぜん)は、岡山県真庭市北部と鳥取県倉吉市南部に跨って位置する火山です。

下の《管理人の自習室》に書きましたが、柏原さんは「引き出し」をたくさん持ってらっしゃる写真家さんなんでしょうね♪


カフェ・セゾンのブログは、↓のバナーをクリック!



ぜひ、ご覧ください




《管理人の自習室》

何となく撮るから抜けだそう

なんとなくシャッターを切っている。広い風景ばかり見ている。あるいは写真はドラマチックでなければという思いが強すぎて、そのような場面ばかりを追い求めるあまり視野が狭くなって「いないでしょうか?

ポイントはあまり難しく考えないこと。モノの見方の引き出しを増やすことです。ヒントになる言葉が「具体性」。つまり、具体的に”ここを見よう”ということがわかっていれば、視点が定まり、撮るものもハッキリしてきます。
(フォトコン編集部から)


管理人はお店にはでていませんが、サービス業です。
管理人の仕事のポリシーもまた引き出しをふやすこと。

先日テレビで、笑福亭鶴瓶さんも『どんな弾が飛んできてもいけるように、しこんどく』と言われてました。

写真はその人そのものだというのもわかるような気がします。
よく学び、よく遊び、モノの見方の引き出しを増やすのが大事なんですね♪
IMG_17142015.jpg
IMG_00302015.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

茶坊たがわ「Lady’s Photo キラメキ~女性たちの視線」から(2)


茶坊たがわ「Lady’s Photo キラメキ~女性たちの視線」から(2)
↓クリックすると大きくなります!
IMG_20150916_0004.jpg

今月も数点づつご紹介させていただきます。(50音順)


↓「晴れの舞台へ」 撮影者:大柿 好
IMG_19532015.jpg


↓「華」  撮影者:小川 成子
IMG_19642015.jpg


↓「静寂」  撮影者:越智 和子
IMG_19672015.jpg


↓「祈りの護摩供養」   撮影者:亀山 洋子
IMG_19522015.jpg
(作品への映り込み、傾きはお許しください。)


昔なつかしい、「布ぞうり展」 同時開催中です。
IMG_19702015.jpg


ぜひ、ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。




《管理人の写真日記》
今日は志度の秋祭り、写真は撮って・・・ません💦
で、ご祝儀をお渡しするといただく名刺を。都会の方には珍しいかもしれませんね!
15-10-10-20-32-44-486_deco.jpg

今日(10月11日)は10時ころに、白羽神社の獅子舞がお店にきます。
駐車場で舞ってくれます♪
何とか撮りたいと思います♪
失敗を恐れて、オートで撮ろうかな~💦💦💦



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

旧多和小学校の大銀杏(おおいちょう)情報2015

去年、写真家さんから
「多和小学校の大銀杏(おおいちょう)が黄葉したら教えて!」

そんな立派な銀杏の木あったかな~と工事現場に行った時は、こんなでした(^_^;)
IMG_6848.jpg

旧多和小学校の情報はカメラのメガネのカワイさんで →こちら と →こちら


「今年の黄葉はまだかまだか」と待ってらっしゃる写真家さんのために、黄葉まで毎週レポートしますね(笑)

↓2015年10月6日の大銀杏です!
IMG_20372015.jpg

すっかり工事も終わり、運動場も舗装されています。
IMG_20392015.jpg

週末はここで、産直市場が開かれていますよ。
↓この日は閉店なので、外から覗いてみました~
IMG_20352015.jpg

すべて地区の方の手づくりです。ここに出せる条件が、「手づくり」だそうです。
なんとなくホノボノしていますね(^^)/
「産直市」では、農産物販売・どぶろく販売があります。
天体望遠鏡博物館は来年です♪

以上多和からのレポートでした。
銀杏の葉の、緑から黄色への変化は
葉の外側からはじまり、次第に葉全体へと広がります。
色の変化が起きている途中の葉は緑と黄色のグラデーションがとても綺麗だそうです。
楽しみですね♪

また来週(^^)/
IMG_20442015.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

拍手コメントありがとうございますm(__)m

「植村好治写真展」のご案内(再掲)、&「2015 フォト古高松 写真展」へ


お客様からのご案内です 

DMをいただいたので、再度ご案内いたします。
(使用されているインクは特別に取り寄せているため、遅れていました。)

IMG_20151008_0001.jpg

ぜひ、ご覧くださいませ。



《管理人の写真日記》
定休日、オーナーと
◆10/1(木)~10/12(月)「2015 フォト古高松 写真展」
撮影は会場外からの遠景だけOK!「ブログで宣伝してね」と(^^)/
知り合いの写真家さんにお会いできなかったので、遠くからの雰囲気だけです。
作品は「水」をテーマにした作品と自由作品です。
レベルの高い作品ばかりでしたよ。ぜひご覧ください。

IMG_20542015.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

茶坊たがわ11月の写真展 「カメラ女子展」のご案内


茶坊たがわ11月の写真展のご案内

2IMG_20302015.jpg



オーナーが新しい風を吹かせたいと企画した「カメラ女子展」

ほとんどカメラ初心者
カメラもそれぞれ
でも娘がみせてくれたInstagram(インスタグラム:写真を撮影・加工・シェアできる、写真特化型SNS サービス)をのぞくと結構面白いのです(^^)/

オーナーからのメッセージは「芽を摘まないでくださいね!」と(笑)

どうぞ、ご高覧賜りますよう、ご案内申しあげます。





《管理人の写真日記》
なぜか写真展デビューは娘に簡単に抜かれてしまいました。
親馬鹿ですが、娘達はがんばってますのでよろしくお願いいたしますm(__)m


↓9/30ドレスショップにて。 スマホの写真アプリでペーパーフィルターを使用
15-10-07-16-48-56-444_deco.jpg



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

怪しい道案内(^_^;)


なぜか多和での仕事帰りにコスモスを撮っていると、お遍路さんから話しかけられます(@_@)

IMG_19052015.jpg


去年はこの記事(→こちら)の《管理人の写真日記》

今年もコスモスを撮ってると
    「大窪寺にいきたい」という声が

で、 「私はここの人間でないので、よくはわかりません。できれば別の方に聞いて…」というと、
次の言葉が
お遍路さん 「日本語わかりません」
管理人    「・・・・ 」(声がでず)

お遍路さんが、いきなり地図(「へんろ道マップ」→こちら)をだして
         「Where am I?」

地図を見ると、歩き遍路さんがよく歩いてる道でなく、バスが通る道で歩いてる。
あやしい発音で
管理人   「here」と地図を差し
        「Go straight!」と手振りで
        「(地図の)この信号、Left!」
いったい、なに語だ~(笑)

なんとなくわかったみたいで、まっすぐに歩き始めました。
信号まで約1km
その信号近くの多和小学校から大窪寺までは4.8km 
普通に歩いて1時間25分くらいらしい。
(参考) 「結願への道、いやしのへんろ道」から →こちら

慌ててどこの国の方かも聞かなかったけれど、若い綺麗な女性でした。
とても心配でしたが、お遍路さんは歩くことが修行なので、車に乗ることをすすめても乗りません。
祈りながら見送りました。
確かな足取りでしたから、きっと無事についたことでしょう。


IMG_19082015.jpg


今後のために左に曲がるは
「turn left」
(例)Turn left on Showa street.(昭和通りを左へ曲がってください)



Have a nice trip!


IMG_19062015.jpg

↓帰り道べつの場所で
IMG_20452015.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

10月の和食ランチ


月曜日・火曜日の和食ランチ(25食限定)
  
神無月(かんなづき)のお品書きです

菊寿司
卵の揚げ物
赤魚の西京焼き
小松菜のお浸し
しめじの胡麻和え
果物
白身魚の真薯(しんじょ)お吸い物


IMG_20222015.jpg

ドリンク(コーヒーまたは紅茶)付き 900円



↓菊寿司
IMG_20252015.jpg

↓卵の揚げ物
IMG_20272015.jpg

↓赤魚の西京焼き 小松菜のお浸し
IMG_20282015.jpg

↓しめじの胡麻和え 果物
IMG_20292015.jpg

↓白身魚の真薯(しんじょ)お吸い物
IMG_20262015.jpg


タイムランチは、なくなり次第終了となりますので、ご予約いただくと幸いです。
IMG_20192015.jpg


御来店賜りますよう心からお待ち申し上げます。




《管理人の写真日記》
秋海棠の花の形は不思議ですね。
「雌雄異花」なんだそう。
いつも咲き初めに撮っていたのが雄花としりました。
IMG_16812015.jpg

あとで咲いてくる、これが雌花
IMG_20142015.jpg

秋海棠の花言葉は、ハート形の葉が左右不象になってることから「片思い」
愛らしい姿をみていると、その恋は実るような気がしてきます(笑)


「お店とブログ」への応援クリック よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

カフェ・セゾン「第2回 風景写真展」へ


定休日はオーナーと作品展めぐり
◆10/1(木)~10/30(金)「植村好治写真展 -風光四国路-」
◆10/2(金)~11/3(火)「妹背裕(漆)・貴志勉(陶) 二人展」をみて、次なる行き先は、


◆10/1(木)~10月31日(土) カフェ・セゾン「第2回 風景写真展」
IMG_20150915_0003.jpg

「第2回 風景写真展」はまだ2回目となっていますが、カフェ・セゾンの記念作品展です。
従来の記念作品展であった「一期一会展」を、風景写真だけのジャンルで企画されています。
2IMG_20022015.jpg


出品者はそうそうたるメンバー
どなたかが「県展は卒業された方ばかり」とおっしゃっていましたが、そんな凄い出品者ばかりです♪
先日お店に来られたブロ友さん(→こちら)にも「ぜひセゾンの写真みて!」とお薦めしました(笑)

IMG_20052015.jpg

天気のいい日は映り込みも半端なく(^_^;)
映り込みがない絹目用紙にプリントされた2作品をご紹介させていただきます。

↓「夕やけこやけで」  撮影地:まんのう町  撮影者:住田正二三
IMG_20032015.jpg

↓「秋の朝」  撮影地:高松市  撮影者:浪越英司
IMG_20042015.jpg


作品の風に揺らぐ葉をみながら
先日の記事の中でも引用させていただいた写真家 石橋睦美さんの言葉を反芻していました。

「考え、知って、表現すると写真が違ってくる。」
森の珍しい幹のカラマツを撮るとき、
その幹が冬の北風が吹きつけるため地面にはいつくばって生きていることを知る
それでも冬の間に枯れてくるのもある
樹が必死になって生きていることを知る
樹の生きざま、すさまじさを知る
知って映像化することで、自然のすさまじさを表現できる


 
松本省五さんの素敵な写真は、カフェ・セゾンのブログでごらんください♪
↓のバナーをクリック!



ぜひカフェ・セゾン「第2回 風景写真展」に足をお運びください♪



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「妹背裕(漆)・貴志勉(陶) 二人展」へ


定休日はオーナーと作品展めぐり
「植村好治写真展 -風光四国路-」をみて、次なる行き先は、


◆10/2(金)~11/3(火)「妹背裕(漆)・貴志勉(陶) 二人展」
「讃岐漆芸美術館」です!
IMG_20150916_0001.jpg

(新しい施設なので、古いナビだと「タカソ会館」でどうぞ。すぐお隣です。)
2IMG_20150916_0002.jpg

妹背裕さん情報→こちら
貴志勉さん情報→こちら


ちょうど貴志さんが帰られたばかりだとかで、女店主さんが説明してくださいました。
写真もOKですと(^^)/
IMG_19872015.jpg


↓盛り上がった妹背裕さんのオブジェ
 店主「吹き抜けの天井の部屋などにいいでしょう~」 →しーん💦
IMG_19902015.jpg

↓肌感をごらんください
2IMG_19912015.jpg

IMG_19962015.jpg

↓漆と陶のコラボ、右のほうにあるお茶碗?(小鉢?)は振ると音がでました♪
IMG_19922015.jpg

↓このお皿は私へのご褒美に。1枚3000円、日常使いができますよ♪
IMG_19882015.jpg

↓この急須はオーナーが自分へのご褒美に(笑) 4500円
IMG_20002015.jpg

IMG_19972015.jpg

↓番外で盛り上がったのがこちらの扉の飾り
「木彫漆芸の巨匠 篠原如雪」さんの作品を埋め込んでいます。 
如雪さんの作品を持っているオーナーと店主の話が弾みました~
納戸で眠らせるより、こうして毎日見れるのがいいですね。
IMG_19992015.jpg


↓芳名帳は音楽のノート(笑)
2IMG_19942015.jpg


妹背さんの別の楽しいオブジェはおしゃべりしすぎて写真を忘れています(^_^;)
貴志さんの作品が大阪のデパートで展示されていた時は高かったとお聞きしていたので、手の届くお値段が嬉しかったです。

ぜひ漆芸美術館 「妹背裕(漆)・貴志勉(陶) 二人展」に足をお運びください♪



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

堀勉さんのステンドグラス

お客様からのご案内です 

IMG_20151015_0003.jpg

ぜひ、ご覧くださいませ。

堀さんのお店ビークラブ (BECLUB)は→こちらに詳しく♪



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「植村好治写真展 -風光四国路-」へ

定休日はオーナーと作品展めぐり
中身の濃い一日でしたので、作品展ごとのご紹介を

はじめは
◆10/1(木)~10/30(金)「植村好治写真展 -風光四国路-」

IMG_20151008_0001.jpg


先日、作品搬入のお手伝いをしたTさんから、
 「先生からブログ掲載のOKいただきました。
 みんなに見てほしいなぁ~
  17点全部が教科書です。」と
 


↓「幽玄の刻」 撮影場所:高知県四国カルスト
IMG_19822015.jpg

ドアを開けるとすぐ、この作品がお出迎えしてくれます。

対象と丁寧に向き合ってこその作品なのだと、また教えていただきました。
つづきは会場でごらんくださいませ。


素敵な作品とスイーツでまったり(^^)/
IMG_19792015.jpg
IMG_19862015.jpg


今日の記事はTさんの感動とともにお届けしました~♪
次の会場は上福岡町「漆芸美術館」


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Feb 01, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
「第五回  姫路城 現代美術ビエンナーレ2016展」のご案内 Jun 19, 2016
「稲毛清和写真展-瀬戸の夕景とインドネシア皆既日食」と「KENの会 写真展」へ Jun 18, 2016
「第6回 写団 瀬戸 写真展」のご案内 Jun 17, 2016
日替わりランチ 「キャベツたっぷりロールカツ」 Jun 16, 2016
DMでたどる、「茶坊たがわ写真展」7年間の軌跡 Jun 15, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。