9月写真展の最終日です!


茶坊たがわ「写友“風” 第8回写真展」も本日が最終日です。

↓クリックすると大きくなります!
IMG_20150810_0002.jpg


プロ、アマチュアのカメラマン5名からなる写友”風”
風景写真を中心にした作品16点。
最終のご紹介です。


↓「上石の不動桜」 撮影場所:福島県 撮影者:鈴木嗣生
IMG_16172015.jpg


↓「瓶ヶ森 遠望」 撮影場所:愛媛県久万高原町  撮影者:松尾 義和
IMG_16292015.jpg


↓「星降る海」 撮影場所:和歌山県橋杭岩  撮影者:渡辺准一
IMG_16302015.jpg
(作品への映り込み、傾きはお許しください。)

↓児島吉計さんの作品「五剣山と光跡」は映り込みがひどくてお届けできませんでした。
  ごめんなさいm(__)m
IMG_16312015.jpg

今回の作品リストです♪
IMG_20150929_0001.jpg

最終日は作品入れ替えのため、15時までです。
どうぞ、直にご高覧くださいますよう、ご案内申しあげます。




「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます

「第11回SIC写真展」のご案内 (付:9/28のスーパームーン)


お客様からのご案内です 

IMG_20150922_0002.jpg

“SIC”は《さぬき・インターネット・クラブ》
21世紀の地域情報化の構築に躍進する、さぬき市長尾のパソコン愛好家のクラブ、
11回目の写真展です。

ぜひ、ご覧くださいませ。



《秋のプレゼント》
芸術の秋、10月は作品展ラッシュですね。
どこから行けばいいのか、わからなくなったあなたのために(笑)
10月の作品展カレンダーを作ってみました~

↓クリックで、大きくしてごらんください。
2015年10月の作品展

お気に入りの作品展、どうぞお見逃しがありませんように(^^)/


9/28スーパームーンです♪
IMG_00672015.jpg

こちらは一瞬で見逃しました~
山かげをいれようとシャッター速度を変えてるうちに雲の中へ(汗)
IMG_00712015.jpg

22時懲りずに庭で♪
今夜の月は、届かぬ美しい人のようです。
そういえば福山君が結婚しましたね~ファンというほどでもないのにひどくショックです(涙)
IMG_00842015.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「植村好治写真展」のご案内

ご案内

IMG_20151008_0001.jpg


植村好治先生はNHK文化センター高松、さぬき市写真サークル、
昨日お知らせしたキャノンフォトクラブ高松の指導講師等を歴任されています。
↓クリックすると大きくなります
IMG_20150915_0002.jpg

今回の作品展は旧作の選りすぐりと新作、17点です。
お知らせは口コミなので、ぜひお友達にもお伝えしてくださいね。




《管理人の写真日記》
管理人も昨年末からNHK文化センター高松写真教室の土曜組です。
この教室は毎月1回の撮影実習と、講評・講義があります。
目の治療のため休み、9/26は3ケ月ぶりの撮影実習。

実習地は「女木島」
11時45分発の船にのって
↓この赤い小さな船です(展望台から撮影) 乗船料金:往復740円
IMG_99772015.jpg

↓着くと、錆だらけの島内バスで洞窟入口へ。
 細い島の道を快適に走ります。
 ほんとですよ、すごいスピード!身体が揺れるので必死で座席をつかんでいました(^^)v
IMG_18452015.jpg

↓17時20分の船で帰路に
IMG_18932015.jpg


はい、いきなり終わりです(笑)
撮った写真は別の機会に。
先生から折々に撮影ポイントをお聞きしながら、楽しい撮影がおわりました。


「植村好治先生のNHK文化センター高松写真教室」
金曜教室は➡こちら
土曜教室は➡こちら



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「御堂筋 オータムギャラリー2015」のご案内

ご案内 

「御堂筋 オータムギャラリー2015」

アート & オープンカフェライブ in  Butter Grand 淀屋橋/ River:Ve
9月24日(木)~10月17日(土)

御堂筋の人気店2店にてアート鑑賞とミニライブをお楽しみください。
会場:OMEビル1F「Butter Grand 淀屋橋」・御堂筋MTRビル1F「River:Ve」

<アート展示>
Butter Grand 淀屋橋 出展者:水嶋康宣 (出品作品は→こちらから
River:Ve 出展者:石田尚貴、志村高弘、山﨑 良


 「展示会場のご案内」
  「ButterGRAND淀屋橋」

  〒541-0045 大阪市中央区道修町3-5-11 OMEビル1F
  電話 06-6226-4411(※)
   営業時間 月~金 11:00~23:00(L.O.22:30)
       土 8:00~23:00(L.O.22:30)
       日・祝 8:00~21:00(L.O.20:30)
       モーニング 土・日・祝 8:00~11:00
       ランチ 月~金 11:00~15:00 ※土・日・祝を除く
  定休日 無休
  ◆地下鉄御堂筋線淀屋橋駅(11番出口) 徒歩2分
  ◆京阪本線淀屋橋駅 徒歩3分
  地図は→こちら

 「River:Ve」
  詳しくは→こちら


<ミニライブ>
主な出演者:
中尾真美 ensemble (トランペット)、
八巻志帆 ensemble (バスクラリネット)、
泉 貴子(二胡)、宮田 侑(チェロ) 他


 出演者情報は→こちらから

引用:http://www.midosuji.biz/gallery/event2015_autumn.html


↓をクリック「御堂筋 AUTUMN GALLERY 2015のパンフレット」




お近くにお寄りの節は、ぜひご覧になってくださいね♪

↓2015/5/20大阪にて
IMG_01332015.jpg

 

「キャノンフォトクラブ高松 第13回写真展」のご案内


お客さまからのご案内です

IMG_20150915_0002.jpg


キャノンフォトクラブ高松は2002年に創立。
指導講師は、植村好治先生です。

「キャノンフォトクラブ高松」からのメッセージ→こちらから 新規会員を募集中!


写真家 石橋睦美さんが
「作者が何を考え、知って、表現すると写真が違ってくる。」と語っておられました。

森の珍しい幹のカラマツを撮るとき、
『珍しい幹があるなー、撮っとこかーじゃダメ』
その幹が冬の北風が吹きつけるため地面にはいつくばって生きていることを知る
それでも冬の間に枯れてくるのもある
樹が必死になって生きていることを知る
樹の生きざま、すさまじさを知る
知って映像化することで、自然のすさまじさを表現できる


この作品展はきっとそんな作品ばかりです。
ぜひ、ご覧くださいね。



↓会場となっている「トキワ一丁目ギャラリー」 2013/11/23
IMG_1907.jpg



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

幻の「パウル・クレー展」


9月24日は高松市美術協会の小旅行に初めて参加
(高松市美術協会:23所属団体、絵画教室などに通う生徒からなります。)

行先は
兵庫県立美術館 →こちら 「パウル・クレー展」

神戸市立博物館→こちら 「大英博物館展」
↓クリックすると大きくなります。
IMG_20150925_0003.jpg


パウル・クレーの色彩に出会えるかと、ワクワクしていると、
バスの中、出発前の代表のあいさつは

「パウル・クレー展は休館日でしたので、香雪美術館に変更します。」



ガーン!!!

昨年は70名の参加だったのが、今年100名にも増えた参加者一同、
唖然とするしかありませんでした(涙)

みなさん紳士・淑女ですね、
何もいわず「香雪美術館」へ(^_^;) →こちら


朝日新聞社の創業者・村山龍平が蒐集した日本、東洋の古美術コレクションなどを収藏する美術館です。
IMG_17292015.jpg

↓入り口の
IMG_17222015.jpg

狩野探幽が30歳代に描いたという「獺図」。これを見れただけでも満足しましょう♪


移動して神戸市立博物館 「大英博物館展」へ
IMG_17332015.jpg

↓「ルイス島のチェス駒」と一緒に記念撮影か撮れるコーナー!
IMG_17382015.jpg


パンフレットをスキャンしてブログに公開するのも、著作権にふれるのかどうかわからなくなり掲載していませんので、
作品はホームページの「大英博物館展のみどころ」 →こちらからどうぞ♪

「第1章 創造の芽生え」では約1万6千年くらい前の最初のアート「トナカイの角に彫られたマンモス」が展示されています。
それを見る私達につながる「美」への憧憬のはじまりなのでしょうか


兵庫県立美術館は月曜日が休館日(祝日は開館)ですが、
この日9月24日(木曜日)と
あと、10月13日(火曜日)も休館日です。
お気をつけあそばせ(笑)



↓博物館の出口前、神戸は美しい女性が多いので、シャッター切るのも楽しいです(^^)/
IMG_17672015.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「2015 フォト古高松 写真展」のご案内


お客様からのご案内です 

IMG_20150920_0001.jpg



「フォト古高松」は、古高松コミュニティーセンターで滝麻佐見先生に学ぶ写真愛好者の集まりです。

今回の作品展は「水」などをテーマにした作品、25点。


ぜひ、ご覧くださいませ。



(参考)古高松(ふるたかまつ)は香川県高松市東部にある一地区で、高松市役所古高松出張所の管内。春日町、新田町、高松町の3町からなる。かつては全域が「木田郡古高松村」(ふるたかまつむら)として存在し、1940年(昭和15年)2月11日に高松市に編入された。
この地区の住民は他の高松市内の住民に対して便宜的に自らの出身を「屋島」と名乗ることがある。(ウィキペディアから)

→たしかに『古高松』とは言わずに、『屋島』って言ってますね(笑)


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

茶坊たがわ「写友”風” 第8回写真展」から(3)


茶坊たがわ「写友”風” 第8回写真展」から(3)
↓クリックすると大きくなります!
IMG_20150810_0002.jpg


プロ、アマチュアのカメラマン5名からなる写友”風”
風景写真を中心にした作品16点です。

パソコンの修理が終わりましたが、前回のスマホでの撮影、サムネイル表示とあまりかわりません(^_^;)
最近のスマホカメラは高画質ですね(#^.^#)


↓「早春」 撮影場所:高松市  撮影者:松尾 義和
IMG_16222015.jpg


↓「里の夕べ」 撮影場所:岐阜県 撮影者:浪越英司
IMG_16652015.jpg


↓「地蔵菩薩と十王像」 撮影場所:大分県臼杵市  撮影者:渡辺准一
IMG_16252015.jpg

解説:地蔵十王像
「ホキ石仏第一群」の石仏。中尊に地蔵菩薩をすえ、冥府にあって亡者の罪を裁き救済する十王像を左右に5体ずつ配置しています。地獄か極楽か、亡者の行き先を決定するのは閻魔(えんま)様ですが、ここでは地蔵菩薩と呼ばれています。左右の10体の王たちが裁判官です。十王をお祭りして自分たちも極楽へ行きたいと願う十王思想は、仏教伝来時に中国から伝えられ、鎌倉時代に大流行したと云われています。十王たちの姿は、『西遊記』の三蔵法師に似ており、中国の影響が感じられます。鎌倉期の作。
引用:http://washimo-web.jp/Trip/Sekibutsu/sekibutsu.htm



↓「笠雲」 撮影場所:山梨県山中湖  撮影者:児島吉計
IMG_16262015.jpg

(作品への映り込み、傾きはお許しください。)

ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。



《私語》
もうずいぶん前ですが、大分県臼杵の石仏をみに行きました。
手塚治虫の「火の鳥」鳳凰編を思い出しながら見てました。
鳳凰編の我王は作品ごとに共通の特徴をもつキャラクターです。猿田彦、猿田博士、、
大きな鼻で、お茶の水博士の先祖!

良弁僧正 「おまえのそのやりばのない怒り…心の奥からにじみでた苦悩が、あの像の顔にありありと出ておる…おまえはおまえの心を刻んだ。これにいま一度彫ってみよ…おまえの気のむくままに、すきなものを彫ってみなさい。」
「彫れ! 全身に怒りをこめて彫りあげるのじゃ! やったぞ。我王…、この面相から…うめき声がきこえてくるようだぞ」
引用:http://kankyo-iihatobu.la.coocan.jp/2contents89.html


↓残念ながら我が家にあるのは「黎明編、未来編、ヤマト編、宇宙編」
20150922_211723-1.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

「04写真同好会 写真展」のご案内


お客様からのご案内です 

IMG_20150920_0002.jpg

かがわ長寿大学で出会った仲間の「04写真同好会」です。

会場となるベースキャンプ高松店ギャラリーはゆめタウンの中にあります。

こちらのギャラリーのコンセプト:

山や川、自然と触れ合うと感動することって必ずありますよね。
何とかそのことを家族や友達に伝えたくって、写真に撮ったり絵にしたり…
そんな素敵な想い出や感動を一人でも多くの人に伝えて欲しいのです。
上手とか下手とか。そんな技術論や芸術論は特別な人に任せておいて、
アマチュアならではのとびっきり新鮮な感動をお待ちしています。

(引用:http://www.sikoku-basecamp.co.jp/work/info/garrely2.htm



お買い物の折にでも,ぜひ足をとめていただき、
7名の写真家さんの感動をご一緒に

ぜひ、ご覧くださいませ。



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「十河安則 回顧展」と「木村力写真展」へ


定休日はオーナーと作品展へ
今回は、「十河安則 回顧展」と「木村力写真展」


◆9/15(火)~9/27(日)「十河安則 回顧展」←クリック!
IMG_1018201512.jpg

香川県さぬき市大川町の十河安則さん(91)が描いた絵画を集めた回顧展です。
27歳から88歳までの約60年間に制作した作品の中から、水彩画約50点を展示。色鮮やかな風景画からモノトーンを基調とした抽象画まで。
十河さんは元教員で、同市内の津田中や大川一中などで美術を教える傍ら作品を制作されたそうです。

↓「21世紀館 さんがわ」です!
IMG_17032015.jpg

作品の撮影は遠慮させていただいたので、DMから
sogouyasunori.jpg

見慣れた水彩とは違う、重厚なマチエール(絵の表面の肌合い=絵肌)に魅入ってしまいました。
あとで新聞の切り抜きなどの資料を読ませていただくと、想像どおり何種類もの和紙を試しながら貼っておられました。
直にみる人にだけわかる感激ですよ(笑)
ぜひ、直にごらんくださいね♪

「十河安則 回顧展」は9月27日までです(最終日は16時まで)!

会場の様子は「さぬき市再発見ラジオ 遊びの達人 」で→こちらからどうそ



◆9/13(日)~10/2(金)「木村力写真展 -春夏秋冬 心の旅」←クリック!
IMG_20150828_0001.jpg

木村さんから撮影秘話などお聞きしながら鑑賞させていただきました(*^_^*)

↓左の組写真が今年の県展受賞作品「奥山の男たち」です。
IMG_17082015.jpg

見えないですか~(笑) で、大きくトリミング↓
2IMG_17082015.jpg
「これも、すごくいいタイミングで出会えた風景」とお話しされていました。
待っていたからこそ、出会える風景ですね。

IMG_17072015.jpg

木村さんにお願いして、1枚大きく撮らせていただきました(*^_^*)


↓「佐田岬の夕焼け」 撮影地:愛媛県
IMG_17102015.jpg

「木村力写真展 -春夏秋冬 心の旅」は10月2日までです(最終日は15時まで)。
木村さんはほとんど毎日、数時間は会場におられます。運が良ければお話しをうかがうことができますよ♪

ぜひ、ご覧になってくださいませ。



パルコをでると、青空に向日葵が
澄んだ空はもう秋でした
IMG_17052015.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

えっ、雨の日に撮影!

《今日はゆる~く、管理人の写真日記》


「明日、雨なのでヒガンバナ撮りにいこう!」

えっ、雨だから?
雨はちょっと、、、普通は、、、

でも行きました!
「(撮る)自分が真剣だと、見る人も真剣になる。」とお聞きしたので、頑張る気に(笑)

長靴、レインコート、カメラにスーパーの袋をかけ。。。
傘をわきにかかえてふらつきながら

「9月17日のみろく公園」です。
だ~れも来ていません。私達だけ
IMG_98702015.jpg


《復習》雨の日に用意したいアイテム

雨の日の撮影には、濡れないようにいくつかのアイテムを準備しておきましょう。一般的な傘は近くの被写体影をつくってしまったり、色がかぶってしまうので、撮影には光を通す透明のビニール傘がオススメ。撮影の自由度をあげるのならばレインコートや長靴も用意しておくとよいでしょう。

カメラにも雨対策が必要です。カメラをカバーできる大きさのビニール袋と輪ゴムを用意しておきましょう。ホテルなどに備え付けてあるシャワーキャップは、はじめからゴムがついているので重宝しますよ。簡単にカメラへかぶせることができてオススメです。

また、カメラにタオルをかぶせておくだけでも、小雨ならば防げます。一眼レフ、ミラーレス一眼を使用する場合は、必ずレンズフードを装着してくださいね。
(引用:https://withphoto.jp/feel/076/)



雨の花びらを
IMG_98712015.jpg

IMG_98532015.jpg

IMG_98692015.jpg

IMG_16992015.jpg


雨の日だから
IMG_98822015.jpg

IMG_98792015.jpg

これはみろく公園の蓮の瓶です。

みろくのETにも会いました~
IMG_98862015.jpg

↓我が家のET(笑)
IMG_17202015.jpg


反省:傘は透明のビニール傘がいいらしい
    足元に気をとられ、アングルを変化させることができなかった。

初めての雨の日の撮影、色が綺麗にみえるので面白い♪
またチャレンジしてみます♪
誘ってくださったYさん、ありがとうございました。

9月20日のヒガンバナ情報は、きんちゃんのブログで→こちら


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「写団”ひうちなだ”写真展」のご案内

ご案内 

IMG_20150919_0006.jpg


四国新聞文化教室(観音寺会場は→こちらから)で講師を務める写真家木本あつしさんと、愛好家グループ「写団ひうちなだ」の会員による作品展です。

木本あつしさんは大阪で切り花の品種改良を手掛けてきた園芸家。50歳のときに趣味の写真を始めて以来、数々のコンテストでグランプリなどを受賞してきたカメラマンです。第二の人生を歩もうと決心し、荘内半島に移り住んだそうです。

 

「瀬戸内海は一日のうちでも同じ景色ということがまったくない。陽の光、風の具合、潮の満ち引きなどで大きく変わります。もちろん、小さな岬だってその風景は絶えず動いている。生きているんですね。特に私は、岬越しに沈んでいく夕日が好きです。湿気の少ない透明な空気を透過してきた光は、神々しいほど黄金色に輝き、金箔を張った海に漆黒の岬が浮き上がります」
  「三井広報委員会(こちら)」よりお借りしました。



特別に出品者の浪越さんから、先日いただいた木本さんの写真をお見せしますね。(ブログに載せていいからと)
IMG_20150919_0004.jpg

IMG_20150919_0005.jpg


瀬戸内海の美しさを語る木本さんの言葉も美しいですね。



ぜひ、ご覧くださいませ。


(追記)記事を書いてる途中でFC2のサーバーがダウンしたようです。未完のままの予約投稿だったので、焦りました。朝みると回復していたので慌てて編集し直しました。
FC2は大丈夫なのかなー、、、

「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「妹背裕(漆)・貴志勉(陶) 二人展」のご案内


ご案内 

IMG_20150916_0001.jpg

2IMG_20150916_0002.jpg


貴志さんが「Art at the Temple 2015  善通寺東院」のポスターとDMを持ってこられたのが、4月
『東かがわと牟礼の住人が、京都人(彫刻家 水嶋さん→こちら)を介して繋がるという不思議な〔ご縁〕。 』と貴志さん(→こちら)が語っておられました。
ブログが繋いだご縁ですね(^^)/
「Art at the Temple 2015  善通寺東院」の妹背さん、貴志さんの作品は→こちらの記事でご覧ください。


今回の「二人展」では、
妹背さんはオブジェがメインで、器ものからアクセサリーまで。
貴志さんは花器を中心に食器もいろいろだそうです。



讃岐漆芸美術館は1階にカフェがあります。
使われている食器も漆器で、そのあたたかな感触を直に味わうことができますよ。
IMG_6741.jpg

オーナーと伺った時の記事が→こちらです。



ぜひ、讃岐漆芸美術館ご足をお運びください。



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

カフェ・セゾン「第2回 風景写真展」のご案内  《付:みろく公園のヒガンバナ》


ご案内 

芸術の秋ですね!
ご予定をたてていただくため、一気に4日連続のご紹介です♪

IMG_20150915_0003.jpg

姉と一緒に写真展めぐりをしているので、この風景写真展の出品者はすごいメンバーばかりだとわかるようになりました(^^)/

鋭いピントは緊張感を生む

ピントは手前に合わすのでなく、手前の被写体と奥の被写体の、手前から1/3くらいの場所にピント合わすと、奥まであう。

   写真家 石橋睦美 フォトコンライフから



21名の作品から伝わる緊張感!味わってくださいね。




《管理人の写真日記》
この記事に拙い写真を載せるのは心苦しいのですが、香川県情報なので、タイムリーにみろく公園の彼岸花を。
きんちゃんのブログ→こちらで「9月14日みろく公園のヒガンバナ」をチェックしてGo!

「9月17日みろく公園のヒガンバナ」です(笑)   つづく
IMG_98522015.jpg

IMG_17002015.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「Lady’s Photo キラメキ~女性たちの視線」のご案内


茶坊たがわ10月の写真展のご案内

IMG_20150916_0004.jpg



昨年の「Lady’s Photo」から

↓「力作ぞろい・地下ギャラリー」  撮影者:安達 節子
IMG_5560.jpg


きら‐めき【煌めき】
きらめくこと。きらきら光ること。「星の煌めき」「知性の煌めき」



(ひとりごと)
キラメキ女子とは言っても、キラメキ男子とは言いませんね(笑)
女性の視線で捉えた世界、楽しみです!





ご高覧賜りますよう、ご案内申しあげます。



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

帰り道 「曼珠沙華」


《管理人の写真日記》
9/15火曜日、多和での仕事の帰り道


「そこで何してるんですか?」

びっくりして振り向くと、トラックから男性が下りてきた。
何か悪いことしたのかとドキドキ。

管理人「曼珠沙華が綺麗だから撮っています。」

男性 「そうですか、ここはあまり知られてないけど、昔の遍路道だったんですよ。
    上にみえるのはお墓でなく、供養塔です。」

IMG_9826.jpg

IMG_9820.jpg


↓昔の遍路道
IMG_9829.jpg

↓供養塔、見上げる所にありました。
IMG_9830.jpg


親切にいろいろ説明してくださったので、

(供養塔では、近くの方が集まり大きな数珠をもち供養すること、この前の川のあたりがかっては狩場で、供養にはその意味も含まれるらしいこと等々)
帰り際、感謝の気持ちをこめ自己紹介をすると、たいそう驚かれて!
なんと知人のお兄様!
お互いにびっくり(笑)


ちょっと不吉な感じもする曼珠沙華の「花言葉」は
•独立
•情熱
•再会
•あきらめ
•悲しい思い出
•想うはあなた一人
•また会う日を楽しみに



不思議な出会いに感謝した一日。
お大師様が歩かれる道でのことです。

多和で、曼珠沙華はこれからかな、
つぼみさんが並んでいますよ、秋の一日、さぬき路へどうぞ
IMG_9835.jpg




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「Shall We 彫刻・絵画作品展」のご案内

パソコンの修理が完了し、スキャナが使えるようになりました(^^♪

ご案内 

IMG_20150914_0001.jpg


彫刻、絵画(油画、水彩画)、鉛筆画、(今回は写真もあります!)
県内で制作しているの10人の作家達の作品展です。
公募展で入賞されている方ばかりですね。



ミュージカル「王様と私」より - Shall We Dance?

We've just been *introduced
I do not know you well
But when the music started
Something drew me to your side

わたしたちは顔を合わせたばかり
よく知った仲というわけではない
けれど音楽が始まったら
なぜか あなたの側に引き寄せられた




全くジャンルの異なった方達がどうして出会ったのか不思議で、出品者のおひとりにお聞きすると、
高松市の二宮画廊で出会ったそうです。

「Shall  We~」と
毎年開催して、11年!
素敵な出会いですね。



ぜひ、ご覧くださいませ。


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「写友”風” 第8回写真展」から(2)


茶坊たがわ「写友”風” 第8回写真展」から(2)
↓クリックすると大きくなります!
IMG_20150810_0002.jpg


プロ、アマチュアのカメラマン5名からなる写友”風”
風景写真を中心にした作品16点です。
今月も50音順に数点づつご紹介させていただきます。

まだパソコンが修理中のため、スマホでの撮影、サムネイル表示です。
低い画質はお許しください(^.^)(-.-)(__)


↓「青陽」 撮影場所:徳島県美馬市  撮影者:渡辺准一
20150913165414972.jpg


↓「氷見の朝」 撮影場所:富山県氷見市  撮影者:児島吉計
201509131654163f5.jpg


↓「凍てつく大地」 撮影場所:北海道  撮影者:鈴木嗣生
201509131654127e4.jpg


↓「花灯路」 撮影場所:京都府 撮影者:浪越英司
20150913165415c4a.jpg
(作品への映り込み、傾きはお許しください。)


偶然、出品者の浪越さんからお話しをお聞きできました。
作品「花灯路」は写真用の福井和紙にプリントされているそうです。
和紙の紙肌がつくる独特な表現です。


ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

木槿のようなひと


《管理人の写真日記》

今日(9/10)、電気屋さんから、メーカーから結果がでて、ハードがこわれているのでパソコンは初期状態になるのでデーターは無くなりますと、最終確認がありました。
今、困ってるのが、記事に挿入する写真も無くなったこと。

外出から帰ると、お隣の木槿にきづきました、
そうだ、去年もこちらの木槿を撮らせていただき記事を書いた。

作家 山口瞳さんが、向田邦子さんを、木槿のようなひとだと言っていらした。
→こちら

ポケットのスマホで
20150910201331388.jpg


木槿について調べると、樹形は「直線的な枝を上方に伸ばす」と

まっすぐに生きた向田さんらしいですね。
美しいふるまいのひと

飛行機事故で亡くなられたのが51歳
ご存命であれば86歳
86歳の向田邦子さんが書かれたドラマをみたいです




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「サークル・フォ兎 第5回写真展」のご案内

お客さまからのご案内 

IMG_20150915_0001.jpg


今年のテーマは「夢」なんだそうです。
未来への夢?ー
眠ってみた夢のイメージ?

15人の写真家さんが、とらえた夢はどんなのでしょうね。


ぜひ、ご覧ください。



↓管理人の
まだスマホでの更新中です。
スマホカメラの撮影モードに、
《ドリーム》を見つけ、嬉しげに撮ってみました(^-^;
20150909172659c32.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

9月の和食ランチ


パソコンが故障してるので、携帯からの更新です。お見苦しい点はお許しください。画像縮小が上手く出来ないので、サムネイル表示です。クリックすると大きくなります。
ブログは暫く、隔日更新になります。
よろしくお願いいたします(^.^)(-.-)(__)


月曜日・火曜日の和食ランチ(25食限定)
  
長月(ながつき)のお品書きです

鶏肉の西京焼
秋の収穫祭サラダ
海苔入り玉子焼き
里芋の旨煮
焼茄子
白身魚の真薯(しんじょ)お吸い物


2015090717014530c.jpg


ドリンク(コーヒーまたは紅茶)付き 900円



↓鶏肉の西京焼
20150907170142ff8.jpg

↓秋の収穫祭サラダ
20150907170143561.jpg

↓海苔入り玉子焼き
 里芋の旨煮
 焼茄子
20150907170144b14.jpg

↓白身魚の真薯(しんじょ)お吸い物
20150907170140a08.jpg


秋の収穫祭というのは、秋の収穫を神様や自然に感謝したり、農作物に被害が出ないように祈る祭です。

この記事も、収穫への祈りを込めてかきました(^-^)



タイムランチは、なくなり次第終了となりますので、ご予約いただくと幸いです。

御来店賜りますよう心からお待ち申し上げます。





「お店とブログ」への応援クリック よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

私語(ささやき)...大器晩成...


私語(ささやき)

眼を悪くしてから、本を読むことが少なくなり、
日曜の午後BDレコーダーにたまったままの「100分で名著 老子」を。
2300年前の本です。

「大器晩成」が老子の言葉であったことを知りました。

高校3年の時、家に事情ができて、受験勉強する時間さえとれず、
英語でとんでもない点をとったとき、
答案用紙を受けとるのも恥ずかしい管理人に先生が
「大器晩成やね」と


何もなしてはいないけれど、その言葉は小さな力を与えてくれました。


「老子」は「生の哲学」、
みっともなくていいから、生きるということが一番大事だという教えなんだそうです。


庭の秋海棠を、花言葉は「片想い」
20150906135341b0f.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

「K-lovers photographers 作品展 vol.5」のご案内


ご案内 

↓クリックすると大きくなります
201509051742156a7.jpg


ぜひ、ご覧くださいませ。


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「世界いろいろ写真展」へ

パソコンが故障したので、携帯からの更新です。お見苦しい点はお許しください。


カフェ・セゾンの
◆9/2(水)~9/30(水)「世界いろいろ写真展」
に行ってきました。
IMG_20150822_0001.jpg


201509041421355a1.jpg


オーナーに了解をいただいて、少しだけご紹介させていただきます。
写りこみはお許しください。


↓左「エッフェル塔とトロカデロ庭園」 フランス 撮影者:浪越英司
201509041420469fe.jpg


↓「デカポ湖」ニュージーランド 撮影者:松本省五
201509041420490e5.jpg


↓「ツェルマット」スイス 撮影者:山本弘文
20150904142052f24.jpg


↓「セブンシスターズ」ノルウェー 撮影者:石川孝司
20150904142047a97.jpg


↓「アイランド・イン・ザ・スカイ」アメリカ 撮影者:多田宏
201509041420504e6.jpg



ヨーロッパを中心に9ヶ国なんだそうです、
フランス、イタリア、スイス、オーストリア、ノルウェー、トルコ、アメリカオーストラリア、ニュージーランド
見知らぬ風景がたくさんです、ぜひ素敵な写真でお楽しみください。



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

 「愉快な仲間達のWeb写真展 2015夏写楽 」

ブログで知り合った ほとんどが写真初心者の愉快な仲間達が、
コメントのノリからはじまった、4回目のWeb写真展です。


第1回 「愉快な仲間達のWeb写真展 The First 」➡こちら
第2回 「愉快な仲間達のWeb写真展 2015冬写楽 」➡こちら
第3回 「愉快な仲間達のWeb写真展 2015春写楽 」➡こちら


「愉快な仲間達のWeb写真展 2015夏写楽 」

写真だけでなく、言葉でも語っています(^^;)
どうぞ温かい目でご笑覧くださいませ。

★今回から一部画像は、クリックすると大きな画像でご覧いただけるようにしました。



「仲良し兄弟」 撮影地:徳島県美馬市 穴吹川   撮影者:カワイ ➡(ブログはこちら
『今年は兄ちゃんが行けなかったけど、いつまでも兄弟仲良くね。』 
52020150822-1-2 - コピー (2)


「津田まつり」 撮影地:さぬき市津田町  撮影者:カワイ 
『花火は撮りに行きたいけど、混雑はイヤです。』 
52020150822-1-2 - コピー (1)



「勇」 撮影地:徳島市内  撮影者:ボスプル
  『日本を代表する踊り連「娯茶平」の踊りを撮影してみました。
素人撮影ですので踊りの素晴らしさをお届けするのが難しいですが
もっと腕を磨いてまた来年もチャレンジしてみたいと思います。』
2015summerbs01.jpg


「艶」 撮影地:徳島市内  撮影者:ボスプル
2015summerbs02.jpg
 


「煌-KIRA-2014」 撮影地:愛媛県松野町  撮影者:やすろぐ➡(ブログはこちら)
  『感嘆の声、そして笑顔』
 ★↓↓クリックして大きな画像でご覧ください★
Y12015s.jpg


「儚-HAKANA-2015 」 撮影地:愛媛県鬼北町  撮影者:やすろぐ
 『儚さに日本の美』
 ★↓↓クリックして大きな画像でご覧ください★
Y22015s.jpg



「私の大切な宝物たちの夏の思い出①」  撮影地:昨年夏自宅 ラブに水をかける昭和    撮影者:ラブママ ➡(ブログはこちら)
L2015natu画像 003 (2)


「私の大切な宝物たちの夏の思い出②」 撮影地:今は取り壊した8年前の中学校 ガラケーで   撮影者:ラブママ 
L2015natu画像 003 (1)

 
「空飛ぶペンギン 」 撮影地:京都水族館   撮影者:Mie ➡(ブログはこちら)
  『水の中を泳ぐペンギンは、空を飛んでいるように見えました。
  私もいっしょに遊んでみたかったです。 』
M 空飛ぶペンギン
  

「七変化 」 撮影地: 自宅  撮影者:Mie 
  『変わった主人・・・ではなく、主人が変わったアジサイを
  プレゼントしてくれたので、マクロで撮りました。 』
M 七変化


  
「島影」  撮影地:愛媛県しまなみ海道大島  撮影者:八十八助(はちじゅう はっすけ)
  『雨が降ってきてフィルターになり派手な色が消えてゆくのが好きです』
015b20151516.jpg

「畑」 撮影地:京都府舞鶴市  撮影者:八十八助
023b20151516.jpg



「美しい悪戯っ子」 撮影地:さぬき市前山  撮影者:UP
  『土地の人によると、シロサギは田圃を荒らす困った子なんだそうです。』
IMG_95942015.jpg



「お父さんと夏休み」 撮影地:和歌山県  撮影者:UP
  『タイトルどおりです(笑) 』
IMG_14452015.jpg



ご覧いただきありがとうございましたm(__)m
あたたかな講評をお願いします



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

久しぶりにモーニングを♪


久しぶりに、朝お店に寄ってモーニングを
IMG_16382015.jpg

お客さまに説明する写真家Mさんのお話が聞こえてきました。
句を詠み絵も描くというご婦人にMさんが
「いいなぁ~と思った時に、撮ればいいんです。一句詠んだときに、撮ったらいい
。残るから。」
”いいなぁ~”と思った瞬間を、写真は永遠にできるんですよね♪


お気に入りのカメラで、
ポケットに入れてある携帯で、
心ひかれた一瞬を永遠に


IMG_16542015.jpg



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

茶坊たがわ「写友”風” 第8回写真展」がはじまりました♪



茶坊たがわ「写友”風”  第8回写真展」がはじまりました。
↓クリックすると大きくなります!
IMG_20150810_0002.jpg

201509012045.jpg

プロ、アマチュアのカメラマン5名からなる写友”風”
風景写真を中心にした作品16点です。

今月も50音順に数点づつご紹介させていただきます。


↓「一瞬のチャンス」 撮影場所:香川県坂出市  撮影者:児島吉計
IMG_1632こじま1


↓「静寂」 撮影場所:高松市  撮影者:鈴木嗣生
suzuki5_15-09-01_0001.jpg


↓「朝霧漂う」 撮影場所:徳島県三好市  撮影者:松尾義和
matuo10_15-09-01_0001.jpg


↓「月光の下で」 撮影場所:高松市  撮影者:浪越英司
IMG_1628なみこし11

(作品への映り込み、傾きはお許しください。)


写真家さんが聞いたであろう
「美の聲(こえ)」、「生命の聲」、「歴史の聲」、「環境の聲」、、、
作品をみていると聞こえるような気がしてきます


ご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

8月の旅(4) 熊野古道を歩く

《管理人の写真日記》
9月がきたというのに、まだ8月の旅レポです。ごめんなさいm(__)m

8月は熊野古道への旅

8月の旅(1) 熊野川へ ➡こちら
8月の旅(2) 八咫烏、舞い降りし甦りの聖地➡こちら
8月の旅(3) 行ってみたかった「大洞窟温泉」➡こちら


勝浦温泉 ホテル浦島をでて
IMG_13362015.jpg


熊野古道へ
熊野古道は、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に詣でるための道です。

熊野はあらゆる人々を受け入れる聖地であったがため、日本中のあらゆる階層の人々がこの道を歩きました。
 「蟻の熊野詣」と、蟻が餌と巣の間を行列を作って行き来する様にたとえられるほどに、大勢の人々が列をなして、この道を熊野を目指して歩きました。
 上皇や女院や貴族が歩き、武士や庶民も歩き、盲人やハンセン病者など社会の底辺に生きる人々も極楽往生や現世利益や治癒の奇跡を求めて歩きました。
 さまざまな人々がさまざまな思いを抱いて、さまざまな願いをこめて歩いた祈りの道。それが熊野古道なのです。

(引用:み熊野ねっと



今回は「プチ熊野古道歩き」のコース
「那智の滝」➡「熊野那智大社」➡「大門坂」
↓クリックすると大きくなります
IMG_20150829_0001.jpg


「那智の滝」へ
IMG_13522015.jpg

↓定番の
熊野那智大社の別宮、飛瀧(ひろう)神社の御神体として崇められる落差133mの日本一の直瀑です。
IMG_13542015.jpg

那智の滝は神でもあり仏でもあり、そのため那智の滝は「飛瀧権現(ひろうごんげん)」と呼ばれました。
権現とは仏が仮に神の姿で現われたということ。那智の滝を飛瀧権現と呼ぶのは、那智の滝が神であり仏であるということなのです。
 しかし、この神仏習合の信仰形態も、明治の神仏分離によって破壊されてしまいます。那智の滝の近くにあった千手堂は廃され、飛瀧権現は仏教・修験道を廃した「飛瀧神社」となりました。  (引用:み熊野ねっと)


IMG_13582015.jpg


↓「熊野那智大社」
  全国熊野三千余社の熊野神社の御本社です。
IMG_13972015.jpg

↓「那智山青岸渡寺」
 桃山時代に織田信長の焼き討ちにあいましたが、豊臣秀吉により再建されました。
IMG_13912015.jpg


「大門坂」へ
IMG_14002015.jpg

↓杉並木と石段が約640m続きます。
IMG_14032015.jpg

↓夫婦杉。樹齢800年と推定される杉の巨木
IMG_14212015.jpg

IMG_14042015.jpg


熊野古道のすごさは、異なる宗教の聖地を参詣道がつないでいること。修験道の吉野、真言密教の高野山、神道の伊勢、そして同じ神道とはいってもまるで違う熊野。これは世界的にはほとんどあり得ないことだと思います。

 神と仏が敵対するのではなく、融合し、共存している。異なる宗教が敵対せずに共生している。この共生の文化こそが世界に誇るべき日本の文化遺産なのだと私は思います。   (引用:み熊野ねっと)



旅から帰って、いつも思うのは、もう少し予備知識を持って行けばよかったなぁーと。
「熊野古道のすごさ」を記事に書くことで、はじめて知った管理人です(^^;

プチ旅行記に、お付き合いいただき、ありがとうございました。 
これにて終わります。
まだまだ見どころの多かった和歌山、番外編で折々にご紹介させていただきますね。


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Jul 19, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。