夏の甲子園 開会式 香川からは2校が行進します!


さぬき市から寒川高校が甲子園出場を決めました!
おめでとうございます。

IMG_0258.jpg


そして開会式には高松高校のキャプテンも!
第1回は開会式がなかったので、高校野球100年の記念事業としての参加です。

高校野球100年の記念事業を発表した。第1回全国中等学校優勝野球大会(1915年)に出場した10校の現役部員が、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で8月6日に行われる開会式で復刻ユニホームを着て入場行進する。

 復刻されるのは、秋田中(現秋田)、早稲田実=東京=、三重四中(現宇治山田)、京都二中(現鳥羽)、神戸二中(現兵庫)、和歌山中(現桐蔭)、広島中(現国泰寺)、鳥取中(現鳥取西)、高松中(現高松)=香川=、久留米商=福岡=の第1回のユニホーム
(引用:朝日新聞デジタル)



第1回の参加は73校、四国大会は香川・徳島の各5校だったそうです。
こうして高校野球が続いているのって、素晴らしいことですよね。

試合の終わりのエール交換、
敗者から勝者におくるエール、いつも感動する場面です。
そうして一歩づつ大人になっていくんだなぁ~って



↓管理人のお宝 中西太さん(高松一高出身)のサインボール
  香川は野球王国だったんですよ。
サインボール


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

最終日です!


「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」も本日が最終日です。

IMG_08422015.jpg

IMG_20150603_0002.jpg

第1回(出品者:飯間 裕司、稲田 明、植村 好治)は➡こちら
第2回(出品者:氏家 圭三、大江 長夫、柏原 宏)は➡こちら
第3回(出品者:佐藤 雅彦、清水 邦計、須田 隆司、冨田 則雄)は➡こちら
第4回(出品者:半明 薫、本川 至、松下 博行)は➡こちら
第5回(出品者:松本 省五、三井 勝支、山本 弘文)は➡こちら

7周年記念写真展

茶坊たがわでは、今後とも皆さまに喜んでいただけるお店になれるよう一層の精進をして参りたいと思っております。
                                   店主


最終日は作品入れ替えのため、15時までです。
どうぞ、ご高覧くださいますよう、ご案内申しあげます。




《管理人の写真日記》

「タダ、0円、無料」
こんな女ごころをわしづかみにするマイクロソフト社の動画につられて予約しました~(笑)
Windows10.png

といっても、今でも管理人の使い方はXP時代のままなんですけどね(^-^;
IMG_10432015.jpg



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます

「戦後70年 昭和の残像」


お客様からのご案内です 

IMG_20150729_0001.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

日替わりランチ 「ちきんカツのコールスロー」


日替わりランチ 「ちきんカツのコールスロー」

IMG_08472015.jpg

 ドリンク付き900円


月曜・火曜は和食メニュー。和食はちょっと苦手な方のために、水・木・土・日曜は洋食メニューとなっています。
タイムランチは、なくなり次第終了となりますので、ご予約いただくと幸いです




《管理人の写真日記》
写真をはじめたことを知ってる友達から「〇〇〇に蓮が咲いてるよ!」と情報が!
歩いて10分もかからない所、ちっとも知りませんでした。
IMG_96122015.jpg

ここに越してきて32年かなぁ~
写真始めて、ちょっぴり得した気分です♪


「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「北大路魯山人展」へ


「北大路魯山人展、いかない?」
誘われれば、基本お断りしない生き方を選んだので、
「行く!」と即答(笑)

でもよく知らないわ↓

北大路 魯山人(きたおおじ ろさんじん、1883年(明治16年)3月23日 - 1959年(昭和34年)12月21日)は、日本の芸術家。本名は北大路 房次郎(きたおおじ ふさじろう)。
晩年まで、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持っていた。

明治16年、京都市上賀茂(現在の京都市北区)北大路町に、上賀茂神社の社家・北大路清操、とめの次男として生まれる。生活は貧しく、魯山人の上に夫の連れ子が一人いた。魯山人が生まれる前に父親が自殺、母親も失踪したため親戚をたらい回しにされる。一度農家に養子に出されるが、6歳の時に竹屋町の木版師・福田武造の養子となり、10歳の時に梅屋尋常小学校を卒業。画家になるための学校に通いたいと申し出るが、家業を継がせるつもりだった養父母は激怒。京都・烏丸二条の千坂和薬屋に丁稚奉公に出された。

奉公を終えて養父母宅に戻ったのち、実の母の居所が分かり会いに行ったものの受け入れられず、明治36年、書家になることを志して上京。翌年の日本美術展覧会で一等賞を受賞し、頭角を現す。1905年(明治38年)、町書家・岡本可亭の内弟子となり、明治41年から中国北部を旅行し、書道や篆刻を学んだ。また、朝鮮総督府に書記として勤めた。

帰国後の明治43年に長浜の素封家・河路豊吉に食客として招かれ、書や篆刻の制作に打ち込む環境を提供された。ここで魯山人は福田大観の号で小蘭亭の天井画や襖絵、篆刻など数々の傑作を当地に残している。そして敬愛する竹内栖鳳がしばしば訪れる柴田家の食客になることが叶い、訪れた栖鳳に款印を彫らせてもらうよう願い出る。その款印を気に入った栖鳳が門下の土田麦僊らに紹介したことで日本画壇の巨匠らとの交わりが始まり、名を高めていくことになった。

大正4年、福田家の家督を長男に譲り、自身は北大路姓に復帰。その後も長浜をはじめ京都・金沢の素封家の食客として転々と生活することで食器と美食に対する見識を深めていった。1917年(大正6年)、便利堂の中村竹四郎と知り合い交友を深め、その後、古美術店の大雅堂を共同経営することになる。大雅堂では、古美術品の陶器に高級食材を使った料理を常連客に出すようになり、大正10年、会員制食堂・「美食倶楽部」を発足。自ら厨房に立ち料理を振舞う一方、使用する食器を自ら創作していた。大正14年には東京・永田町に「星岡茶寮(ほしがおかさりょう)」を中村とともに借り受け、中村が社長、魯山人が顧問となり、会員制高級料亭を始めた。

昭和2年には宮永東山窯から荒川豊蔵を鎌倉山崎に招き、魯山人窯芸研究所・星岡窯(せいこうよう)を設立して本格的な作陶活動を開始する。魯山人の横暴さや出費の多さから、昭和11年、星岡茶寮の経営者・中村竹四郎からの内容証明郵便で解雇通知を言い渡され、魯山人は星岡茶寮を追放、同茶寮は昭和20年の空襲により焼失した。

戦後は経済的に困窮し不遇な生活を過ごすが、昭和21年には銀座に自作の直売店「火土火土美房(かどかどびぼう)」を開店し、在日欧米人からも好評を博す。また昭和26年に結婚したイサム・ノグチ・山口淑子夫妻を一時星岡窯に寄寓させた。昭和29年にロックフェラー財団の招聘で欧米各地で展覧会と講演会が開催され、その際にパブロ・ピカソ、マルク・シャガールを訪問。昭和30年には織部焼の重要無形文化財保持者(人間国宝)に指定されるも辞退。

昭和34年に肝吸虫(古くは「肝臓ジストマ」と呼ばれた寄生虫)による肝硬変のため横浜医科大学病院で死去。
平成10年、管理人の放火と焼身自殺により、魯山人の終の棲家であった星岡窯内の家屋が焼失した。
(Wikipediaから抜粋)


数奇な生涯ですね。
とても気難しい方とか。
それでもテレビのホームドラマの何気ない会話、微笑ましい場面によく肩を震わせ涙を流して嗚咽したということもあったそうです。
晩年を牟礼町で過ごしたイサム・ノグチとの交流にも驚きました。


↓さぁ~久しぶりにマリンライナーに乗って岡山へ
  瀬戸内海はいつみてもいいです
IMG_10832015.jpg

会場の「岡山・吉兆庵美術館」は岡山駅から歩いて約10分
↓最近ブログでもよくみるイオンモールの前です
IMG_10872015.jpg

↓「岡山・吉兆庵美術館」
IMG_10942015.jpg

IMG_10902015.jpg

IMG_20150727_0003.jpg

もちろん撮影はできないので、作品はホームページでごらんください。➡こちら

写真でみていた「お料理を美しく引き立たせる器」に少しだけ?を持っていましたが、実際にみると「お料理を美しく引き立たせる器」なのだと実感しました。
とても美しい器です。

ここでも展示されている、お料理を盛った写真と、実際の器を見比べると、全く違う色彩です。
控えめで、食材を生かす色彩でした。
土はあたたかいですね
写真で作品を伝えることは難しいようです。

IMG_20150727_0004.jpg

「北大路魯山人展-美食の世界-」は
平成27年6月6日~8月9日 (期間中の休館日:6月15日、7月6日、8月3日)

いい器をみたら、美味しいものが食べたくなります♪



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

志度の花火デビュー

《管理人の写真日記》

今日の記事は練習の記録なので、写真家の方はどうぞスルーしてくださいね。
↓厚かましいのですが、応援ポチだけお願いします(^^)/
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございますm(__)m
 


ミラーレスを持って花火撮りへ
志度の夏祭りは打ち上げ数 約1200。時間にするとアッという間です。
↓クリックすると大きくなります。
はなび20152

ブロ友さん(やすろぐさん➡こちら)に教えてもらったリモコンと、
一緒に写真教室に入った友達からもらった秘密兵器(うちわ)を持って♪
墨汁でうちわを黒く塗りつぶして、準備完了!
黒いうちわは、レンズ前にかざし、写し込む花火を調整するためです。手動の多重露光!理屈だけはなんとか理解(汗)
IMG_11062015.jpg

近所の、歩いて数分いつもの散歩道へ。観客はとなりに一組の家族だけ。
IMG_96842015.jpg

IMG_96912015072516.jpg

IMG_96982015.jpg

IMG_96992015.jpg

↓これは合成
195720150725.jpg

あっという間に終わってしまいました。。。
まだまだ夏はこれからですね~



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

「PHOTO EXHIBITION  FRAGMENTS OF LIFE」


ご案内 

↓クリックすると大きくなります!
IMG_20150725_0001.jpg

IMG_20150725_0002 - コピー

IMG_20150725_0002.jpg


若手写真家グループによる作品、約20点です。

「FRAGMENTS OF LIFE」
生命・生活の断片と訳せばいいのでしょうか


若い視線が捉えた「FRAGMENTS OF LIFE」、楽しみですね~

出品者には、香川の人気ブロガー、「日本料理菊水」「茶寮三日月とうさぎ」の女将さんも出品されています

ブログは➡こちら「「三日月とうさぎ」女将の独りよがり」  


女将さんの最新記事は「いのちをつなぐ こと。共に生きるという こと。」
管理人がブログをはじめた頃、猫を保護されている記事を読み、視線のあたたかさにずっと訪問させていただいています。
写真もされていると知ったのはずっとあとからです。




8月は、カフェ・セゾンの「PHOTO EXHIBITION  FRAGMENTS OF LIFE」に足をお運びくださいませ。


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

夏祭りの夜には


わずか3.4km離れたスポーツクラブに行くのに、すごい車の渋滞で30分もかかりました。
なにが起こってるの~
道のそこかしこに、臨時駐車場の案内
さぬき市野外音楽広場テアトロン(➡こちら)コンサートの準備なんだわ~

土曜はスタレビ、いつもの夏のコンサート♪
「楽園音楽祭2015 STARDUST REVUE in テアトロン」

「♪いつまでも いつまでも そばにいると言ってた♪(木蓮の涙)」
ずっと前は、オーナーがスタレビ好きでよく誘ってくれていました~
コンサートの最後は、ステージの後ろの海から花火があがります



↓7/24 クラブの駐車場から
IMG_10952015.jpg


さあ、今日(7/24)で香川も梅雨明け、本格的な夏の到来です。
土曜日、志渡の港でも夏祭り、21時から花火もあります

夏祭りの夜には
・・・ISO感度オートのままでも悩まずに撮る!
重いカメラバックなどどこかに預けて、カメラ一台で祭りの夜を逍遥してみよう。
            写真家 大西みつぐ


今年の夏も、たくさんの思い出をつくってくださいね



↓スポーツクラブの入り口です(笑)
20150703_181331.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

善通寺美術館へ


定休日、善通寺美術館(地図は➡こちら)に行ってきました。

◆7/21(火)~7/26(日)「氏家圭三写真展-雪と氷の世界」
IMG_20150617_00012.jpg 


氏家先生は、香川を代表する風景写真家です。
IMG_10682015.jpg
↑の撮影は先生から快くOKしていただいています。会場内の撮影は遠慮しました。

すみませ〜ん、ここからさきは会場でごらんくださいね!

四国はもちろん、岡山・福島・鳥取・富山・長野・京都・栃木・群馬へと・・・.
「雪と氷の世界」を撮った作品、全紙32点です。

皆さまのご意見を賜りながら、楽しく談義ができれば幸いです。
            氏家圭三


私達の拙い質問にさえ、丁寧に答えてくださいました。
なんでもT・M・Sさんは4時間以上も楽しくお話されたようですよ(笑)



◆7/21(火)~7/26(日)「写友会・彩 写真展-四季彩」
IMG_20150622_0001.jpg

2階では氏家先生が指導されている写遊会・彩 写真展「四季彩」が同時開催されています。メンバー7人の作品、全紙30点です。
それぞれが、春・夏・秋・冬の作品を組んで出展されています。
メンバーは公募展でも入賞されているベテランです!
IMG_10652015.jpg

ぜひ善通寺美術館に足をお運びくださいませ。
お話しながら、写真展をお楽しみくださいね




帰りはいつもの偕行社カフェでお茶を
なんだか、あやうい時代になってきています。
かっては軍部の社交場だった偕行社、戦後は米兵・豪州兵の社交場ともなったそうです。
写真展を楽しみ、お茶しながらその余韻を楽しむ
そんな「平和」を守らなければ。。。
IMG_10742015.jpg

IMG_10722015.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

ひとりごと 「写真はひき算? 足し算?」



「写真は引き算」はよく聞くセオリーです。
主題を際立たせるために不必要な部分は構図から省く。

月刊誌フォトコンを読んでいると「写真は足し算」と(@_@)

望遠やマクロは、画面に余計なものが入らない。背景などがぼけやすいので「写真は引き算」を実践し易い。
その反面、画一的な表現になりやすく、そのぶん個性が感じられにくい。
標準や広角で主題のまわりにあるものを状況説明として積極的に取り込んで「写真は足し算」にしたほうが、個性的な表現になりやすいのだ。

「フォトコン2014年4月号  写真家 岡嶋和幸の写真力アップ」から


ものすごく納得(^^)/
どちらが正しいではなく、どう表現したいか なんでしょうね。。。難しいけど、面白い



↓7/21の夕方 スーパーから虹をみつけました。
 売り出し日に慌ただしく行きかう人々は誰もみていません。
 写真と親しむようになって一番良かったのは、小さい変化、小さい美しさに気づくようになったことです♪
IMG_10392015.jpg


今日は定休日、善通寺美術館に行ってきま~す
 


↓クリックすると大きくなります!
IMG_20150617_00012.jpg IMG_20150622_0001.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」から(5)最終


「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」から(5)
IMG_20150603_0002.jpg

素晴らしい作品を出品していただいています。
50音順に、ブログをごらんの皆様にお届けしますね。

第1回(出品者:飯間 裕司、稲田 明、植村 好治)は➡こちら
第2回(出品者:氏家 圭三、大江 長夫、柏原 宏)は➡こちら
第3回(出品者:佐藤 雅彦、清水 邦計、須田 隆司、冨田 則雄)は➡こちら
第4回(出品者:半明 薫、本川 至、松下 博行)は➡こちら


↓「初夏の渓谷」 撮影場所:熊本県小国町  撮影者:松本 省五→(ブログはこちら)
IMG_5433A3nibi-1.jpg
(松本さんの展示場所の映り込みが酷いため、お願いして元画像で提供していただきました。)


↓「渚模様」  撮影場所:高知県四万十市  撮影者:三井 勝支
三井さんIMG_0852


↓「緑風」 撮影場所:群馬県長野原町 撮影者:山本 弘文
山本さんMG_0854

(作品への映り込み、傾きはお許しください。)

以上、全作品をご紹介させていただきました。
構図をしっかりと作って、1枚を大切に撮られたことがわかります。


昨日(7/21)から善通寺美術館では、
「氏家圭三写真展-雪と氷の世界」
「写友会・彩 写真展-四季彩」が、始まっています。 
「渚模様」の撮影者:三井 勝支さんは、「写友会・彩 写真展-四季彩」にも出品されていますよ!



「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」の会期もあと7日間(明日・明後日は定休日)です。
どうぞ、ご高覧くださいますよう、ご案内申しあげます。



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます

「十河安則 回顧展」-「芥子園畫傳(かいしえんがでん)」との出会い


 < お客様からのご案内です 

IMG_101820151.jpg

IMG_101820152.jpg


十河安則さんは92歳
太平洋戦争最中に香川青年師範学校(現在の香川大学)に入学。軍事訓練・勤労奉仕作業に追われる日々の中、
偶然立ち寄った高松市街の本屋の廃棄棚に《芥子園畫傳(かいしえんがでん)》が載っているのを見つけ、買い求めました。
この本との出会いが「胸中の山水が描けるようになりたい」という夢の玉手箱になったそうです。

芥子園畫傳(かいしえんがでん)は、中国・清代に刊行された彩色版画絵手本。古くからの歴代画論に始まり、山水、花鳥などの技法を解説した絵画論として広く普及した。
全四集で、内容は絵を描くに当たっての精神、哲学、に始まり、筆や墨や紙の扱い方、色の付け方、そして山水、樹木、岩石、雲、滝、人物、畜獣、建築物、橋梁などの描き方が著名な画家の作品とされた作品を多色版画として引用しながら載せてある。絵画の教科書、詩画譜として流行した。(Wikipediaから)


「芥子園畫傳」は
「東京都立図書館」のホームページ➡こちら
「国立公文書館」のホームページ➡こちら でご覧になれます。



戦時中の何もかも踏みにじるような時代にあって、廃棄棚に忘れ去られたようにあった本との出会いは奇跡ですが、その本の価値を知る人だったからこその出会いですね。
70年間戦争を知らなかった私達に、本当の価値を見る目、真実を見極める目が必要なことを教えていただいたような気がしました。


大自然や風物の美に、歴史の深遠を学び心洗われる思いで絵筆を運び続けてこられたという十河さんの集大成ともいうべき回顧展です。
ぜひご覧くださいませ。



なお十河安則さんは、8月の「茶坊たがわ7周年記念写真展 自由作品」の出品者である坂東千秋さん(79回県展 香川県知事賞受賞)のお義父様です。
「十河安則 作品集」を寄贈していただきました。手にとりお楽しみくださいね♪
IMG_10162015.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

うどん県「この夏の花火情報 🎇」


先日、四国新聞に花火情報が載っていました。
切りとって冷蔵庫に貼り、作戦をたてています(笑)
超ローカルなのですが、皆さまにも♪

「高松まつり」は打ち上げ数12000発、夜空にみごとな花を咲かせます

↓クリックすると少し大きくなります!
花火イベント20152
(四国新聞より引用改変)


この記事に「茶坊たがわの写真展」から素敵な花火写真をと探したのですが
IMG_08992015.jpg

で、管理人がスマホでとった写真を・・・・・(^^;)
スマホ 宮島20130811_21020422015

この夏は素敵な花火を撮ってみたいものです。


《管理人の自習室》
■空に青みが残っている時に撮ると印象的になる
■露出オーバーになりやすいので、ISO100などの低感度にして、絞り11あたりから撮りはじめ、花火の色や明るさによって調整する
(解説: 藤森順二 「フォトコン2015年8月号」から)
IMG_10202015.jpg



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

え・え~っ!看板とんだの~


18日土曜日のお店の写真です。
IMG_10032015.jpg


右の「お店情報」の外観と比べて見てください!


そうなんです
昨日の記事にも書きましたが、お店の看板が飛んでいってしまいました(涙)
たがわ外観20150718


台風11号は香川県を直撃
記録的暴風で5人負傷、サンポート高松の大型テント広場では屋根のテント部の半分以上が暴風ではがれ、丸亀城天守の壁の漆喰が剥落し、農作物や公共土木施設などでは約3憶4200万円の被害だそうです。(四国新聞から)


飛んだ看板で怪我や、ご近所にご迷惑をおかけしたりはしてなくて、良かったです。

看板の写真を撮るのはためらいましたが、
オーナーが明るく「撮って記事にしたらいいよ~」と
前向きですね~(笑)

皆さまの所は大丈夫ですか?
被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。

「茶坊たがわ」も頑張ります(^^)/
しばらくは緑の看板がありませんが、迷わずお越しくださいね♪



↓7/18 近所の木槿 青空に向かって!
IMG_10142015.jpg


「お店」への応援クリック よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」から(4)


「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」から(4)
IMG_20150603_0002.jpg

素晴らしい作品を出品していただいています。
50音順に、ブログをごらんの皆様にお届けしますね。

第1回(出品者:飯間 裕司、稲田 明、植村 好治)は➡こちら
第2回(出品者:氏家 圭三、大江 長夫、柏原 宏)は➡こちら
第3回(出品者:佐藤 雅彦、清水 邦計、須田 隆司、冨田 則雄)は➡こちら


↓「染まる雪原」 撮影場所:福島県北塩原  撮影者:半明 薫
半明さんIMG_0850


↓「ライトアップ&航跡」 撮影場所:屋島から  撮影者:本川 至
IMG_08572015.jpg


↓「輝き」 撮影場所: 愛媛県西条市 撮影者:松下 博行
松下さんIMG_0856

(作品への映り込み、傾きはお許しください。)

 
「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」も半期を過ぎてしまいました。
良い作品というのは、何度みてもいいなと、今月の作品展では特にそう思いました。

「自分の手のひらの載せられたこの紙切れは自分の命より長く生きるのだ。」ということに目覚め”一瞬の永遠”がここにあることを知りました。
                                   (写真家 安珠)

 
  

ご高覧賜りますようご案内申しあげます。




《管理人の写真日記》
台風、皆さまのところは大丈夫でしたか?
我が家は大丈夫でしたが、お店は看板が飛んで大変です(涙)
それでも飛んだ看板が人様に怪我をさせたり、ご近所にとんで迷惑をおかけしたりはしてなくて、まだ良かったです。

↓7/18 庭にて 石の机に飛び散った葉っぱ達  台風がすぎてもまだ雨が続いています。
IMG_09852015.jpg



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

芝崎さんからのお礼状、四万十川の写真を添えて♪


6月に個展をされた芝崎さんからお礼状をいただきました。

芝崎静雄写真展「四万十府景・IV」(1)➡こちら
芝崎静雄写真展「四万十府景・IV」(2)➡こちら
芝崎静雄写真展「四万十府景・IV」(3)➡こちら
芝崎静雄写真展「四万十府景・IV」(4)➡こちら


ブログで作品をみていただいた皆さまにもお礼を♪
IMG_20150716_0001.jpg

このたびは、茶坊[たがわ]での芝崎静雄写真展「四万
十府景・IV」にお越しいただきまして、ありがとうござい
ました。おかげさまで、過日無事終了することができまし
た。まだまだ未熟ですが、写真の素晴らしさを皆様に少し
でもお伝えできますように、これからも口々精進を重ねて
参りたいと考えております。皆様の暖かい応援とご指導を
今後ともよろしくお願いします。
                平成27年7月吉日
                芝崎 静雄



台風が四国を直撃しています。
どうかお気をつけて、
被害がでませんように!




《管理人の写真日記》
↓7月13日「晴れの日に」  ここは、もう向日葵がおわりかけています。台風が過ぎれば青空ですね
IMG_09472015.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

「茶坊たがわ7周年記念写真展 自由作品」

茶坊たがわ8月の写真展のご案内

7月の「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」には沢山の方にお越しいただき、ありがとうございます。
来月は「自由作品」の写真展です。

IMG_20150715_0001.jpg

IMG_20150715_0002.jpg


どなたかが
《写真には被写体と共に、撮影した自分自身も写る》
とおっしゃっていました。
8月も素晴らしい写真家さんばかりと知っているので、楽しみですね♪



昨年の「「茶坊たがわ6周年記念写真展」から
↓「森の精」  撮影地:北海道  撮影者:森田 裕
IMG_5061.jpg
(光を避けるための傾き、映り込み お許しください。)


ご高覧賜りますよう、ご案内申しあげます。



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

日替わりランチ「夏野菜カレー」


日替わりランチ 「夏野菜カレー」

IMG_09402015.jpg

 ドリンク付き900円


珍しくオーナー自ら写真に撮ってと!
管理人「夏野菜カレーは前にも出したことあるから」と抵抗すると
オーナー「カレーの味が変わってる」言うのです(笑)

写真ではお伝えできない、食べた方だけにわかる夏野菜との相性ぴったりの
一段と美味しくなったカレーです(^^)/



月曜・火曜は和食メニュー。和食はちょっと苦手な方のために、水・木・土・日曜は洋食メニューとなっています。
タイムランチは、なくなり次第終了となりますので、ご予約いただくと幸いです




↓ヤマボウシの花言葉は「友情」
  庭の盆栽の名札には「ヤマボウシ」とありますが、ネットで画像検索するとなにか違うような(^-^;
IMG_09632015.jpg



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

往復はがき(3) 「同窓会のご案内」

往復はがき(3)

往復はがきなど書いたこともなかったのに、なぜか4〜5月には82枚もの往復はがきを購入し書くことになりました。
1枚目  「イサム・ノグチ庭園美術館」あて➡こちら
2枚目 「さぬき市商工観光課プレミアム商品券係」あて➡こちら


80枚は「同窓会のご案内」です

同窓会には基本「行かない派」だったんですけど、
《いつでも会える》ではもうなくて
《会いたくても会えない》日がくることを知る年齢となり、少し前から行くようになりました。
3年ごとの同窓会、幹事は各県の持ち回りで、ことしは香川の5人が幹事です。

で、作り始めたら『往復はがき』の印刷がうまくいかず、2日もかかって悪戦苦闘(@_@)
そんな苦労(?)したことも沢山の「出席」のお返事で吹き飛びました~(^^)/
埼玉、熊本、愛媛、岡山、徳島、吹田、羽曳野、八王子、豊田、赤穂、高砂、池田、高知・・・

2IMG_09492015.jpg


埼玉に住むH君は学生番号が隣なので、よく同じグループで実習していました。何度ノートを貸してあげたことか、私は恩人のはずです(笑)
卒業以来、一度も会っていませんが、

「たまには出席してみようかと思います」

この一言で幹事は報われます♪

行先は金毘羅さんです
こんぴらさんに来る前に! 知っておくと10倍楽しくなるアレコレ
で、愉快な知識でおもてなし♪

「こんぴら」はサンスクリット語が語源

「こんぴら」という名前ですが、これはサンスクリット語の 「クンビーラ」が語源 だと言われています。
「クンビーラ」はワニの姿をした水神で、ガンジス川を司る女神ガンガーの乗り物だそうです。
音声的には「クンビーラ」が「コンピーラ」になって「コンピラ」になったんだと思います。



↓2014年琴平裏参道にて
IMG_70662015.jpg


「往復はがき編」はこれで終わりです。お付き合いいただきありがとうございました♪



追記:日曜日、市役所で「プレミアム商品券」を受け取ってきました。

↓小さいお子さんを連れた若い家族が沢山並んでらっしゃいました。
 みんなでご馳走食べにいくのかな~♪
20150712_111908.jpg

↓デザインはさぬき市らしく《大窪寺》でした!
IMG_09502015.jpg

さぬき市の最終募集は7月17日までですよ。
なお高松市の募集は6月末で終了しています。


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」から(3)


「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」から(3)
IMG_20150603_0002.jpg

素晴らしい作品を出品していただいています。
50音順に、ブログをごらんの皆様にお届けしますね。

第1回(出品者:飯間 裕司、稲田 明、植村 好治)は➡こちら
第2回(出品者:氏家 圭三、大江 長夫、柏原 宏)は➡こちら


↓「深夜」 撮影場所:長野県  撮影者:佐藤 雅彦
佐藤さんIMG_0858


↓「春うらら」 撮影場所:兵庫県朝来町  撮影者:清水 邦計
IMG_0861simizu.jpg


↓「天空の華」 撮影場所:高知県いの町  撮影者:須田 隆司
須田さんIMG_0848


↓「深山の楽園」 撮影場所:徳島県三好市西祖谷山村  撮影者:冨田 則雄
5D3_9965canon2.jpg
(冨田さんの展示場所の映り込みが酷く、お願いして元画像で提供していただいています。)

(作品への映り込み、傾きはお許しください。)


出品者の清水邦計さんは、第80回県展で「香川県教育委員会賞」を受賞されました。
◆写真の受賞作品は➡こちら
おめでとうございます。



ご高覧賜りますようご案内申しあげます。




「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

ブログ村の障害


参加している日本ブログ村に障害がおきています。

この記事は???(2015年7月11日 9時)
ブログ村トラブル


香川県情報の注目記事にちがう方の記事が表示されています"(-""-)"
へんな人でなくて良かったけど、びっくりしました!

茶坊たがわのブログはよく脱線していますが、
基本はお店の宣伝です(笑)
またブログを通じて表現者を応援したいと思っています。

宣伝するよい方法はランキングに参加して3位以内にいることだと教えていただきました。
現在、香川情報・高松情報に参加し、なんとか3位以内にいます。

いつも応援してくださる皆様のおかげですね
ありがとうございます。
障害がどこまで改善されるのかわかりませんが、
今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m


↓2015/05/20 大阪にて
IMG_01082015.jpg


「お店とブログ」への応援クリック
どれか1個だけでいいのでよろしくお願いいたします(^^)/
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村

往復はがき(2) 「さぬき市商工観光課プレミアム商品券係」


往復はがき(2)

往復はがきなど書いたこともなかったのに、なぜか4〜5月には82枚もの往復はがきを購入し書くことになりました。
1枚目  「イサム・ノグチ庭園美術館」あて➡こちら

2枚目は 「さぬき市商工観光課プレミアム商品券係」あて
これも、みごと当選~

2IMG_20150709_0001.jpg

全員当選(^^)/
まだ沢山売れ残っているそうです(';')
お隣の三木町では窓口の販売で並ぶ方もでて即日完売だとか。
往復ハガキのハードルは高かったようです。。。


先日多和の職場に行った時、同じ建物内のさぬき市多和支所に第3次募集のチラシが積まれていました。
↓クリックすると大きくなります
IMG_09342015.jpg

募集チラシには取扱い店の記載もないし、使用期限が今年末までと短いので躊躇される方も多いかも。。
4月末に申し込んで、やっと明日が受け取りです。(ふ~)

さぬき市のみなさん!
大型スーパー(マルナカとかフジ)やローソンなど普段のお買い物にも使えますよ~

得した分は、自分へのごほうびに使ってくださいね
個人商店も待っています。使えるお店は➡こちら


「往復はがき編」はつづく♪




↓多和からの帰り道
 今週も紫陽花の道に寄ってみました。
 なぜか多和に向かう火曜日はいつも雨です。雨の花はきれいだけど、まだ雨の日の撮影には慣れません。。。
 もう紫陽花もおわりですね
IMG_09252015.jpg

IMG_96012015.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

写真展へ 「写団瀬戸」と「写風」


定休日(金曜と第2・4木曜)はオーナーと写真展へ
テーマをもったグループ展に行ってきました。

今回はスマホ撮影、露出補正、ISO感度も変更できる、最近のスマホは優れものです(^^♪
ほんとはカメラ忘れてしまいました(^-^;

◆7/7(火)~7/12(日)  「第5回 写団瀬戸 写真展---テーマ:道」
↓クリックすると大きくなります



「道」をテーマにした組写真です。

20150709_134516.jpg

当番で来られていた写真家さんから、作品掲載のご了解をいただきました。

↓「光のファンタジー」 撮影者:山田 耕治
L20150709_135911.jpg

↓「海のシャンデリア」 撮影者:真鍋 光代
20150709_135039.jpg

↓「光 跡」 撮影者:松下 博行
20150709_135118.jpg

松下さんの下段2作品は車にカメラを固定し、道路標識などの光跡を撮ったそうです。
眼に見えない別の世界を見せていただきました♪


◆県展第2期 平成27年7月4日(土)~7月12日(日) 「写真 香川県文化会館」

◆6/30(火)~7/26(日)「第2回 写風写真展 -- 春・出会いの瞬間」
↓クリックすると大きくなります

IMG_20150603_0001.jpg

毎年たがわで開催していただいている「ときめき 5人展」の女性カメラマン5人と、木村力さんが「春・出会いの一瞬」をテーマに撮影された17作品です。
個性あふれた、それぞれの出会いが楽しい作品展です♪
IMG_09372015.jpg


ぜひ、それぞれの会場に足をお運びくださいませ。




《管理人の写真日記》
青森の友から、うれしいプレゼントが届きました。
さぬきのお皿にのせて記念撮影♪
IMG_09382015.jpg

今日は、その友のご主人の「手術日」です。遠くから手術の成功とご回復を心から祈っています。



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

◆7/16(木)~7/31(金)「フォレスタ 第2回写真展」


お客様からのご案内です 

IMG_20150708_00014.jpg
(当ブログでは個人情報保護のため、ご案内ハガキに記載の連絡先を非公開とさせていただいています。)

フォレスタはかがわ長寿大学で2004年に出会い、写真を趣味にした愛好仲間8名で結成されたグループだそうです。

「かがわ長寿大学」は、60歳以上の県内在住者を対象に、仲間づくりや知識、教養を身につけながら、自らの生きがいと健康づくりを図るとともに、長寿社会を担う地域社会での実践的な指導者を育成するため、平成2年度から高松校で開講しており、26年度からは中・西讃地域で西校を開校しています。(香川県HPから)


「かがわ長寿大学」は入学するのに抽選があるほどの人気で、27年度のカリキュラムをみると、邪馬台国、伊能忠敬など面白そうな講義がみっちり!
でも90分授業だから、かなりの向学心がないと難しそうです。
学ぼうとする精神が素敵ですね


「写真倶楽部フォレスタ 第2回写真展」にぜひ足をお運びください。


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

往復はがき(1) イサム・ノグチ庭園美術館

往復はがきなど書いたこともなかったのに、なぜか4〜5月には82枚もの往復はがきを購入し書くことになりました💦

1枚目  「イサム・ノグチ庭園美術館」あて

お店のある高松市牟礼町から、近くて遠い美術館です。
というのは、
◆開館日: 火・木・土曜日
◆見学時間: 午前10時 ・ 午後1時 ・ 午後3時 の一日3回 (約1時間・定員有り)
◆入館方法: 予約制(往復葉書にて日時指定でお申し込みください)

ね、大変でしょ(笑)

第一希望の10時がとおり行ってきました(^^)/
場所:〒761-0121 香川県高松市牟礼町牟礼3519 

↓石が積まれた道を通って
IMG_99792015.jpg

↓見えてきたのが、美術館の受付です。ここで往復はがきの返信をみせます。
 半分くらいが海外の方達でした。
IMG_99912015.jpg

イサム・ノグチ(1904-1988)が、パリのユネスコ本部の庭園に使う石を探して牟礼を訪れたのは1956年のことです。
 1964年、大きな花崗岩の彫刻『黒い太陽』制作のため、石工たちの協力を求めて、ノグチは再び牟礼を訪れました。そこで、25歳の石の作家・和泉正敏氏やその仲間たちと出会い、彼らと共に石の勉強をしながら制作をしたいと、1969年、ノグチ65歳の時にここにアトリエを構えました。
「将来この場を、慈善と教育のために役立ててほしい」と望んでいたノグチの遺志を受けた方たちが中心となって、1999年5月に「イサム・ノグチ庭園美術館」が開館されました。

↓五剣山をバックに、少し見える瓦屋根が、愛媛の酒蔵を移築した展示場です。
IMG_99872015.jpg

写真はここまでで『撮影禁止!』 

で、いただいたパンフレットの一部だけ!
↓クリックすると少し大きくなります。
IMG_20150707_0001.jpg

150点余の彫刻作品のほか、制作途中の作品など、生前の雰囲気そのままに創作の現場が公開されています。

ノグチは人生最後の20年間、ニューヨークと行き来しながら1年の半分近くを日本で過ごし、3ケ月くらいをここ牟礼で過ごされたそうです。ノグチが暮したのは、丸亀の豪商の家を移築した「イサム家」です。


環境彫刻とも呼ばれる庭園美術館は、不思議なくらい いごこちのいい石の空間でした。
晩年のノグチが愛した《石と人と風景の空間》ですね。
とても面倒な《往復はがき》ですが、アナログな申し込みも楽しんでくださいませ

ノグチの片腕となった25歳の石職人の物語は➡こちら「ビジネス香川 プライムパーソン 和泉正敏」でごらんいただけます。


IMG_99842015.jpg


◆引用:「イサム・ノグチ日本財団」財団➡こちら「サントリー文化財団」から
◆「イサム・ノグチ庭園美術館」へのリンクも申し込みが必要なので、「イサム・ノグチ庭園美術館」で検索してください。



「往復はがき編」はつづきます(^^♪


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

7月の和食ランチ


月曜日・火曜日の和食ランチ(25食限定)
  
文月(ふづき)のお品書きです

冷し茶碗蒸し
鶏の酒蒸し焼き
イカソーメン・スモークサーモン
胡麻豆腐
白身魚の真薯(しんじょ)お吸い物

IMG_09152015.jpg

ドリンク(コーヒーまたは紅茶)付き 900円



↓ 冷し茶碗蒸し、イカソーメン・スモークサーモン
IMG_09162015.jpg

↓鶏の酒蒸し焼き
IMG_09192015.jpg

↓胡麻豆腐
IMG_09172015.jpg

↓白身魚の真薯(しんじょ)お吸い物
IMG_09182015.jpg

↓ドリンク 
IMG_09212015.jpg


タイムランチは、なくなり次第終了となりますので、ご予約いただくと幸いです。

御来店賜りますよう心からお待ち申し上げます。





《管理人の写真日記》
今日は「七夕」
天気予報は雨ですね。
雨の少ない香川では恵の雨ですが、今夜は雨があがりますように

↓お店の近くで
IMG_09102015.jpg


「お店とブログ」への応援クリック よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」から(2)

「茶坊たがわ7周年記念 風景写真展」から(2)
IMG_20150603_0002.jpg

素晴らしい作品を出品していただいています。
50音順に、ブログをごらんの皆様にお届けしますね。

第1回(出品者:飯間 裕司、稲田 明、植村 好治)は➡こちら


↓「涼景」 撮影場所:長野県軽井沢町  撮影者:氏家 圭三
IMG_08682015.jpg


↓「春宵」 撮影場所:高知県仁淀川町  撮影者:大江 長夫
IMG_08492015.jpg


↓「ゆらぎ(つつじ)」 撮影場所:亀鶴公園  撮影者:柏原 宏
IMG_08512015.jpg

(作品への映り込み、傾きはお許しください。)


お店で月刊誌フォトコンを読んでいると、作品づくりのポイントは「プリント」だと!
『プリントが良くなければ、すべてがパーになってしまう』

以前、氏家先生からプリントにこだわることを教えていただきました。
ブログではお伝えできないプリントをぜひ直にごらんくださいね!



ご高覧賜りますようご案内申しあげます。




「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

高松空襲のこと

《写真日記》

この記事を書いている7月4日は高松空襲のあった日です。

戦後70年、いつも聞いていた祖母の話、
ものすごい数の焼夷弾がふってきて、まわりはすぐ火の海、逃げこんだ小学校のプールの水が熱湯となり、「このままでは死ぬ」と出て、大叔母のお寺まで逃げのびて助かったそうです。

IMG_09052015.jpg



高松空襲shikoku_02_001
昭和20年7月4日午前2時56分, 突然空襲が始まり, 10分ぐらい経過したときには, 高松市の中心部は火の海となっていた。それでもB29による爆撃は, 執拗に続けられ, 爆撃が終わるまで106分を要したという。
このとき投下された爆弾は, 高性能爆弾24tと焼夷弾809t(100m2当たり約2.7kg 焼夷弾8個平均)というものすごさであった。
出典:総務省ホームページ (➡こちら



わずか106分の空爆で、
•罹災者/86,400人
•死者/1,359人
•負傷者/1,034人
•行方不明者/186人

当時4歳だった娘の知人は、今も怖かったことを覚えてらっしゃると、
語る人も少なくなった今、
平和への祈りをこめて綴らせていただきました。


↓2015/7/3 カフェ・セゾンにて
IMG_0872.jpg

Imagine there's no Heaven
It's easy if you try
No Hell below us
Above us only sky
Imagine all the people
Living for today...

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people
Living life in peace

想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ
さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって...

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く
そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって...

Imagine / John lennon - 管理人(デイオフィス)の音楽室 -から



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 

「フォトクラブ 六遊会 写真展Ⅲ」へ 


定休日にはオーナーと写真展へ

◆7/1(水)~7/31(金)「六遊会 写真展Ⅲ」←クリックすると大きなDMがあります!

IMG_08912015.jpg
↑ボード下に見えるのは六遊会 住田さんの指!撮影助手をしてくださいました(笑)

「フォトクラブ六遊会」はカメラが大好きで
「写真を皆でわいわいと楽しくマイペースでレベルアップ」を合言葉に、
風景・スナップ・マクロ写真等自由なフォトライフを楽しんでる6人の写真仲間達です。
レベルアップの言葉どおりに、みなさん公募展での入賞を重ねておられます!

第3回写真展では一人4作品、24作品の展示です。


IMG_08822015.jpg


今回は合流したスタッフと一緒に1作品づつをセレクトして50音順に掲載させていただきます♪
なお掲載につきましては六遊会さまのご了解をいただいています。
作品への映り込み、傾きはお許しください。


↓「古寺秋彩」 撮影場所:豊岡市  撮影者:漆原 博
IMG_0886510.jpg


↓「静寂」 撮影場所:境港市  撮影者:大場 恒則
IMG_08942015.jpg


↓「震える」 撮影場所:砥部市  撮影者:住田正二三
IMG_08902015.jpg


↓「弾む想い」 撮影場所:名古屋市  撮影者:廣瀬 正乃
IMG_08832015.jpg

↓「シャワーを浴びて咲く花嬉しそう(川柳)」 撮影場所:新宿区  撮影者:藤川 壽一
IMG_08882015.jpg


↓「ラン♪ らん♪ 爛♪」 撮影場所:丸亀市  撮影者:松尾 忠
IMG_08932015.jpg


フォトクラブ六遊会のブログは➡こちら


カフェ・セゾンのブログ➡こちら



 どうか直に、「フォトクラブ 六遊会 写真展Ⅲ」をご覧になってくださいね!




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ 
ありがとうございます。

多和への通勤路に「合歓の木」


《写真日記》

火曜日、多和への通勤路に「合歓の木」を何本も見つけました。

IMG_95822015.jpg

 

ネムノキの葉は 触っただけでは閉じない。
 夜になると ゆっくりと自分で閉じる。
 それがまるで眠るようなので 「眠りの木」、
 そしてしだいに 「ねむの木」に変化していった。
  「季節の花 300」から 


ずっと昔、初めての病院勤務、慣れない仕事をいつも癒してくれたのが職場前の「合歓の木」。
ちょうどデスクから見える窓にかかるような木の枝からは、いつも優しい風が流れてきていました。

IMG_95792015.jpg

病院の経営が難しくなり、来院患者さんの駐車場確保の目的でその「合歓の木」が伐採されました。
その頃の私は、なんの権限もない職員でしたから、ただ見守るしかなく。。。

今も「合歓の木」をみると、なぜか励ましてくれるような気がします。
IMG_9583 2015
 

花言葉を調べると、「この手を伸ばせば」

やっぱり、勇気をもらえる木でしたね(^^)/ 




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 香川県情報へ
ありがとうございます。
 
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Jul 19, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。