茶坊たがわ「-希望への轍- 未来への写真展-(自由作品)」のご案内

茶坊たがわ5月の写真展のご案内です

IMG_20160331_0001.jpg

茶坊たがわは2016年6月28日をもって閉店いたします。
長年にわたるご愛顧、本当にありがとうございました。

「そんなバナナ」
IMG_9927.jpg
「そんなバナナ」は、オーナーが購入した井本先生(➡ブログはこちら)の作品、この記事に使うようオーナーから指令がありました(笑)


茶坊たがわは、義兄と姉が第二の人生として一緒に始めたお店ですが、お店をはじめてまもなく義兄が他界しました。
(茶坊たがわの歩み➡こちら )

お店は現在の場所に移り、
スタッフの大きな力、
写真家の皆さまのお力ぞえ、
なにより、たくさんのお客様に支えられ8年をむかえることができましたこと、
この場をおかりして厚く御礼申し上げます。


このたびオーナー(姉)は、関西に住む娘夫婦が家を建てたのを機に、
娘夫婦・二人の孫との新しい人生のスタートを切ることになりました。

ファイナルまでの2回の写真展は、
茶坊たがわに関わってくださった皆さまにとっても、未来に向けた記念写真展となるようオーナーが企画しました。

5月の自由作品写真展は、「希望の轍(わだち) -未来への写真展-」
6月の風景作品写真展は、「扉の先へ -いつまでも、色あせない風景-」です


WIMG_20160331_0001 - コピー


すばらしい写真家さん達が集まってくださいました♪

ある写真家さんからは、「最後だから、いい作品だすよ!」と言っていただいています。(感謝)

どうぞ5月・6月の写真展を、ご高覧賜りますよう、ご案内申し上げます。


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは今年の2月、産院を退院するオーナーの娘と二人の孫たちで~す



拍手コメントありがとうございます。
非公開コメのお返事を記事内に書かせていただいています。
 6:58のKさんへ ありがとうございます(^^)/  
 8:30のMさんへ 高本さんにお伝えしますね。喜ばれます♪どなたかに、小さな告知が伝わったかと思うと、私も感激です。知らせてくださって、ありがとうございました。
11:07 のYさんへ  また遊びにいきますよ~♪
12:17のHさんへ  新しい生活への応援ありがとうございます!
15:57 のNさんへ ありがとうございます♪商用ブログなのに迷走してましたが、少しは姉の役にたてたのかなー(^_^;)
17:38のBさんへ 「タイトル」いいでしょ(^^)/ さすが、私のお姉ちゃんです♪最後はいい作品が集まりそうです♪

今日から さつき

お願い:とっても可愛いマルチーズのももちゃんが里親を探しています!
詳しくはアイドッグ ラティ高松店の記事で➡こちらから
  



今日から さつき
さわやかな5月の風がふく季節ですね♪

◆5/1(日)~5/31(火)茶坊たがわ「-希望への轍- 未来への写真展-」が今日からはじまります。

IMG_20160331_0001.jpg

詳しいレポは明日のブログで、
お楽しみに

ご高覧を賜りますよう、お願い申し上げます。




(私語)
根香寺の手水舎にちいさな鯉のぼりをみつけました。
「子供の成長を祈る」のぼりです。
今月の写真展のコンセプトにも「みなさまの未来が幸多く、希望にあふれたものになりますように」とのオーナーの祈りがこめられています。
IMG_199020160429.jpg




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーも根香寺の新緑
「新緑」は5月の季語です

【5月の季語】 立夏、初夏、卯月、卯浪、牡丹、更衣(ころもがえ)、鴨川踊、端午、菖蒲、武者人形、幟、吹流し、鯉幟(こいのぼり)、矢車、粽(ちまき)、柏餅、菖蒲湯、新茶、古茶、新樹、新緑、若葉、筍


【閉店までのカウントダウン 58日】

茶坊たがわ「-希望への轍- 未来への写真展-」から (1) (撮影者:岡 岩雄、川北 成俊、木野 美代子)

◆5/1(日)~5/31(火)茶坊たがわ「-希望への轍- 未来への写真展-」がはじまりました
201605011607.jpg

IMG_20160331_0001.jpg


16名の写真家さんが、素晴らしい作品を出展してくださっています。
IMG_20160501_0002 - コピー

今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね
映り込み、また映り込みを避けるための斜め撮りはお許しくださいm(__)m
           

↓「明日に向って」  撮影地:高知市  撮影者:岡 岩雄
201604270000018103292.jpg
作品には映り込みがありますm(__)m


↓「アフタヌーン」  撮影地:イタリア  撮影者:川北 成俊
201604270000018203292.jpg


↓「蒜山タンチョウの里」  撮影地:岡山・真庭市  撮影者:木野 美代子
201604270000018303292.jpg
作品には映り込みがありますm(__)m



今回の写真展は、森田裕先生(JEUGIAカルチャーセンター高松教室:➡こちら、高松カルチャーセンターの写真教室:➡こちらが展示順などプロデュースしてくださいました。
とても素敵な空間になっています♪



ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは4/26さぬき市の、帰り道でみつけた見上げるほど大きい樹の花
友達が写真見て「桐の花」って教えてくれました
花言葉は「高尚」

調べると
「中国神話の伝説の霊鳥である鳳凰(ほうおう)はキリの木にだけ止まるとされ、日本でもキリは伝統的に神聖な木とみなされてきました。花言葉の「高尚」もこれにちなむといわれます。」とありました


【閉店までのカウントダウン 57日】

拍手コメントありがとうございます。
お礼書いています

「-希望への轍- 未来への写真展-」から (2)(撮影者:高本 晃、佐竹 福馬、承先 佳子)


◆5/1(日)~5/31(火)茶坊たがわ「-希望への轍- 未来への写真展-」から (2)
IMG_20160331_0001.jpg


16名の写真家さんが、素晴らしい作品を出展してくださっています。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね
映り込み、また映り込みを避けるための斜め撮りはお許しくださいm(__)m
           
第1回  撮影者:岡 岩雄、川北 成俊、木野 美代子 ➡こちら


↓「西行を辿る」  撮影地:坂出 白峰寺  撮影者:高本 晃
201605050000022103292.jpg


↓「お遍路さんと小猫」  撮影地:高知県中土佐町  撮影者:佐竹 福馬
201605050000022003292.jpg
映り込みを避けるための斜めに撮らせていただいていますm(__)m


↓「カリブの風」  撮影地:キューバ  撮影者:承先 佳子
201605050000021903292.jpg


ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。




(私語)
今回掲載の写真愛好家 高本さんが、ブログの中である写真家の言葉として
「背景を解ってその町の写真を撮るか、ただその町で撮った写真なのか、表現する意図は変わってくる。 」を紹介されていました。
で、「西行と白峰寺」について ちょっと調べてみましたよ!(笑)

高松市と坂出市にまたがる連峰・五色台。西端の白峰山(377メートル)の中腹に八十一番札所・白峯しろみね寺はたたずむ。上皇の菩提ぼだい寺でもあり、境内には御陵がある。

 「啼なけば聞く聞けば都の恋しきに この里過ぎよ山ほととぎす」

 平安末期の保元の乱(1156年)で敗れた上皇は、この地へ流され、亡くなるまでの8年余りを過ごした。五色台の麓を流れる川を「鴨川」と呼んだといい、今も地名として「東山」などとともに残る。
引用:YOMIURI ONLINE


■この時代の朝廷の院政権力の流れはというと、
 白河(法皇)→堀河(白河の子)→鳥羽(堀河の子)→崇徳(実は白河の子)→近衛(鳥羽の子)→後白河(鳥羽の子)。
佐藤義清(のりきよ:出家後の西行)は下級武士ながら馬や弓矢の武芸はもちろん、詩歌・管絃の道にも優れた才能をもっており、時の権力者に才能が認められていた。
■保元の乱のあと、崇徳院は讃岐に流され、八年を経て長寛二年(1164年)46歳で崩御になった。西行が讃岐へ行ったのはそれから四年後のことで、その時詠じた歌には、落胆した気持ちがよく現れている。

 「よしや君 昔の玉の  床とても かゝらん後は 何にかはせん」

西行と崇徳天皇の関係について、もっと知りたい方は➡こちらでどうぞ

もう一度、作品「西行を辿る」をごらんくださいね
靄の中 崇徳院の怨念と 西行の鎮魂の祈りが、、、、(@_@)




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「4/23五色台からの大槌島と小槌島」
崇徳天皇が自ら写経した大乗経を都(後白河側)に送ったところ、送り返され怒りのあまり天狗になった。
大乗経を海に沈めて呪怨を込めたのが、この大槌島と小槌島の間です。
この記事を書くために写真を撮った訳ではないのですが、なんてグッドタイミング(^^)


【閉店までのカウントダウン 50日】


拍手コメントありがとうございます。
お礼書かせていただいていますm(__)m

「-希望への轍- 未来への写真展-」から(3)(撮影者:曽根真利子、谷澤晃、中野武義)


◆5/1(日)~5/31(火)茶坊たがわ「-希望への轍- 未来への写真展-」から (3)
IMG_20160331_0001.jpg


16名の写真家さんが、素晴らしい作品を出展してくださっています。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね
映り込み、また映り込みを避けるための斜め撮りはお許しくださいm(__)m
           
第1回  撮影者:岡 岩雄、川北 成俊、木野 美代子 ➡こちら
第2回  撮影者:高本 晃、佐竹 福馬、承先 佳子 ➡こちら


↓「カーニバル」  撮影地:神戸  撮影者:曽根 真利子
201605050000023203292.jpg
作品には映り込みがありますm(__)m


↓「年始回り」  撮影地:京都市祇園  撮影者:谷澤 晃
201605050000023303292.jpg


↓「初鯉(恋)」  撮影地:高知県ならぶ土佐佐賀  撮影者:中野 武義
201605050000023103292.jpg
作品には映り込みがありますm(__)m


ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。





(私語)
今日はやっぱり、初鯉初恋の詩を(笑)
立原道造「萱草に寄す」(青空文庫)から

「はじめてのものに」一部

その夜 月は明かつたが 私はひとと
窓に凭れて語りあつた(その窓からは山の姿が見えた)
部屋の隅々に 峡谷のやうに 光と
よくひびく笑ひ声が溢れてゐた

人の心を知ることは……人の心とは……




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「赤いガーベラ」
花言葉は「燃える神秘の愛・常に前進・チャレンジ!」


【閉店までのカウントダウン 44日】

拍手コメントありがとうございます
お礼書かせていただきました

茶坊たがわ「-扉の先へ-風景作品写真展」のご案内


茶坊たがわ6月の写真展のご案内です


IMG_20160404_0003.jpg


茶坊たがわでの最後の写真展です。
いつまでも記憶に残る作品が、最後の写真展を飾ってくれます♪


◆6/1(水)~6/28(火)茶坊たがわ「-扉の先へ-風景作品写真展」 
皆様の記憶にとどめてくださいますよう
ご高覧いただきたく ご案内申し上げます




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「茶坊たがわの扉」です
この扉をでた先に広がる未来が
すべての方にとって
幸多く 実りあるものになりますようにとの祈りをこめて
シャッターを切りました

【閉店までのカウントダウン 41日】

拍手コメントありがとうございます
お礼書かせていただきました

「-希望への轍- 未来への写真展-」から(4)  撮影者:浪越 英司、坂東 千秋、廣瀬 貴美子



◆5/1(日)~5/31(火)茶坊たがわ「-希望への轍- 未来への写真展-」から (4)
IMG_20160331_0001.jpg


16名の写真家さんが、素晴らしい作品を出展してくださっています。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね
映り込み、また映り込みを避けるための斜め撮りはお許しくださいm(__)m
           
第1回  撮影者:岡 岩雄、川北 成俊、木野 美代子 ➡こちら
第2回  撮影者:高本 晃、佐竹 福馬、承先 佳子 ➡こちら
第3回  撮影者:曽根真利子、谷澤晃、中野武義➡こちら


↓「モネ幻想」  撮影地:高知県北川村  撮影者:浪越 英司
IMG_22412016.jpg


↓「水辺の光景」  撮影地:徳島市  撮影者:坂東 千秋
IMG_224420160522.jpg


↓「警戒中」  撮影地:小豆島  撮影者:廣瀬 貴美子
IMG_22262016.jpg
映り込みを避けるため、斜めに撮らせていただいていますm(__)m


ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。



IMG_22182016.jpg

(私語)
水に映った姿というのは、じつに美しいものですね
撮影者の心のフィルターを通って作品になるからかもしれません






「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは生まれて初めて見た苺の花♪
まだまだ知らないことがあります。
苺の花には感動しましたが、
先日、勝手にWindows10のバージョンアップがはじまったのには、自分の無知とはいえ頭にきました
プンヾ(`・3・´)ノプン
ただ、今回はなにごともなくバージョンアップが終了(^_^;)

【閉店までのカウントダウン 37日】

「-希望への轍- 未来への写真展-」から(5)  撮影者:藤岡恒夫、 宮本安紀子、 森田裕



◆5/1(日)~5/31(火)茶坊たがわ「-希望への轍- 未来への写真展-」から (4)
IMG_20160331_0001.jpg


16名の写真家さんが、素晴らしい作品を出展してくださっています。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね
映り込み、また映り込みを避けるための斜め撮りはお許しくださいm(__)m
           
第1回  撮影者:岡 岩雄、川北 成俊、木野 美代子 ➡こちら
第2回  撮影者:高本 晃、佐竹 福馬、承先 佳子 ➡こちら
第3回  撮影者:曽根真利子、谷澤晃、中野武義➡こちら
第4回  撮影者:浪越 英司、坂東 千秋、廣瀬 貴美子➡こちら


↓「甘い誘惑」  撮影地:高松市  撮影者:藤岡 恒夫
2016050000025203292.jpg


↓「光の花」  撮影地:大阪府  撮影者:宮本 安紀子
2016050000025303292.jpg


↓「春待つ水面」  撮影地:萩市 椿群生林  撮影者:森田 裕
2016050000025403292.jpg
お詫び:作品には白い光の映り込みがありますm(__)m



「展示場所は誰が決めたの?」
あるお客様からのお問合せです。

今回の写真展は、森田裕先生(JEUGIAカルチャーセンター高松教室:➡こちら、高松カルチャーセンターの写真教室:➡こちらが展示順などプロデュースしてくださいました。
展示場所というのは作品を生かしたり、そうでなかったりすることがあります。
とても素敵な写真空間になっています♪


2016050000025503292.jpg


作品紹介も今回が最終です
北村修一先生の作品はプロ写真家のため、掲載を遠慮させていただいています。
北村先生のNHK教室は➡こちらです。
他にも教室が沢山ありますので、先生の公式サイトでごらんください「➡こちら」から♪


会期は残り4日!!!
◆5/1(日)~5/31(火)「-希望への轍- 未来への写真展-(自由作品)」
茶坊たがわの地図はココ


ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは我が家の日常

(私語)テレビの芸能ニュースが、「俳優の渡瀬恒彦(71)さんが胆のうがんで闘病中である」と伝えています
人気者の宿命とはいえ、守られるべき情報なのにと思います
しずかに療養していただきたいです


【閉店までのカウントダウン 32日】

拍手コメントありがとうございます

「-希望への轍- 未来への写真展-(自由作品写真展)」の最終日です!


◆5/1(日)~5/31(火)茶坊たがわ「-希望への轍- 未来への写真展-」
自由作品写真展も本日が最終日です!
IMG_20160331_0001.jpg


16名の写真家さんが、素晴らしい作品を出展してくださいました。
第1回  撮影者:岡 岩雄、川北 成俊、木野 美代子 ➡こちら
第2回  撮影者:高本 晃、佐竹 福馬、承先 佳子 ➡こちら
第3回  撮影者:曽根真利子、谷澤晃、中野武義➡こちら
第4回  撮影者:浪越 英司、坂東 千秋、廣瀬 貴美子➡こちら
第5回  撮影者:藤岡恒夫、 宮本安紀子、 森田裕➡こちら
(北村修一先生の作品はプロ写真家のため、掲載を遠慮させていただいていましたが、快く掲載OKをくださいましたので、追加掲載させていただきます)

↓「ツインジャンプ!」  撮影地:さぬき市津田  撮影者:北村修一
201606000003560329221.jpg



窓に特設したボードにも
20160500000283032922.jpg

20160500000286032922.jpg



「-希望への轍- 未来への写真展-(自由作品)」
最終日は15時までです

20160500000285032922.jpg


ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます




(私語)
写真家 小林義明氏の言葉から
「作品づくりは自分の感動を、写真を見た人に伝える作業になります。作品といわれるものにするには、自分の感動をどうやって伝えればいいのか考え工夫することが必要なのです。」

そして、この言葉はこう続きます

「写真を撮ることの基本はとても簡単で、手間をかけて ていねいに撮影することです。」

「今月の写真展」を観てると、この言葉の意味がよくわかるような気がします






「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは、庭のマーガレット
お気に入りのビンにいけて

【閉店までのカウントダウン 29日】

拍手コメントありがとうございます

「-扉の先へ-風景作品写真展」から(1)  撮影者:飯間裕司 、稲田明、 植村好治


◆6/1(水)~6/28(火)「-扉の先へ-風景作品写真展」がはじまりました
茶坊たがわでの最後の写真展です!




「7年の間、多くの素晴らしい出会いがありました。
 かけがえのない たくさんの幸せな時間をいただき、おかげをもちまして
 有終の美を飾ることができます。              店主」



20160600000300032922W.jpg

IMG_20160601_0003 - コピー


16名の写真家さんが、有終の美にふさわしい素晴らしい作品を出展してくださいました。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね

           
↓「煌めきの季節」  撮影地:徳島県黒沢湿原  撮影者:飯間 裕司
20160600000297032922.jpg
作品には映り込みがありますm(__)m


↓「「みちのく」の夜」  撮影地:福島県北塩原村  撮影者:稲田 明
20160600000298032922.jpg
作品には映り込みがありますm(__)m 縦の白い線は映り込みです


↓「夕映え模様」  撮影地:三豊市豊中町  撮影者:植村 好治
20160600000299032922.jpg


ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーもお店から(2) 

【閉店までのカウントダウン 26日】

「-扉の先へ-風景作品写真展」から(2) 撮影者:氏家圭三、 大江長夫、 柏原 宏


◆6/1(水)~6/28(火)「-扉の先へ-風景作品写真展」から(2)



16名の写真家さんが、有終の美にふさわしい素晴らしい作品を出展してくださいました。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね

第1回  撮影者:飯間裕司 、稲田明、 植村好治  ➡こちら  

        
↓「苔むす渓」  撮影地:兵庫県新温泉町  撮影者:氏家 圭三
20160607000003420329221.jpg


↓「桜 雨」  撮影地:仁淀川町  撮影者:大江 長夫
20160604000003410329221.jpg
作品には映り込みがありますm(__)m


↓「もうすぐデビュー」  撮影地:さぬき市  撮影者:柏原 宏
20160607000003430329221.jpg



今回のサブタイトルは
《いつまでも、色あせない風景》です

自然は日々変わってゆき、一日たりとも同じ姿でいることはありません。
なにげない自然の移り変わりを感じ、その中から美しさを見つけ出すことこそ、自然写真の楽しみです。
     自然写真家 小林義明



20160604000003350329221.jpg

ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナー、お店から(5)は
作品を良い状態でみていただくための「スポットライト」

【閉店までのカウントダウン 20日】

拍手コメントありがとうございます
鍵コメIさんへ:ありがとうございます。よろしくお願いいたしますm(__)m

北村修一先生から(^^♪


4月・5月の茶坊たがわの写真展に出展してくださった北村修一先生はプロの写真家です。
ブログでは作品掲載を遠慮させていただいていました。

北村先生は、1964年生まれ、2006年に「北村写真事務所」を設立され、クリエイティブ・フォトグラファーとして創作活動を展開されています。
沢山の写真教室の講師も務められています。
(NHK教室は➡こちら。他の教室は、公式サイトでごらんください➡こちら

来店された先生からオーナーに、
「僕の作品はブログに掲載してなかったんですね。作品は沢山の方にみて頂きたいから、掲載してもよかったんですよ」と

で、本日公開です(^^)/

2016年4月
春の特別企画「さくら写真展」➡こちらから


150縮小2IMG_20160309_00012

↓「夜桜競演」  撮影地:山口県錦帯橋  撮影者:北村修一
201606000003580329221.jpg
照明が映り込んでいますm(__)m



2016年5月
「-希望への轍- 未来への写真展-(自由作品写真展)」➡こちらから

IMG_20160331_0001.jpg

↓「ツインジャンプ!」  撮影地:さぬき市津田  撮影者:北村修一
201606000003560329221.jpg


写真展には先生の生徒さんが沢山お越しくださいました。
遠くてお店に来られなかった方に、こうして観ていただけて幸いです♪

北村先生、ありがとうございました


↓先生の作品を展示しているいつもの場所
  今月はポスターが貼られています
201606000003590329221.jpg


「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナー「お店から(6)」は
お預かりしたDMポストカードのスタンドです
一枚のハガキから広がる出会いってありますね


【閉店までのカウントダウン 19日】

拍手コメントありがとうございます

「-扉の先へ-風景作品写真展」から(3) 撮影者:佐藤雅彦, 清水邦計, 須田隆司 、住田正二三


◆6/1(水)~6/28(火)「-扉の先へ-風景作品写真展」から(3)



16名の写真家さんが、有終の美にふさわしい素晴らしい作品を出展してくださいました。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね

第1回  撮影者:飯間裕司 、稲田明、 植村好治  ➡こちら  
第2回   撮影者:氏家圭三、 大江長夫、 柏原 宏  ➡こちら

       

↓「秋 彩」  撮影地:滋賀県  撮影者:佐藤 雅彦
20160607000003460329221佐藤
斜めに撮らせていただきましたが、映り込みがありますm(__)m


↓「喜びの詩」  撮影地:長野県戸隠  撮影者:清水 邦計
20160607000003470329221清水
作品には沢山の映り込みがありますm(__)m


↓「暮行く海峡」  撮影地:愛媛県大島  撮影者:須田 隆司
20160607000003480329221須田


↓「羽根休め遠き旅路にアサザ咲く」  撮影地:徳島県岳人の森  撮影者:住田正二三(➡ブログはこちら


20160607000003490329221住田
作品には映り込みがたくさんありますm(__)m
(駐)浅沙 (あさざ):別名は花蓴菜(はなじゅんさい) 、「準絶滅危惧種」とされています。
花言葉は、「しとやかな、平静、信頼」



ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。



(私語)
今日(6/12)新聞の書評をよんでいると、
「ほんとうの大人は、いつも初々しい少年の心をなくさない」そうなのです。

写真家のみなさんが写真のお話しをされる時、
作品の搬入・搬出時、
いつも少年・少女のような表情をされてるのをみてきました
ほんとうの大人なんですよね~



「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーはさぬき市多和「老いた桜の樹 2016年6月」です
伸びやかに青空へ向かっていました

【閉店までのカウントダウン 15日】

「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至


◆6/1(水)~6/28(火)「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)



16名の写真家さんが、有終の美にふさわしい素晴らしい作品を出展してくださいました。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね

第1回 撮影者:飯間裕司 、稲田明、 植村好治  ➡こちら  
第2回 撮影者:氏家圭三、 大江長夫、 柏原 宏  ➡こちら
第3回 撮影者:佐藤雅彦, 清水邦計, 須田隆司 、住田正二三➡こちら       



↓「海辺の楽園」  撮影地:三豊市詫間町  撮影者:冨田 則雄
20160601618000004180329221 冨田さん


↓「晩秋の峠」  撮影地:福島県裏磐梯  撮影者:半明 薫
20160607000003440329221ハンミョウさん
作品には映り込みがありますm(__)m


↓「朝焼けの雨晴(あまはらし」  撮影地:富山県高岡市  撮影者:本川 至
201606000003540329221本川
作品には映り込みがありますm(__)m


(私語)
先日、第1回の出展者でもある植村好治先生の写真教室で
写真家 岡嶋和幸氏に触れていました。

写真初心者の管理人でも、そのお名前だけは知っています。
記事では心に響く言葉を引用させていただいていますが、一番多いのが写真家 岡嶋和幸氏でした。
写真と向き合う姿勢に、いつも共感していたのだと思います。
2014年3月16日の記事 「どれ選ぼう?」➡こちら  
2015年7月23日の記事 「写真は足し算」➡こちら  
2016年3月8日の記事  「フォトジェニックなものは、、」➡こちら  

「評価をねらっても思いどおりの結果がなかなか出ないのが写真。
受けをねらっても、受ける人もいれば受けない人もいる。
それなら他人に合わせようとせずに、自分が本当に良いと思える写真を選ぼう。
選ぶべきは「きれいに」「上手に」撮れたものではなく自分がいちばん好きな一枚だ。
抽象的でなんだかよくわからなくても、それを好きだと思うならそれでいい。
              - 写真月刊誌「フォトコン」から 写真家 岡嶋和幸- 」
   

「-扉の先へ-風景作品写真展」の編集をするとき、
写真家さんがこの写真を選んだ重みをいつも感じています。



ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます


【閉店までのカウントダウン 8日】

「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文


◆6/1(水)~6/28(火)「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5)



16名の写真家さんが、有終の美にふさわしい素晴らしい作品を出展してくださいました。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね

第1回 撮影者:飯間裕司 、稲田明、 植村好治  ➡こちら  
第2回 撮影者:氏家圭三、 大江長夫、 柏原 宏  ➡こちら
第3回 撮影者:佐藤雅彦, 清水邦計, 須田隆司 、住田正二三➡こちら  
第4回 撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 ➡こちら 


第5回 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文  


↓「ミツマタ咲く森」  撮影地:徳島県神山町  撮影者:松本 省五(➡ブログはこちら)
20160601620000004310329221 松本


↓「初 夏」  撮影地:愛媛県久万高原町  撮影者:三井 勝支
201606000003510329221三井


↓「小さな春」  撮影地:高松市  撮影者:山本 弘文
20160601620000004320329221 山本



「-扉の先へ-風景作品写真展」の作品紹介も今回が最終です。

5月の「-希望への轍- 未来への写真展- (自由作品)」
6月の「-扉の先へ-風景作品写真展」は
7年間の多くの素晴らしい出会いの集大成ともなる写真展となりました。
会期も残り4日間です(金曜は定休日)。
かけがえのない 幸せな時間を ぜひここでお過ごしください

20160601620000004330329221


ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「お店から(8)」
外からみえる席です
一段高い床のこの席は7人テーブルで、グループでのお客様がよくご利用になられます

【閉店までのカウントダウン 4日】

拍手コメントありがとうございます
(非公開コメのお礼は記事内に書かせていただいています)
ディーンフジオカ似の鍵コメさんへ :木曜のお休みはわかりにくいですよね。お越しいただいたでもありがたいです。鍵コメさんがどなたかは、姉だけは読めばわかります(笑)  最終作品は素晴らしい作品ばかりなのでを直にみていただけなくて残念ですが、今回の総集編でお楽しみくださいね♪ありがとうございましたm(__)m

最終日


◆6/1(水)~6/28(火)「-扉の先へ-風景作品写真展」も今日が最終日、15時までです!


16名の写真家さんによる、有終の美にふさわしい素晴らしい作品展です。

第1回 撮影者:飯間裕司 、稲田明、 植村好治  ➡こちら  
第2回 撮影者:氏家圭三、 大江長夫、 柏原 宏  ➡こちら
第3回 撮影者:佐藤雅彦, 清水邦計, 須田隆司 、住田正二三➡こちら  
第4回 撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 ➡こちら 
第5回 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文➡こちら   




茶坊たがわの営業は今日で終わります。
5月の「希望への轍 -未来への写真展- (自由作品)」
6月の「扉の先へ - 風景作品写真展」
このオーナー企画には、
今日の日が終わりではなく、すべての方にとって、希望ある未来への扉を開ける日であってほしいとの想いがこめられています。
WIMG_20160331_0001 - final


ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます



saisyuubino.png

管理人が書き留めていたノートから
NHK連続テレビ小説「花子とアン」で、はなが学ぶ修和女学校の卒業式、ブラックバーン校長先生の生徒へのはなむけの言葉です。

「The best things are never in the past, but in the future.
 最上のものは過去にあるのではなく将来にあります」




「お店とブログ」への応援クリックありがとうございました(6/28 ブログ村参加の最終日のINポイントは今までの最高370でした。いい思い出になりました。)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ

ありがとうございます

20160627_142810.jpg 20160627_142835.jpg



拍手コメントありがとうございます(非公開コメのお礼は記事内に書かせていただきました)
  9時の鍵コメさんへ:ありがとうございますm(__)m ブラックバーン校長先生の言葉、今の気持ちにぴったりでしょ(^^)/ 
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
最新記事一覧
ありがとうございました♪ Jun 22, 2017
最終日 Jun 28, 2016
応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実) Jun 27, 2016
私語 --選択の権利-- Jun 26, 2016
僕の夢は ここで個展をすることだったんです Jun 25, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文 Jun 24, 2016
オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年) Jun 23, 2016
オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年) Jun 22, 2016
八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」 Jun 21, 2016
「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 Jun 20, 2016
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
管理人のプロフィール

UP

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。