ありがとうございました♪


茶坊たがわは2016年6月28日をもって閉店いたしました
7年の間 多くの素晴らしい出会いがありました
かけがえのない たくさんの幸せな時間をいただき
本当にありがとうございました                    
                                 店主


店主(姉)は関西に住む娘夫婦、孫二人との新しいスタートを切ります。

ブログは大切な作品をお預かりしているので、ページはこのまま残させていただきますね!時折にでも 楽しんでいただけましたら幸いです。

↓カテゴリのバナーをクリックして ごらんください
以前は拍手バナーを設置していなかったので、古い記事には拍手がありません。ごめんなさいm(__)m
 

画面右のカテゴリ「茶坊たがわ 写真展」では、
作品を掲載させていただいている記事から、グループ展、個展ごとに編集しています。
作品展毎に、古い記事順になっています。
どうぞ、ご覧ください♪



最終日、展示を終えて

↓集まってくださった写真家の皆さま
IMG_1640-1-1.jpg
Photo by matumoto
 運悪く、管理人は仕事で間に合っていません(^_^;)  
 花束を抱えてお店に急ぎました


20160628_165542.jpg



すべてが終わり そして また始まります
20160628_173032.jpg


皆さまのご健康とご多幸を こころからお祈り申し上げます
ありがとうございました

                         2016年6月29日





2016/9/23「おるすばん」

最終日


◆6/1(水)~6/28(火)「-扉の先へ-風景作品写真展」も今日が最終日、15時までです!


16名の写真家さんによる、有終の美にふさわしい素晴らしい作品展です。

第1回 撮影者:飯間裕司 、稲田明、 植村好治  ➡こちら  
第2回 撮影者:氏家圭三、 大江長夫、 柏原 宏  ➡こちら
第3回 撮影者:佐藤雅彦, 清水邦計, 須田隆司 、住田正二三➡こちら  
第4回 撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 ➡こちら 
第5回 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文➡こちら   




茶坊たがわの営業は今日で終わります。
5月の「希望への轍 -未来への写真展- (自由作品)」
6月の「扉の先へ - 風景作品写真展」
このオーナー企画には、
今日の日が終わりではなく、すべての方にとって、希望ある未来への扉を開ける日であってほしいとの想いがこめられています。
WIMG_20160331_0001 - final


ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます



saisyuubino.png

管理人が書き留めていたノートから
NHK連続テレビ小説「花子とアン」で、はなが学ぶ修和女学校の卒業式、ブラックバーン校長先生の生徒へのはなむけの言葉です。

「The best things are never in the past, but in the future.
 最上のものは過去にあるのではなく将来にあります」




「お店とブログ」への応援クリックありがとうございました(6/28 ブログ村参加の最終日のINポイントは今までの最高370でした。いい思い出になりました。)
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ

ありがとうございます

20160627_142810.jpg 20160627_142835.jpg



拍手コメントありがとうございます(非公開コメのお礼は記事内に書かせていただきました)
  9時の鍵コメさんへ:ありがとうございますm(__)m ブラックバーン校長先生の言葉、今の気持ちにぴったりでしょ(^^)/ 

応援ありがとうございます♪ (付:八栗寺の菩提樹の花、でなくて実)


いつもお店とブログへの応援クリックありがとうございます。

2012年6月にブログをはじめて、しばらくは5人だけのアクセスでした。
8ケ月が過ぎたころ、1日30くらいのアクセスになり喜んでいたのですが、
娘から「私のブログ、1日1000以上アクセスあるよ」
「ランキングに参加したら!」とのアドバイス(@_@)

順位をつけることにちょっと抵抗があるものも、
ランキングで3位以内になるとお店の宣伝になるとの情報もあり、参加を決めました。
皆様の所へ訪問して、ポチをしてると面白いカテゴリーの発見、新しいブログ仲間との出会いがありました(^^♪

おかげさまで、
↓四国ブログ人気ランキング(3028人) 2016年6月26日(日)22時
2016060262212.png

沢山の応援ありがとうございます。
恥ずかしいですが、いただいた応援の記録として、ブログの成長記録として掲載させていただきました。


この前からブログのカテゴリ等を整理していて、一番変わったのは掲載している写真かなと気づきました。(始めた2012年6月のブログ➡こちら) 少しは成長してるようです。



(付)少しだけ成長した《写真日記》をどうぞ♪

6/23の定休日、オーナーから「八栗寺の菩提樹の花を見に行こう」と(^^)/
八栗寺の地図は➡こちら

八栗寺(やくりじ)は、四国八十五番札所。
天長6年(829年)弘法大師 空海により開基されました。
目的の「菩提樹」は護摩堂の前にあります。
20160626000004510329221

↓ありました~
木の名はおシャカさまの菩提(悟り)に由来するそうです。
20160626000004450329221

↓でもね、花ではなくて「実」でした(^^;)
20160626000004490329221

20160626000004480329221

菩提樹の説明板を読むと、
「六月半ばころハート形の葉の下側に薄黄色の花を下向きに咲かせ、甘い香りを漂わせます。」

残念!「いいよ」と聞いたら、すぐ行かないとダメでしたね、、、

現在、くつわDOでの個展 「稲毛清和写真展-瀬戸の夕景とインドネシア皆既日食」を開催中の稲毛さんが
ブログ「高松の素敵な風情 四季の高松」の6/17に菩提樹の花をアップされています。お花は、➡こちらでご覧くださいませ。


花には遅かったですが、
お釈迦さまが悟りをひらいたという菩提樹がつくる影はやさしく、気持ちいのいい風のもとで癒されました~♪
20160626000004470329221


落葉の頃の菩提子という硬い実は、へら状の苞(ほう)についたままで、竹とんぼのように空をくるくる舞うそうです。
また、みたいですね~


帰りにはオーナー推薦の「よもぎ餅」を買いに
保存料を使わないので作り置きはしないと、目の前で手作りしてくれました。
冷たいお茶も出してくださって、できたてを食べました! 美味しかった~
↓動いてるケーブルから撮ったお店です。登り口の所にあります。
201606016202000004440329221

よもぎ餅の写真はありません(^_^;) 撮る前に食べてしまいましたm(__)m
ぜひ、お店に行ってくださいね。1個120円です♪




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます

20160626_122125.jpg20160626_122145.jpg
20160626_122252.jpgfloral.jpg


【閉店までのカウントダウン 1日】

拍手コメントありがとうございます

私語 --選択の権利--


新しい生活に向かうため整理しているオーナーから、CD、家族のアルバムが届いています。
この前は、本が届きました。

そうだ!
積んどかないで、ブログに残しておくと忘れないでいられる~(笑)
で、ここに(^^♪
IMG_25132016.jpg


「人間だれしも
生まれて
ずっと
その時、その時で
選択の権利が
本人の手の中に
あったという事を
けっして
わすれないでください」


人間はみんな一生をかけてそれぞれの人生を創作する作家なんだと思います。
 
  (ひろはま かずとし著 「いつだって あなたは すてきだよ」から)




2016/3/31
201606016202000004390329221

2016/5/20
IMG_25022016.jpg

2016/5/20 
201606016202000004400329221


先日、写真家が書評を書いているので読んでみると、
幸せになるために、本当に必要なものは「自信」でも、「お金」でもなく
「決意」なんだそうです。
(高島大著「すぐそばも幸せにできなくて」 評:写真家 植本一子)


自分の人生を 何かのせいにしたくなる時ってありますね
でも結局は自分で選択した生き方なんですね


記事に添付したのはオーナーの家の花たちです。
幸せになるための決断をした姉へ、高松の思い出にと





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「木の小箱」 向井幸子さまの手描きです♪

↓蓋をあけると♪
20160618_151647.jpg


【閉店までのカウントダウン 2日】


拍手コメントありがとうございます

僕の夢は ここで個展をすることだったんです


「お店やめるんですか?
僕の夢は、ここで個展をすることだったんです、、」


オーナー(姉)が一番聞きたかった言葉だったと、
いままで頑張ってよかったと、
とても嬉しそうに話してくれました。

まだ30代とおぼしき青年は、若手写真愛好家の飯間裕司さん(ホームページは➡こちら)が写真を指導されている生徒さんです。

個展・グループ展をしようと思えば、プリント代も馬鹿になりません。額まで用意するとなるとそれは大変です。
オーナーは自前の額16個を用意して、必要な方には貸出をし、写真愛好家さん達を応援をしていました。
オーナーの想いが伝わっていたのですね(^^)/


その若手写真愛好家の飯間裕司さんたちのグループ「香写aRT ~カシャート~」(ホームページは➡こちら)は、8月にグループ展をします。
香写ArtIMG_20160618_0001
会場:庵治・観光交流館←クリックすると地図がひらきます

ぜひごらんくださいませ


お店の額は閉店がきまり、3人の方から譲り受たいとのお申し出がありました。
一番最初に声をかけてくださった方の所にお嫁にまいります。
額達は、これからもみなさんと作品展でお会いすることになりそうです(笑)


2015年12月の茶坊たがわ「美しき神山 写真展」から
↓「光のシャワー」  撮影地:雨乞の滝  撮影者:飯間 裕司
IMG_016920151201.jpg


↓「光の中で」  撮影地:農村ふれあい公園  撮影者:飯間 由香里
IMG_015520151201.jpg

この写真展でも、茶坊たがわの額を使ってくださっていました(^^)/




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「お店から(9)」 ある日の写真展予定表です

当初は出展者さがしにも苦労していたようでした
カフェ・セゾンのオーナー、ご自身も写真愛好家である松本さんが、損得なく力になってくださったと聞いていますm(__)m
次第に出展希望者が集まり、1年以上も先の予定で埋まるようになりました
姪との同居を決めたのは昨年の初夏のころ、それからけじめとなる2016年6月まではと頑張っていました

ここまでこれたのも、多くのお客様、写真家の皆様、ブログで応援してくださる方達のおかげですね
なによりも良きスタッフに恵まれました
ありがとうございます

【閉店までのカウントダウン 3日】


拍手コメントありがとうございます(非公開コメのお礼は記事内に書かせていただいています)
9時の鍵コメさんへ :ありがとうございますm(__)m 姉の想いを知って私も感激しました(^^)/

「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5) 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文


◆6/1(水)~6/28(火)「-扉の先へ-風景作品写真展」から(5)



16名の写真家さんが、有終の美にふさわしい素晴らしい作品を出展してくださいました。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね

第1回 撮影者:飯間裕司 、稲田明、 植村好治  ➡こちら  
第2回 撮影者:氏家圭三、 大江長夫、 柏原 宏  ➡こちら
第3回 撮影者:佐藤雅彦, 清水邦計, 須田隆司 、住田正二三➡こちら  
第4回 撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至 ➡こちら 


第5回 撮影者:松本省五、三井勝支、山本弘文  


↓「ミツマタ咲く森」  撮影地:徳島県神山町  撮影者:松本 省五(➡ブログはこちら)
20160601620000004310329221 松本


↓「初 夏」  撮影地:愛媛県久万高原町  撮影者:三井 勝支
201606000003510329221三井


↓「小さな春」  撮影地:高松市  撮影者:山本 弘文
20160601620000004320329221 山本



「-扉の先へ-風景作品写真展」の作品紹介も今回が最終です。

5月の「-希望への轍- 未来への写真展- (自由作品)」
6月の「-扉の先へ-風景作品写真展」は
7年間の多くの素晴らしい出会いの集大成ともなる写真展となりました。
会期も残り4日間です(金曜は定休日)。
かけがえのない 幸せな時間を ぜひここでお過ごしください

20160601620000004330329221


ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「お店から(8)」
外からみえる席です
一段高い床のこの席は7人テーブルで、グループでのお客様がよくご利用になられます

【閉店までのカウントダウン 4日】

拍手コメントありがとうございます
(非公開コメのお礼は記事内に書かせていただいています)
ディーンフジオカ似の鍵コメさんへ :木曜のお休みはわかりにくいですよね。お越しいただいたでもありがたいです。鍵コメさんがどなたかは、姉だけは読めばわかります(笑)  最終作品は素晴らしい作品ばかりなのでを直にみていただけなくて残念ですが、今回の総集編でお楽しみくださいね♪ありがとうございましたm(__)m

オーナーのカウンターコーナー 後編(2015年~2016年)


管理人がオーナーのカウンターコーナーと呼ぶのは、カウンター席に置いてある大きな額です。
いつのまにかオーナーとスタッフが毎月展示する内容を企画・表現する場となっています。ブログに残している画像をまとめてみました。
今回はその後編です。 ◆前編➡こちら


↓2015年1月「写真家さんからの 写真年賀状特集」
IMG_7838 - コピー


↓2015年4月 「さくら特集」(撮影者:松本省五、冨田則雄、住田正二三)
IMG_9378.jpg

↓(撮影者: 冨田則雄
IMG_9641.jpg


↓「7周年記念写真展」出展者から (撮影者:松本省五、冨田則雄、住田正二三)
IMG_15532015.jpg


↓2015年10月 「我楽多市(がらくたいち)」
IMG_23522015.jpg


↓2016年1月「写真家さんからの 写真年賀状特集」
IMG_298120160107.jpg


↓2016年4月 「さくら特集」(撮影者:松本省五、冨田則雄、住田正二三)
↓Photo by Tomida
20160330_13141620160330.jpg

↓Photo by Sumida&Matumoto
20160330_13143720160330.jpg


↓2016年6月「茶坊たがわ写真展の軌跡」(少し大きい画像は➡こちらどうぞ)
2009年7月から2016年6月までの7年間をご案内ハガキでたどっています♪
20160601613000003790329221


以上です。

こうしてたどると、松本省五さん(➡こちら)、冨田則雄さん、住田正二三さん(➡こちら)
には、たくさんの作品を提供していただいていました(^^)/
あらためて ありがとうございましたm(__)m


「我楽多市(がらくたいち)」は閉店翌日の29日10時~15時まで
「茶坊たがわ」と前店舗だった「珈風香(かふか)」2店舗合同の「我楽多市(がらくたいち)」を開催します!
garakutaiti.png
こちらもよろしくお願いいたします。


好評だった「写真家さんからの 写真年賀状特集」はカフェ・セゾンさん(➡こちら)が引き継いでくださるそうです(^^)/
来年、自信の一枚で作った年賀状は、カフェ・セゾン宛で決まりですね(笑)




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます

20160622_133218.jpg
おか様から
「つゆ草の 花汁は友禅染の下絵となり 決して威張らない 表にでない」
と教えていただきました

【閉店までのカウントダウン 5日】

拍手コメントありがとうございます

オーナーのカウンターコーナー 前編(2013年~2014年)


管理人が「オーナーのカウンターコーナー」と呼ぶのは、カウンター席に置いてある大きな額です。
いつのまにかオーナーとスタッフが毎月展示する内容を企画・表現する場となっています。
ブログに残している画像をまとめてみました


↓2013年11月 「東野廣さん特集」
IMG_1472.jpg


↓2013年12月 「松下博行さん特集」
IMG_2127 - コピー2


↓2014年1月 「写真家さん達の、写真付き年賀状特集」
IMG_2333.jpg


↓2014年2月 「冬一日(ふゆいちじつ)」
日が昇りやがては沈んでゆく一日
オーナーがコンデジで窓辺の影が教えてくれる「茶坊たがわの1日」を撮りました。
IMG_2633.jpg


↓2014年3月 「望春」
お客様から春をいただきました
IMG_3359.jpg


↓2014年4月「六遊会 撮影風景」
IMG_3631.jpg


↓2014年5月 「水嶋康宣さんを紹介します」(➡ブログはこちら
IMG_4318.jpg


↓2014年9月 「柏原宏さん特集」
20140929_123809.jpg
柏原さんは茶坊たがわが始まって2回目に個展をしてくださっています。
一番多い出展数です!ありがとうございましたm(__)m



こうして振り返ると その時間まで戻ってくるようです。

時々しか撮っていませんでしたから、少ししかなくて残念です。
毎月きちんと撮っておけばよかったです(^_^;)

記録と記憶、、、


後編(2015年~)につづきます




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは「お店から(7)」
シュガーポットです♪
牟礼町は石の町、後ろは石のスタンドライト

【閉店までのカウントダウン 6日】

拍手コメントありがとうございます
9時の鍵コメさんへ:コメントありがとうございます。オーナーもスタッフも楽しんでいます(^^♪

八十八庵(やそばあん)さんの「あじさい園」


四国霊場八十八番結願所大窪寺の門前にある八十八庵(やそばあん)は、打ち込みうどんとシャクナゲの花(4月中旬~5月上旬)が有名ですが、今の時期(6月上旬~7月上旬)は約1500株のあじさいを無料で公開しています♪



6/14(土)、多和での仕事前にあじさい園に行ってきました~♪
日本ブログ村の応援バナーで6/15~6/17に連載してたレポは今回で完結です。

(1)6/15
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
今日のバナーは6/14大窪寺前、八十八庵さんの「あじさい園」です
八十八庵さんで入園券(無料)をいただいて入ります
↓入口
20160601613000004000329221

(2)6/16
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ

入園すると、細い道が続きます
ひとりで来たので、ちょっと不安(◎_◎;)
20160601613000004020329221
先行くこの方の肩には「ニコンD800」
友人と同じカメラなので、一気にお話が弾みました~
初対面の3人で声掛けしながら撮影!
不思議ですね、カメラが共通語になりました(^^)/

(3)6/17
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
↓山道を200mくらいはいると、八十八庵さんでもらった入園券入れがあります。3人目でした(^^)/
20160601613000004050329221
八十八庵のスタッフの方は感じがよくて、入園券(無料)をくださる時もニコニコ♪
お大師様の近くて暮らすと、みんなそうなるのかなぁ~


↓無料入園券はとても立派なカード
 (お帰りの時に、よろしければ何か買ってあげてくださいね。こんにゃくも美味しいですよ♪)
 八十八庵さんのHP➡こちら
20160601619000004190329221

↓ニホンアジサイとガクアジサイ二種類のあじさいが植えられています。
 土のせいか青い紫陽花が多いです。
 整備していた八十八庵のスタッフの方が「雨あがりなので、今日は色がきれいですよ!」と (ラッキー♪)
20160601619000004200329221

20160601619000004220329221

20160601619000004210329221

このあじさい園を始められたのは35年前から
旧長尾町の町花があじさいだったことから、地元の役に立てればと初代店主が始められたのだそうです。
20160601619000004250329221

標高500mからのあじさいは見ごたえがあります(^^)/
20160601619000004240329221

ちょっと光を意識しましたが、道は細く、上ばかり見てると転倒しそうになってあっさりギブアップ!(^_^;)
20160601619 000004290329221

↓朝はカメラを持った3人だけだったのですが、だんだんお客様も増えて、みなさん歓声を上げながら散策されていました。
 杖の貸し出しもありましたよ♪
20160601619000004260329221


帰りは八十八庵さんの冷やしぶっかけ(冷たいうどんに大根おろしが入っています)で、充電して仕事に向かいました(^^)/

6月上旬~7月上旬、大窪寺にお越しの節は、ぜひ「1500株の紫陽花」もお楽しみくださいね
20160601619000004280329221

さいごまでお付き合いいただき ありがとうございました。

写真日記「八十八庵のあじさい園」 
おわりです。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
ありがとうございます
今日のバナーは八十八庵の駐車場で、お隣の車(笑)
車で回るお遍路さんは、駐車場で白装束に着替え参拝される方も多くおられました。
お隣の車のご夫婦が、参拝を終え、装束を車のシートにかけたので、
「面白いので写真撮らせてください」とお願いしたら、丁寧にとシワをのばして準備してくださいました(^^)/

【閉店までのカウントダウン 7日】

拍手コメントありがとうございます

「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)  撮影者:冨田則雄 、半明薫、本川至


◆6/1(水)~6/28(火)「-扉の先へ-風景作品写真展」から(4)



16名の写真家さんが、有終の美にふさわしい素晴らしい作品を出展してくださいました。
今月も数作品づつ(50音順)ご紹介させていただきますね

第1回 撮影者:飯間裕司 、稲田明、 植村好治  ➡こちら  
第2回 撮影者:氏家圭三、 大江長夫、 柏原 宏  ➡こちら
第3回 撮影者:佐藤雅彦, 清水邦計, 須田隆司 、住田正二三➡こちら       



↓「海辺の楽園」  撮影地:三豊市詫間町  撮影者:冨田 則雄
20160601618000004180329221 冨田さん


↓「晩秋の峠」  撮影地:福島県裏磐梯  撮影者:半明 薫
20160607000003440329221ハンミョウさん
作品には映り込みがありますm(__)m


↓「朝焼けの雨晴(あまはらし」  撮影地:富山県高岡市  撮影者:本川 至
201606000003540329221本川
作品には映り込みがありますm(__)m


(私語)
先日、第1回の出展者でもある植村好治先生の写真教室で
写真家 岡嶋和幸氏に触れていました。

写真初心者の管理人でも、そのお名前だけは知っています。
記事では心に響く言葉を引用させていただいていますが、一番多いのが写真家 岡嶋和幸氏でした。
写真と向き合う姿勢に、いつも共感していたのだと思います。
2014年3月16日の記事 「どれ選ぼう?」➡こちら  
2015年7月23日の記事 「写真は足し算」➡こちら  
2016年3月8日の記事  「フォトジェニックなものは、、」➡こちら  

「評価をねらっても思いどおりの結果がなかなか出ないのが写真。
受けをねらっても、受ける人もいれば受けない人もいる。
それなら他人に合わせようとせずに、自分が本当に良いと思える写真を選ぼう。
選ぶべきは「きれいに」「上手に」撮れたものではなく自分がいちばん好きな一枚だ。
抽象的でなんだかよくわからなくても、それを好きだと思うならそれでいい。
              - 写真月刊誌「フォトコン」から 写真家 岡嶋和幸- 」
   

「-扉の先へ-風景作品写真展」の編集をするとき、
写真家さんがこの写真を選んだ重みをいつも感じています。



ぜひ ご高覧を賜りますよう お願い申し上げます。




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます


【閉店までのカウントダウン 8日】

「第五回  姫路城 現代美術ビエンナーレ2016展」のご案内


ご案内
姫路城現代美術1IMG_0001b_20160610224712787
 ↑↓クリックすると大きくなります
姫路城現代美術2IMG_0002b_201606102247132a2

展示された美術作品の持つ個性豊かな感覚、力に接することによって市民生活の活力となり、
人々の心の潤いになればという願いで、
市民・美術家と行政によって企画運営される美術展です。(パンフレットから引用改変)

ビエンナーレといのは隔年開催という意味、今回で5回目の開催です。

立体では、彫刻家の水嶋康宣さんが、
平面では、写真家の大西艸人(そうじん)さんが出展されます。
(大西さんは、茶坊たがわによく出展していただいているフォトグラファー高本晃さんが所属する「草土会」の会員さんです)


京都の彫刻家 水嶋康宣さん(➡こちら)は2013年の善通寺野外造形展「Art at the Temple」から、香川での作品展開催の折には、お店に寄ってくださっています。
本日が最終日の「Art Summit On the 御山 2nd」で来県された折、
オーナーにお餞別にと素描作品(色鉛筆画)を贈ってくれました。

↓「落葉  Leaves collection (秋の宝物 Autumn's treasures) 」
20160601618000004170329221 2


「銀杏の木の花言葉」は、「荘厳」「長寿」「鎮魂」

樹は新しく生まれ変わるため、葉を落とすといわれています。
今の生活をたたみ、新しい世界へ向かうオーナー(姉)には
とても嬉しいメッセージとなりました

ありがとうございました


お近くの方は、ぜひ
◆7/14(木)~7/24(日)「第五回  姫路城 現代美術ビエンナーレ2016展」
姫路市:イーグレひめじ
に足をお運びくださいませ

イーグレ姫路について、詳しくは➡こちらのHPからどうぞ




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます

【閉店までのカウントダウン 9日】

拍手コメントありがとうございます

「稲毛清和写真展-瀬戸の夕景とインドネシア皆既日食」と「KENの会 写真展」へ


定休日はオーナーと写真展へ

最初は、高松市:くつわDO
「稲毛清和写真展-瀬戸の夕景とインドネシア皆既日食」
IMG_20160501_00011506.jpg

稲毛さん(ブログは「高松の素敵な風情 四季の高松」➡こちら)さんから直接お話を聞かせていただきました(^^)/
20160601613000004060329221

さきに、とても明るいカフェなので、映り込みが多くありますことをお詫びしますm(__)m


写真展は二つのテーマに分かれて展示されています
【インドネシア皆既日食】

↓皆既日食の連続写真です。月と太陽が重なる時間は2分40秒
20160601613000004070329221

20160601617000004130329221


↓「ベイリービーズ」月の凹凸の隙間から太陽の光が漏れてまるで光のビーズが連なったように見えます
20160601613000004080329221


↓「コロナ」薄雲が広がる状況でしたが、綺麗な内部コロナの広がりが見えました
20160601613000004090329221


【瀬戸の夕景】
20160601613000004100329221

↓「夕日と船」 撮影場所:大越馬返
20160601613000004110329221


稲毛さんは、さぬき市多和にできた「天体望遠鏡博物館 ➡こちら」で、天文ボランティア スタッフもされています。天体観測の専門家です♪
天体写真のノウハウを沢山お聞きしたのですが、間違ってお伝えしたらいけないので、ぜひ会場で直接お聞きくださいね(^_^;)



次は、こんぴらさん、ACTことひら
「KENの会 写真展」 です
IMG_20160511_0001.jpg

会場のACTことひらは、こんぴらレトロ街道の入口にあります。
20160617_131437.jpg


講師の藤田健先生、梶田和幸先生と、52名の生徒さんによる54作品です。
(撮影OKいただきました。ありがとうございます。)
20160617_132057.jpg


当日当番の阿河さん、谷本さん、村井さんから、作品掲載のご了解をいただきましたのでお届けします♪

↓「花街の道」  撮影地:京都 上七軒  撮影者:阿河 洋一
20160601617000004150329221
(舞妓さん、仮装の日の姿、芸子さん すべて同じ女性です)

↓「光景」  撮影地:姫路城  撮影者:谷本 久資
20160601617000004140329221

↓「島の祭り」  撮影地:女木島  撮影者:村井 俊介
20160601617000004160329221


追記:◆7/27~8/7
「第2回フォトクラブ 写遊 写真展」善通寺市美術館でお会いした古河さまからも掲載OKいただきました(笑)
↓「ひいじいちゃんと」  撮影地:丸亀市田村町  撮影者:古河美弥子
20160617_133132.jpg


今回のレポは、観にいけない方のためにお願いして、できるだけ作品を掲載させていただきました。
楽しんでくださいましたか(^-^)v


◆6/1(水)~6/30(木)「稲毛清和写真展-瀬戸の夕景とインドネシア皆既日食」高松市:くつわDO
◆5/30(月)~6/25(土)「KENの会 写真展」 琴平町:ACTことひら

どちらも写真の楽しさを 再認識させてくれるような写真展でした。

ぜひ、ご覧くださいませ




「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
にほんブログ村
今日のバナーは「こんぴらレトロ街道」
右の標識には「旧高松街道」とあります???
↓調べました
「別名は琴平街道、高松金毘羅街道など。高松城から讃岐国の各地を結んでいた高松藩の讃岐五街道の一つでもある。起点は高松城(玉藻城)外堀にかけられていた常盤橋(現在の高松三越の付近)。」

知らないことが沢山あります。
そのことに気付けたのもブログを綴っているからかもしれません(^^♪


【閉店までのカウントダウン 10日】

拍手コメントありがとうございます

「第6回 写団 瀬戸 写真展」のご案内


お客様からのご案内です 

IMG_20160611_0002.jpg
(当ブログでは個人情報保護のため、ご案内ハガキに記載の連絡先をWebでは非公開とさせていただいています。)


写真愛好団体「写団 瀬戸」6回目の写真展です。
写真家さんのお住まいも管理人が知る限りでは、岡山、愛媛、広島、香川と瀬戸内海でつながっています(^^)/

昨年のテーマは「道」でしたが、
今年は各自それぞれぞれのテーマで、3作品です。

↓2015年の「第5回 写団 瀬戸 写真展 -テーマ:道-」から(掲載ブログは➡こちら
20150709_134516.jpg


クオリティの高い作品ばかりでした。
今年は、どんなテーマを選ばれたのかも楽しみですね!

ぜひ、「瓦町フラッグ8F IKODEギャラリー」に足をお運びくださいませ


↓会場の瓦町フラッグ





「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナも6/14大窪寺前、八十八庵さんの「あじさい園」から(3)

↓山道を200mくらいはいると、八十八庵さんでもらった入園券入れがあります。3人目でした(^^)/
20160601613000004050329221
八十八庵のスタッフの方は感じがよくて、入園券(無料)をくださる時もニコニコ♪
お大師様の近くて暮らすと、みんなそうなるのかなぁ~

(つづく)

【閉店までのカウントダウン 11日】

日替わりランチ 「キャベツたっぷりロールカツ」


日替わりランチ  「キャベツたっぷりロールカツ」

16-06-15-16-06-41-732_deco.jpg

 ドリンク付き900円


月曜・火曜は和食メニュー。
和食はちょっと苦手な方のために、水・木・土・日曜は洋食メニューとなっています。
タイムランチは、なくなり次第終了となりますので、ご予約いただくと幸いです


御来店賜りますよう心からお待ち申し上げます。




今日(6/15)も店内は別れを惜しむ方が来られていました。
昨日は、白鳥の野外造形展「Art Summit On the 御山 2nd」➡こちらの帰りに
井本先生が!
ブログに絵を描いてくださっています(➡こちら)からごらんください
ありがとうございましたm(__)m



「お店とブログ」への応援ポチッと よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございました
今日のバナーは6/14大窪寺前、八十八庵さんの「あじさい園」から(2)

入園すると、細い道が続きます
ひとりで来たので、ちょっと不安(◎_◎;)
20160601613000004020329221
先行くこの方の肩には「ニコンD800」
友人と同じカメラなので、一気にお話が弾みました~
初対面の3人で声掛けしながら撮影!
不思議ですね、カメラが共通語になりました(^^)/

(つづく)

【閉店までのカウントダウン 12日】

拍手コメントありがとうございます
15時の非公開コメさんへ:「ニコンD800」いいですよね!でも重いからと、よく持っているのはキムタク宣伝のカメラです(笑) 紫陽花は雨が絶対いいですよね!ブログアップ楽しみにしていますね(^^)/ 
21時の非公開コメさんへ:ありがとうございます(^^)/ 白鳥 野外造形展も面白かったですね♪

DMでたどる、「茶坊たがわ写真展」7年間の軌跡



↓今月の、オーナーのカウンターコーナーです
20160601613000003790329221


2009年7月から2016年6月までの7年間
《茶坊たがわ写真展の軌跡》をご案内ハガキで辿っています♪
出展者してくださったフォトグラファーさんは延べ人数368名!!!
本当にありがとうございましたm(__)m


20160601613000003800329221

2009年7月~
kiseki 1

2010年8月~
kiseki 2

2011年10月~
kiseki 3

2013年1月~
kiseki 4

2014年3月~
kiseki 5

2015年5月~
kiseki 61


大きなDMは、2012年6月からのブログでごらんくださいませ。
生まれてはじめて投稿した記事からです(1日のアクセス5人ww)。
↓のカテゴリのバナーをクリック




懐かしい、ご案内ハガキの特集コーナー
オーナーとスタッフが約2時間かかってつくった渾身の作です(^^)/
ぜひ直に ご高覧賜りますよう ご案内申し上げます





「お店とブログ」への応援クリックもよろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高松情報へ
ありがとうございます
今日のバナーは6/14大窪寺前、八十八庵さんの「あじさい園」です
八十八庵さんで入園券(無料)をいただいて入ります
↓入口
20160601613000004000329221

(つづく)

はじめての連載バナーに挑戦してみました(^^)/

【閉店までのカウントダウン 13日】

拍手コメントありがとうございます
お店は2016年6月28日に閉店いたしました ご愛顧ありがとうございました

住所:高松市牟礼町
カテゴリ
今日の「日出・日入・月齢」
高松市高松町のライブカメラ
最新記事
リンク  
月別アーカイブ(2012年6月から)
検索フォーム
記事画像(クリックで記事が開きます)
管理人のプロフィール

Author:UP
オーナーの妹で写真初心者です。さぬき市多和でNPOの仕事もしています。
写真は、お料理を撮るためにはじめました。